CoinPostで今最も読まれています

仮想通貨ビットコインFX:ローソク足の見方、始値のレジサポに重きを置く理由(寄稿:やがみ)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

BTCFX:ローソク足の見方、始値のレジサポに重きを置く理由
仮想通貨ビットコイン(BTC)におけるローソク足のレジサポやプライスアクションの捉え方について、チャート図や「ライントレード」と組み合わせて詳しく解説。

BTCFX、プライスアクションとローソク足考察

みなさん初めまして。やがみ(@Light_Yagami_a)と申します。

自身のトレードスタイルは「スキャルピング〜デイトレード」といった短期トレードが主軸なので、今回は、スキャルパー目線のプライスアクションの感じ取り方や私がローソク足をどういう風に見ているかを私のメイン手法である「ライントレード」と組み合わせて詳しく解説させていただきます。

順番に解説していきます。

ローソク足の「レジサポ」の位置を見極める

何も引いていないXBT/USD(ビットコイン/米ドル)の月足チャートです。これに水平抵抗を加えていきます。

今私が水平抵抗としてラインを引いた場所は、ローソク足のヒゲ先端・ヒゲと実体の間です。

レジサポ(レジスタンスライン:上値抵抗線、サポートライン:下値支持線)がどこにあるかわからない方は、とりあえずこの部分に水平抵抗ラインを引くことをオススメします。

上位足〜下位足まで異なる時間軸のチャートから市況を判断する「MTF(マルチタイムフレーム)分析」をする際、大きな時間足から考えていくことは必須です。当然ですが大きな時間足の抵抗ほど短い時間足でブレイクするのは困難になります。

これだけだとよくわからないと思うので、次に4時間足でどれだけ機能しているか見ていきましょう。

どうでしょうか?

複数回レジサポ転換が行われている場所にラインが収まってます。これが月足ベースのレジサポです。 あとは時間軸に応じてラインを増やしたり減らしたりします。今回はデイトレードくらいの時間軸に減らしますね。

青が日足ベースで追加した抵抗帯、赤が先ほどと同じ抵抗帯です。ローソク足の性質上、これを1時間足や30分足で行うだけでも抵抗帯が見えてきます。

私の場合、目視で見ているので短い足での水平抵抗は引きませんが、こういう風にすると抵抗が簡単に見つかるくらいに考えておいてください。よくよく考えてみれば当たり前のことだと分かると思います。

始値の「レジサポ」に重きを置く理由

私は、始値のレジサポも注視しています。

先ほどはレジサポの位置の説明をしましたが、経験上、ローソク足単体で見たときに「始値」が最も硬いレジサポになります。当然ですが、長いローソク足ほど硬い抵抗になります。

特に私の場合、「前回4h〜月足の始値」に重きを置いています。例えば、陰線で始まった月足を陽線で閉じる場合は始値の抵抗があるので始値から遠ければ遠いほど難しくなり、時間が経てば経つほど難しくなります。

逆にそれを陽転させるのであれば、かなり強いトレンドが下位足で発生しているということになるので、追えばいいだけです。

水平を始値としたときに番号1のようなチャートから始値を越え、2のようなチャートにするのは困難です。なのでそこを背にポジションを取ったりします。抜けたら切ればいいだけなので。

これを軸にプライスアクションを考えていく

ここから実際に私がローソク足をどう見ているかを伝えますが、大切なのは「全体の形状とブレイクする刹那の足の作り方」だということを先に頭の片隅に入れておいてください。

私は、主に前回ローソク足の実体とひげの間を新しく作り始めたローソク足が埋めるかどうかを見ています。

これは記憶に新しい直近の1000ドル(約11万円)幅の上昇の初動です。綺麗に高値を切り下げトレンドラインを形成していたものの、ラインブレイクと主に上に飛んでいきました。

わかりやすいように、直近だけ拡大した図がこちらです。

次にこの2枚を見てください。

1枚目は上がりそう、2枚目は一旦落ちそうに見えると思います。この動きを個人的にすごく重視しています。

特に前回ローソク足のひげと実体の間を新しいローソク足更新と同時に埋めていく動きを見てます。

総括

つまり、先ほどの話と絡めると、前回ローソク足のひげと実体をサポートに変えて、新しいローソク足をひげ方向に更新した打ち込みと同時にエントリーすることが多いです。

私の手法の軸は「ライントレードとローソク足」なので、ラインをブレイクできる距離にあるかつローソク足の更新タイミングを狙ってポジションを取るイメージです。

イメージが付くかどうかは分かりませんが、私のローソク足の見方をざっくりとまとめてみました。 読んでいただきありがとうございました。

寄稿者:やがみLight_Yagami_a

為替・仮想通貨合わせてトレード歴6年。 現在のメイン時間軸はスキャルピングで、BTCFXが主戦場。デイトレード〜スキャルピングを教えるトレードサロンTRADEWORKS運営陣。チャネル、ライン、プライスアクションから相場を読み解くことが得意。

