CoinPostで今最も読まれています

CoinPost、仮想通貨の経済指標搭載アプリをリリース

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

仮想通貨の「経済指標」搭載アプリをリリース

日本国内最大級の仮想通貨メディア「CoinPost」を運営する株式会社CoinPostは、仮想通貨の価格チャート、ニュース、独自のクリプト指標を1つのアプリに統合した、公式アプリ「CoinPost」をリリースしました。

App store :ダウンロード

アンドロイド :ダウンロード

アプリの特徴

アプリ版「CoinPost」には、以下のような特徴があります。これらの機能により、適切な判断を投資家が状況に応じて下せるようにサポートします。

1. 最新の仮想通貨関連のニュースを閲覧

国内最大級の仮想通貨メディア「CoinPost」が配信する国内外の仮想通貨・ブロックチェーン関連ニュースをお届けします。編集部が選んだ重要ニュース / 自分で選んだ通貨のニュースなど、カテゴリを選択して読むことができます。

2. 迅速な投資判断に役立つ「プッシュ通知」

CoinPost編集部が厳選した仮想通貨の「重要ニュース」を、スマートフォンにプッシュ通知でお知らせ。

学生、社会人、主婦など、相場に張り付くことが難しい兼業投資家の方であっても、最新の重要ニュースをいち早く受け取ることができ、投資機会を逃がしません。

3. 仮想通貨チャート

ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、リップル(XRP)などの主要仮想通貨のみならず、そこまで著名ではない仮想通貨のうち、1,000以上の銘柄にも対応。「MyCoin機能」でユーザーが選んだ通貨の価格動向を、いつでも、どこにいてもチェックできます。

4. 新たな仮想通貨指標

金融業界では、日経平均株価や米雇用統計などの経済指標により、刻々と変化する市場の状態を把握できます。

仮想通貨メディアCoinPostでは、ビットコインの半減期情報や主要アルトコインの大型アップデートなど今後予定される「重要ファンダ」情報のほか、「経済指標」の仮想通貨版(クリプト指標)を独自集計データより作成。

仮想通貨取引所の口座数や仮想通貨・ブロックチェーン関連の求人数、ニュースへの関心度などを指数化し、これまでにない角度から新しい投資判断情報を提供します。

MyCoin機能

アプリ上で好みの仮想通貨銘柄を選ぶと、チャートやニュースが自動でソートされる機能です。この機能により、必要な情報を最短で取得することができます。

「クリプト指標」導入の目的

株式市場や為替市場で意識されている経済指標のクリプト版を作り、仮想通貨価格に影響を与えるような「重要ファンダ情報」を本アプリに一元化、一般大衆向けに発信・普及させることで、日本人トレーダーの有用性を高めるとともに、仮想通貨市場の流動性向上に少しでも寄与できればと考えております。

(第2弾では、インデックス系指標も導入予定)

こんな方におすすめ

  • 仮想通貨やブロックチェーンに興味がある
  • 仮想通貨やブロックチェーンの「重要ニュース」をすぐに知りたい
  • スマートフォンで手軽に最新情報をキャッチしたい
  • 仮想通貨の投資を始めようと考えている
  • 学生、社会人、主婦など、時間の限られている兼業投資家
  • 海外の仮想通貨情報まで幅広く取得したい専業投資家

関係者コメント

CoinPostアプリの開発に携わった関係者のコメントをご紹介します。

たすく(@bF_TASK

CoinPostアプリ開発を担当。仮想通貨用、為替用のiOSトレード支援アプリ「TASKAL_MONITOR」の開発者

「クリプト指標を見れば動きそうな未来も、動いた理由もそこにある。そういった指標に育ってほしい。素案しか出してないのに、ここまで育ててくれたみなさんに感謝。そしてこれからに期待。」

えーす(@joetheace107

仮想通貨トレーダー向けツール、DECOBOARD、DECOCHARTの開発者。クリプト指標の企画提案と運用システムの開発を担当

「クリプト指標が、仮想通貨トレーダーにとって必須となるのはもちろんのこと、今後他メディアや取引所の参画を得て、より強力なツールとして成長してほしいです。」

仮想NISHI(@Nishi8maru

「新しいお金、新しい世界。」を掲げる仮想通貨取引所TAOTAOのクリプトアナリスト。クリプト指標の選定及び計算式、表示形式を担当。

「投資家のみならず、仮想通貨に関わるすべての方々が便利にお使い頂けるように、カレンダー形式でクリプト指標の一元化を行いました。国内最大手の仮想通貨メディアだからこそ提供できる独自指標もございますので、ぜひご活用いただければ幸いです。」

CoinPost各務(@coinpost_kagami

CoinPost取締役COO 兼 編集長。2017年7月より仮想通貨・ブロックチェーン専門メディアCoinPostを立ち上げる

「業界が必要とするコンテンツの継続的な強化を図り、健全な市場形成に情報面からも携われたらと考えております。また、アプリローンチを機に、投資判断に利用できるクリプト指標だけでなく、公式プロジェクトと連携したアルトコインの事業強化も行う予定です。」

