アルトコインプロジェクト情報(日本語要約)

07/09 木曜日
14:49

サンタンデールとの提携に伴い、国際決済の確実性と決済速度が向上へ

2020年07月09日、サンタンデールとリップルの提携に伴い、国際決済の確実性と決済速度の向上が実現。また、One Pay FXアプリのリリースによって、安価な取引手数料、決済速度およびすべての支払いの透明性が向上。結果、人々と企業の繁栄を支援するという目標を達成。
[出典元]
9:24

持続可能性を念頭においた効率的なコンセンサス

XRPは持続可能性を念頭において設計されており、トランザクションを管理するコンセンサスアルゴリズムは、エネルギー資源を軸としたマイニングが不要となっている。その結果、PoWを採用しているビットコインと比較して、エネルギー消費が57,000倍効率的である。
[出典元]
07/08 水曜日
15:48

Fangfang Chen氏がパネリストとして参加

2020年07月21日12時30分から07月21日13時、アルゴランド財団より、COOのFangfang Chen氏がパネリストとして参加することを発表。題材は、「デジタル資産の取引」および「制度化とDeFi」としている。
[出典元]
13:17

第2弾:Algorand Asia Acceleratorウェビナーシリーズ

2020年07月23日21時、第2弾となるAlgorand Asia Acceleratorウェビナーシリーズの開催を発表。Jing Chen氏とJason Weathersby氏は、開発者、創設者、スタートアップにとって重要となる質問に回答をしていく予定。
[出典元]
12:17

開発者を楽にするための複数のツールを提供

クラリティハッカソンのパート2が終了した。パート1ではスマートコントラクトに焦点を当てておりましたが、パート2では開発者を楽にするツールに焦点を当てており、様々な種類のツールが提供されました。提出されたツールは、Clarityデバッガからビットコイン価格オラクルなど多岐にわたる。
[出典元]
07/07 火曜日
15:33

My Algo Ltd.が開発賞を受賞

2020年07月07日、徹底的な審査と選定の結果、My Algo Ltd.が開発賞を受賞したことを発表。また、My Algoの創設者であり製品リーダーであるMichel Dahdah氏は、「私たちの目標は、直感的でカスタマイズ可能な方法で、複雑さの程度に関係なく、アルゴランドネットワークとのあらゆる形式のやり取りをサポートすること」と述べている。
[出典元]
13:40

ステーキングノードの開始条件が緩和へ

2020年07月07日、オントロジーはガバナンスモデルの変更により、オントロジーノードの実行がこれまでになく簡単となった。また、ステーキングの最小要件は500ONTから1ONTに引き下げられたことによって、多くのユーザーにステーキングの機会が広がった。
[出典元]
13:20

隔週レポート(2020年06月18 日 ‐ 2020年07月04日)

Algorandの隔週レポートでは、開発状況に関する報告、V2 SDKアセットとAtomic Transferの紹介、メインネットリリースからの振り返り、ロードマップ、Algorandブロックチェーン上でのUSDCの発行、パートナーシップについてまとめられている。
[出典元]
11:49

ノードサインアップに関するお知らせ

2020年07月07日、システムの新しい変更に伴い、オントロジーノードへのサインアップが容易になったことを発表。具体的なサインアップの方法については、スクリーンショットを確認しながらスムーズに設定が可能。
[出典元]
07/06 月曜日
8:11

オントロジー2.0に関するFAQ

オントロジー2.0に関するFAQでは、新たなトークンモデル、ノードに関するメリットや参加方法、SAGAマーケットプレイス等を含む、13件のFAQが公開。
[出典元]
07/03 金曜日
20:50

GLOBAL CRYPTO AWARDS、12月に開催決定

GLOBAL CRYPTO AWARDSは驚くべき業績をあげている暗号資産およびブロックチェーン企業、個人、グループに焦点を当て、彼らのソリューション拡大に注力しています。彼らのビジネスモデルは国際送金を通じてあらゆる人々の生活を変え、地球の裏側からでも繋がることのできる世界を構築し、地方政府の支援を得ることができない人々にも手を差し伸べています
[出典元]
07/02 木曜日
15:06

Li Jun氏のAMAに関する要約

OntologyのMainNet2周年を記念して、Ontologyの創始者であるLi Jun氏がOntology Englishテレグラムでライブ配信が行われた。同ライブ配信では、Ontology 2.0についての洞察の共有が行われ、最新情報が提供されている。
[出典元]