CoinPostの関連記事

ビットコイン有名トレーダーが解説、板トレードやチャートを見る上で大切なこと|青ハチミツダルマ対談【前編】
仮想通貨ビットコインFXを主戦場に、アルトコインやCFD、為替で幅広く活躍する有名トレーダー「青ハチミツダルマ」氏にクリプトキツネが対談式インタビュー。青ダルマ氏のトレード手法から私生活に至るまで、幅広く伺った。
ビットコインFX有名トレーダー座談会|レバレッジ規制後の仮想通貨市場の変化と立ち回り
bitFlyer BTCFXのレバレッジ4倍規制後にどのような変化があったのか。今後の仮想通貨展望や2019,2020年末価格について、有名トレーダーの700ニキ、青ハチミツダルマ、MOONトレーダーの三氏に見解を伺った。
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
02/24 土曜日
17:10
米国債担保型トークンがアプトスで流通 オンボーディングも視野 
米国債のトークン化を進めるOndo FinanceとAptos Foundationが戦略的提携を発表。USDYトークンのAptos統合、DeFiプロトコルが採用を進めておりエコシステムがさらに拡大。暗号資産(仮想通貨)のロックアップ総額も上昇傾向にある。
14:00
SuiブロックチェーンがStardustと提携、Web3ゲーム開発促進へ
Web3ゲーム用ウォレットを手掛けるStardustが、Suiブロックチェーンの統合を発表。この提携により、Web3ゲームのエコシステムが強化され、新たなゲーム体験が提供される。暗号資産(仮想通貨)スイは時価総額トップ50にランクインした。
13:00
米トランプ前大統領、ビットコインに前向きな姿勢に変化か
米ドナルド・トランプ前大統領は「仮想通貨ビットコインとは共存できる」と発言。懐疑的だった以前よりもビットコインに前向きな姿勢を示した。
12:00
グレースケール、プライバシーテーマのインデックスETFを申請
グレースケール「匿名銘柄のインデックスETF」はデータ・プライバシー技術を開発する企業およびZcashに投資する。ビットコインETF以外の製品を増やす狙いだ。
11:00
米登録の投資アドバイザーCarson Group、iSharesなどのビットコインETFを顧客に提供
ブラックロックのIBITでの仮想通貨ビットコイン保有数は126,950 BTCで、45.3万 BTCを保有するGBTCにつぐポジションを維持。一方、グレースケールのGBTCを除けば現在時価総額が最も高いのはブラックロックのIBITで、66億ドルに相当する。
10:00
Matrixport、3月までにビットコイン6.3万ドルも視野
Matrixportは2024年3月までにビットコインが6万3,000ドルに達する可能性があると強気予測。現物ETF承認や利下げなど複数要因を背景に挙げた。
09:00
加速する仮想通貨リステーキング、a16zがEigenに150億円投資
仮想通貨ETHやSOLのリステーキング「ストーリー」は今年の代表的なテーマの1つであり、投資家の注目と資金を集めている。
07:45
アバランチ、約2時間ブロック確定停止
仮想通貨アバランチのブロックチェーンで、ブロックの確定に問題が発生。ノードのソフトウェアのアップグレードを実施し、約6時間後に解決したことが報告された。
07:15
Flare Network、初期投資家のトークンアンロックを延長 FLR価格20%以上上昇
今回新たに出資したFlareの既存投資家はFLRトークンのロックアップ期間を2026の1Qまで延長し、30日の日平均出来高の0.5%を超えないトークンの売却に同意した。
06:30
UniswapのUNIに利益分配を提案、トークン価格が50%急騰
今まで仮想通貨UNIトークンの保有者には、Uniswapの手数料が分配されない仕組みとなっているが、これが変わる可能性が出てきた。
05:45
bitFlyer、仮想通貨3銘柄新規上場へ
国内暗号資産取引所bitFlyerは3銘柄の新規取り扱いを開始する予定だ。今週2度目の銘柄リスティング発表となる。
02/23 金曜日
16:00
Valkyrie「イーサリアム現物ETFの承認には1〜2年はかかる」
米仮想通貨投資企業Valkyrieの最高投資責任者は、イーサリアム現物ETFは今後1、2年以内に承認される可能性があると意見した。
16:00
Web3とは|次世代を担う非中央集権的インターネット環境のメリットを解説
世界中で技術革新の進むインターネット環境は、今まさに新たな時代へと移り変わろうとしています。Web3(ウェブスリー)という言葉の意味やメリットについて詳しく解説します。
13:05
JPモルガンアナリスト「仮想通貨相場の力強い上昇は、個人投資家の関心の高まりが寄与」
JPモルガンはリテール投資家が、ビットコインなど2月の仮想通貨市場の上昇に寄与した可能性が高いと述べた。背景として3つの要因を挙げている。
02/22 木曜日
16:00
スターテイル・ラボ、サムスンとシンガポール大手銀行UOBから資金調達
日本発のWeb3プロダクト、暗号資産(仮想通貨)ASTRのエコシステムAstar Networkを率いるスターテイル・ラボが、サムスンとUOBからのシード追加ラウンドで5億円を調達。渡辺創太CEOはプロダクト開発を加速の意向示す。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2024/02/29 12:00 ~ 19:00
その他 オンライン
2024/03/01 19:00 ~ 21:30
東京 東京都千代田区
重要指標
一覧
新着指標
一覧