お問い合わせ先

info@coinpost.jp

CoinPostアプリ、及びクリプト指標の導入、または情報連携をご希望の方は、上記窓口までお問い合わせ下さい。

App store :ダウンロード

アンドロイド :ダウンロード

注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
03/02 土曜日
12:45
イーロンがOpenAIを提訴 ワールドコイン急落
イーロン・マスク氏は、OpenAIとサム・アルトマンCEOに対して訴訟を起こした。「人類の利益のためのAI」という契約に反すると主張している。
10:30
「利下げ延期でビットコイン価格上昇抑制も」グレースケール分析
仮想通貨投資家は特に3月12日のCPI報告と3月14日のPPI報告、次回3月20日のFOMC会合で発表される最新の政策金利ガイダンスに注意しておく必要がある。
08:30
米株指数・日経平均高値更新、ビットコインは62000ドル台を維持
今週の米ナスダックや日本の日経平均が史上最高値を更新。AI・半導体ブームが相場を大きく牽引。日本市場では日経平均が金曜日の取引日で最高値を再び更新し節目の4万円にあと90円まで迫ってきた。
06:45
「Optimism」、デルタ・アップグレードで手数料をさらに削減へ
ブロックチェーンの間接的な固定コストを最大90%超削減できると期待されるアップグレード「Delta」について、仮想通貨イーサリアムのL2「Optimism」の開発チームが解説した。
06:00
16万BTC運用のブラックロックのビットコイン現物ETF、ブラジルで取引開始
ビットコインETFへの機関投資家の資金流入を背景にビットコインは今週一時64,000ドルまで高騰し2021年のATHである69,000へと接近しつつある。
03/01 金曜日
17:00
ソラナで進化するDePIN、2024年注目のプロジェクトを深掘り
2024年、Solana(ソラナ)主導のDePIN展開とその注目プロジェクトを深堀り。この記事では、分散型物理インフラネットワーク(DePIN)の基礎から、ソラナベースの画期的プロジェクトまで詳しく解説します。DePINの未来を形作る主要な動向とイノベーションに焦点を当て、この技術革新が開く新しい機会を紹介します。
16:50
米国政府関連ウォレット、1380億円相当の15,000BTCを送金
仮想通貨ビットコインの高騰が続く中、米国政府に関連するウォレットから、1,380億円相当のビットコインが送金されたことが明らかになった。米国政府はこれまでの仮想通貨犯罪捜査で押収した大量のビットコインを保有している。
12:17
米マイニング企業マラソンデジタル、2023年は過去最高益に
米ナスダック上場のビットコインマイニング企業マラソンは2023年に過去最高の収益を上げたと報告した。半減期を事業拡大のチャンスと捉えている。
12:13
ビットコインETFの純流入は過去最高の6.7億ドル、ミームコインの循環物色も
暗号資産(仮想通貨)市場では先月28日、ビットコインETFへの純流入が過去最高を記録した。アルト相場ではソラナ(SOL)基盤のbonkやドージコイン(DOGE)などミームコインの循環物色も進んでいる。
11:30
イーサリアムL2「Blast」、メインネットローンチで数十億ドル出金可能に
Blastはメインネットまで入金された資金がこれまで出金できず、メインネット後は14日かかる。通常のL2より資産がロックされる期間が長いと指摘されている。
10:50
米ロビンフッド、ソラナミームコイン「WIF」新規取り扱い
米Robinhoodは新たにソラナのミーム仮想通貨「Dogwifhat(WIF)」の新規取扱を実施した。ビットコインの上昇に伴いミームコインの時価総額は大幅に増加している。
10:20
「ビットコインに短期的な上昇スパイラルの可能性」ブルームバーグアナリストが指摘
ブルームバーグのアナリストは現物ETFの影響により短期的に仮想通貨ビットコインの上昇スパイラルが起こる可能性があると述べた。
08:15
ビットコイン現物ETFに追い風、Wells Fargoとメリルが提供開始
米メガバンクのWells Fargoおよびバンカメのメリルは資産運用のクライアントに、仮想通貨ビットコインETFへのアクセスを提供開始。28日に10銘柄全体で76億ドルの合計出来高を記録し、取引初日に記録した45億ドルを塗り替えた。
07:45
JPモルガン「BTCは半減期後に4万2000ドルまで下がりうる」
仮想通貨ビットコインは半減期後に4万2000ドルまで下がる可能性があるとJPモルガンのアナリストが分析。分析の根拠やマイニング業界の展望について説明している。
07:00
エイベックス松浦会長、ビットコイン100ヶ月積立の評価額が9億円超に
エイベックスの松浦勝人CEOがXの投稿で、自身のビットコイン資産額を明かし、積立投資の重要性を説いた。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア