仮想通貨ビットコイン市場でも使える、覚えるべきチャートパターン3選|逆三尊、二番底、三角保ち合い

仮想通貨市場で使えるローソク足分析

仮想通貨のマーケットではテクニカル分析を利用してトレードする投資家が多いマーケットです。そのため仮想通貨を投資の第一歩としてスタートしようとする方がいるとすれば、テクニカル分析から勉強する方も多いことでしょう。

ここではテクニカル分析の中でも重要なローソク足、チャートの形状について覚えておくべき点をいくつかピックアップして解説したいと思います。

ローソク足から見えてくるもの

最初に、「どうして投資家はローソク足を利用してチャート分析を行うのか、その分析によって何が見えてくるのか?」という重要な点を解説したいと思います。

ローソク足というのは投資家が設定した時間軸(分足、1時間足、日足等)の間の値動きを一つの箱のような形状で示しているもので、チャートではそのローソク足が連なって過去の値動きが表示されています。そのため、単純に「マーケットの値動きを表すためのツール」という理解をされている人が多いでしょう。

しかし、本質的に大事なことがこの説明には欠けています。 それは「マーケットの値動きを作り出す投資家心理が価格に反映されて動いた値動きを表したもの」ということです。

相場の分析は将来の価格を予想するものですが、その将来の価格を作り出すのはニュースではなくマーケット参加者のお金です。マーケット参加者は投資対象の価値の値動きを予想してトレードしていますが、常にトレードする時に考えるべきことは、その投資対象の本質的な価値を予想するのではなく、予想する人間の心理行動を考えてトレードすることです。

まずそのことをしっかりと頭に入れておきましょう。またローソク足の典型的なパターンは投資対象は違うとしても全てのチャート分析で利用できます。

覚えるべきチャートパターン3選

ヘッドアンドショルダー

最初にご紹介するのは「ヘッドアンドショルダー」です。これは相場の天井や大底の転換点で発生します。日本語では「三尊」とも呼ばれています。 下記のチャートは逆ヘッドアンドショルダー(逆三尊)というパターンの形状です。

下記の場合①、②、③の位置と緑の水平線がポイントになります。

逆三尊(画像拡大可)

まず下落相場から一度下落(①)して反発する兆しも見せるも、再度直近の安値を下抜けして下落(②)、その後再度反発するも上値が重く下落する動きを見せますが、①の同じラインでストップ(③)して反発する動きになります。

これを①、②、③の場面毎にショートポジションを保有していると考えて、どのような心理的な状況に陥るのかを考えてみてください。

①の場合の時にある程度評価益が出ているとして、一旦反発されるも、トレンドは下落トレンドのためまだ利益確定するのは時期尚早だろうと判断する投資家も多いでしょう。

次に②で安値を下抜けするも再度大幅反発され、下落圧力弱まったから不安になってくるような動きとなります。

最後③の場面で下落し始め、安心したのもつかの間、綺麗に①のラインでストップして反発します。緑の水平線のラインが反発後の高値のため、この水準を超えると一旦利益確定するという判断になりやすいのは理解しやすいでしょう。

この逆パターンがヘッドアンドショルダーで相場の天井付近に出やすいものです。考え方は上記と同様です。このように、心理的背景がこのような典型的なパターンを作り出していることを常に意識してください。

二番天井二番底

次にご紹介するのは「二番天井・二番底」です。これもトレンドの転換点でこのようなパターンを形成します。 チャートの形状は下記の画像の通りです。

二番底(画像拡大可)

上記のチャートは二番底の典型的なパターンです。このように一度下落がストップするも(①)再度下値トライの動きになります。(②)しかし最初の安値をブレイクできず反発することでトレンドが転換する動きとなります。

特に反発後の戻り高値を上にブレイク(ブレイクポイントの位置)すると、そこから下落はしづらくなります。このパターンの反対の形状が天井で示す二番天井のパターンです。考え方は上述と同様になります。

この時のトレーダーの心理的な動きを考えてみましょう。先ほどと同様にBTCJPYのショートポジションを保有しているとします。

①の位置で下落がストップしますが、トレンドは下落トレンドのためまだ保有しておくという選択をする投資家が多いでしょう。しかしここで注意すべきはこの①の前にすでに一度同じラインまで下落しているタイミングがあります。つまり下落している時にこの位置をみながら、投資家は利益確定の位置を考えていたということが①の段階で把握できる動きです。

しかしその後再度②の動きになっていますが、①の安値、そしてその前で同じラインで止まっていることを見ると少し不安な気持ちを持ちながらポジションを保有していると想像できるでしょう。

そしてやはりそこから再度反発して上昇方向に動いています。「ブレイクポイント(反発後の戻り高値)」でトレンドは転換したと判断するしかなくなったことからショートポジションの買い戻しも含めてフローが発生し相場が大きく上昇しています。

この動きには「ショートポジションの買い戻し+トレンド転換と判断したロングポジションの新規フロー」の2つが重なりこの大幅な上昇を作り出したということです。

三角保ち合い

三角保ち合いはトレンドが発生する前に現れるチャートパターンです。

相場ある程度動きトレンドレスな展開となると、次はどちらに動くか迷っている時間帯があります。当然その間に取引はされており、上昇すると下落すると考えた投資家がショートポジションを構築し、下落すると上昇すると考える投資家がロングポジションを作りながら、どちらにも動かず徐々に値幅が収斂していきます。

下記がその三角保ち合いのチャートパターンです。

三角保ち合い(画像拡大可)

上記のチャートでポイントとなるのは、ブレイクポイントで超えてくるとその方向にトレンドが発生するということです。なぜこのようなパターンになるのかという理由はブレイクポイントでポジション整理のフローが入っているからです。

上記のチャートの場合下落トレンドの中でこの三角保ち合いが発生しており、ショートポジションを保有している投資家が全体的に割合が多かったと考えるのが自然です。

その中で三角保ち合いの間にショートポジションを新たに構築している投資家が増加しています。当然ロングポジションの投資家も増加していますが、今回は上方向にブレイクしたため三角保ち合いでショートポジションを保有していた買い戻しのフローや、この三角保ち合いが発生する前からショートポジションを保有していた投資家のポジション整理の買い戻しフローが重なったことで、トレンドが上方向に出たと言えるでしょう。

ローソク足が作り上げるチャートパターンは人間の心理を表しているもの

今回はローソク足から発生するチャートパターンの必ず覚えるべき代表的なものを3つご紹介しました。この他にも様々なチャートパターンがあり、そのパターンが発生する理由が投資家の心理的な背景に隠されています。

大事なことは単純にパターンだけ覚えるものではなく、そのパターンになぜなるのかという理由や投資家がポジション保有中に感じ不安心理、感情を理解することを徹底するようにしましょう。

連載の第1回『仮想通貨ビットコインチャートの見方とラインの引き方(基本編)』は、下記の関連記事から確認できるので是非どうぞ。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します