アルトコインプロジェクト情報(日本語要約)

08/18 火曜日
10:34

Poly Networkの発表

3つの主要なグローバルブロックチェーンプロジェクトであるOntology、Neo、Switcheoは、異種の相互運用プロトコルアライアンスであるPoly Networkの立ち上げを発表。Poly Network は、クロスプラットフォームでの相互運用性を可能にし、透明性とアクセシビリティを大幅に向上。また、多様なシステムを利用している企業は、Poly Networkに接続し、オープンで透明性の高い入場メカニズムを介して相互に協力したり、交流したりすることが可能となった。
[出典元]
10:20

Nick Pelecanos氏とのNEM Show

NGLの取引責任者であるNick Pelecanos氏とNEM Showを行った。#XEM、#XYM、そして今後の#Symbolの立ち上げについて、それがエコシステムにとって何を意味するのかを動画にて発表。
[出典元]
08/17 月曜日
16:16

第2弾:スマートコントラクトとサイドチェーンによる段階的な分散化

本特集シリーズの第1弾で紹介したTHEMISプロトコルの完全版を紹介。THEMISは、サイドチェーンとスマートコントラクトを活用し、アドネットワークの中央機関を排除したプライバシー保護を徹底した広告プラットフォームである。また、BraveはTHEMISを実行するために必要なライアント側とスマートコントラクトのコアなプロセスを実装し公開。これを用いて、クライアントのリソース消費とエンドツーエンドのスケーラビリティを測定し、THEMISは本番においても、現在のBrave Adsの負荷に耐えられると結論付けた。
[出典元]
08/15 土曜日
11:42

AIKONがORE IDとChainJSのアルゴランド統合を開始

2020年08月11日、AIKONとアルゴランド財団は、AIKONのコアサービスであるORE IDと、AIKONのオープンソース開発者向けライブラリであるChainJSのAlgorandブロックチェーン統合を正式に開始したことを発表。ORE IDの統合により、既存のDappsは、他のブロックチェーンからアルゴランドに移行することで簡単にアップグレードすることができ、アルゴランドが提供するスケーラビリティ、高速なファイナリティ、セキュリティを享受することが可能となった。
[出典元]
11:28

野生生物保護のためのソリューションをサポート

野生生物の保護は包括的である必要があるという認識が高まり、コミュニティが自分たちの土地で野生生物の管理を選択するためには、コミュニティが積極的に関与し、直接または間接的に野生生物から社会的、経済的、文化的な利益を得る必要がある。そこで「野生生物と人々のための革新的なチャレンジ」の一環として、WWFのImpactioプラットフォームを利用した革新的な実験を行い、革新的なプロジェクトのポートフォリオをキュレーションした。
[出典元]
10:27

Symbolテストネット0.9.6.4リリースのお知らせ

2020年08月15日、Symbolテストネットブートストラップ(0.9.6.4-beta1)のリリースを発表。また、Symbolデスクトップウォレット(v0.12.1)もリリースされている。
[出典元]
6:24

グローバルなクレジットカード使用の保護

Symbolテックスタックは、幅広い業界の企業および商品の製造から販売プロセスのあらゆる部分に対応。したがって、販売時点の小売業者のセキュリティを大幅に強化することが可能。また、IoT(モノのインターネット)ソリューションと協調して作業することで、増大するクレジットカードスキミングの問題に直接対処。SymbolとIoTデバイスを組み合わせて、ガス/ガソリンポンプのセキュリティ保護、認証、監査を行い、世界中のガス/ガソリンスタンドとATMユーザーのカードスキミングの問題を解決。
[出典元]
08/14 金曜日
11:00

Antony Welfare氏の紹介

Antony Welfare氏がNEM Softwareに最高商業責任者として参加し、エンタープライズ向けのSymbolプラットフォームの開発と成長および次世代のハイブリッドエンタープライズブロックチェーンソリューションの開発を担当。また、Antony Welfare氏の今までの経歴と共に様々な経験および実績を紹介。
[出典元]
10:41

Devcon改善提案(DIP)に関するお知らせ

2020年08月14日、Devcon主催チームは来年のイベントに参加するための新しい方法を公開。Devcon Improvement Proposals (DIPs) は、エコシステム全体からのコミュニティの協力的な意見を参加させるための新しいツールであり、これはユーザーのアイデアを聞いてもらい、イベントに統合するためのプロセスを公式化することで、Devconの体験を向上させることを目的としている。
[出典元]
9:52

dAppインセンティブプランをアップグレード

先駆的なDeFi開発者がOntologyブロックチェーン上で構築することを奨励するため、Ontologyネットワーク上のDeFiエコシステムを後押しすることを目的に、Ontology dAppインセンティブプランを新たな「Renaissance 2.0」に更新し、3つの概要を公開。Ontology Foundationはこのプランに、2020年08月15日から10月15日まで3ヶ月間の試用期間を与えた。
[出典元]
9:52

イーサリアムのDIDスマート契約開発を完了

Ethereumネットワーク上でのオープンソースDIDスマートコントラクトの開発が完了し、プラットフォームの分散IDエコシステムの範囲を大幅に拡大したことを発表。これに伴い、さらに大きなチェーン相互運用性と高い技術力を誇っている。
[出典元]
6:36

Peersystテクノロジー

Peersystは、企業がブロックチェーンテクノロジーを活用するのに役立つ。企業や組織が情報を管理、記録、維持する方法を、スケーラブルで安全な方法でブロックチェーンソリューションを設計、開発、実装。また、データ管理における権限の付与と説明責任、組織間の透明性と協力は、成功を保証するための重要な概念であり、サービスと企業間の連携と透明性を調整することで、管理にかかる時間とコストを節約し、サービスの供給における競争力を促進する。
[出典元]