CoinPostで今最も読まれています

CoinPost、仮想通貨の経済指標搭載アプリをリリース

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

仮想通貨の「経済指標」搭載アプリをリリース

日本国内最大級の仮想通貨メディア「CoinPost」を運営する株式会社CoinPostは、仮想通貨の価格チャート、ニュース、独自のクリプト指標を1つのアプリに統合した、公式アプリ「CoinPost」をリリースしました。

App store :ダウンロード

アンドロイド :ダウンロード

アプリの特徴

アプリ版「CoinPost」には、以下のような特徴があります。これらの機能により、適切な判断を投資家が状況に応じて下せるようにサポートします。

1. 最新の仮想通貨関連のニュースを閲覧

国内最大級の仮想通貨メディア「CoinPost」が配信する国内外の仮想通貨・ブロックチェーン関連ニュースをお届けします。編集部が選んだ重要ニュース / 自分で選んだ通貨のニュースなど、カテゴリを選択して読むことができます。

2. 迅速な投資判断に役立つ「プッシュ通知」

CoinPost編集部が厳選した仮想通貨の「重要ニュース」を、スマートフォンにプッシュ通知でお知らせ。

学生、社会人、主婦など、相場に張り付くことが難しい兼業投資家の方であっても、最新の重要ニュースをいち早く受け取ることができ、投資機会を逃がしません。

3. 仮想通貨チャート

ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、リップル(XRP)などの主要仮想通貨のみならず、そこまで著名ではない仮想通貨のうち、1,000以上の銘柄にも対応。「MyCoin機能」でユーザーが選んだ通貨の価格動向を、いつでも、どこにいてもチェックできます。

4. 新たな仮想通貨指標

金融業界では、日経平均株価や米雇用統計などの経済指標により、刻々と変化する市場の状態を把握できます。

仮想通貨メディアCoinPostでは、ビットコインの半減期情報や主要アルトコインの大型アップデートなど今後予定される「重要ファンダ」情報のほか、「経済指標」の仮想通貨版(クリプト指標)を独自集計データより作成。

仮想通貨取引所の口座数や仮想通貨・ブロックチェーン関連の求人数、ニュースへの関心度などを指数化し、これまでにない角度から新しい投資判断情報を提供します。

MyCoin機能

アプリ上で好みの仮想通貨銘柄を選ぶと、チャートやニュースが自動でソートされる機能です。この機能により、必要な情報を最短で取得することができます。

「クリプト指標」導入の目的

株式市場や為替市場で意識されている経済指標のクリプト版を作り、仮想通貨価格に影響を与えるような「重要ファンダ情報」を本アプリに一元化、一般大衆向けに発信・普及させることで、日本人トレーダーの有用性を高めるとともに、仮想通貨市場の流動性向上に少しでも寄与できればと考えております。

(第2弾では、インデックス系指標も導入予定)

こんな方におすすめ

  • 仮想通貨やブロックチェーンに興味がある
  • 仮想通貨やブロックチェーンの「重要ニュース」をすぐに知りたい
  • スマートフォンで手軽に最新情報をキャッチしたい
  • 仮想通貨の投資を始めようと考えている
  • 学生、社会人、主婦など、時間の限られている兼業投資家
  • 海外の仮想通貨情報まで幅広く取得したい専業投資家

関係者コメント

CoinPostアプリの開発に携わった関係者のコメントをご紹介します。

たすく(@bF_TASK

CoinPostアプリ開発を担当。仮想通貨用、為替用のiOSトレード支援アプリ「TASKAL_MONITOR」の開発者

「クリプト指標を見れば動きそうな未来も、動いた理由もそこにある。そういった指標に育ってほしい。素案しか出してないのに、ここまで育ててくれたみなさんに感謝。そしてこれからに期待。」

えーす(@joetheace107

仮想通貨トレーダー向けツール、DECOBOARD、DECOCHARTの開発者。クリプト指標の企画提案と運用システムの開発を担当

「クリプト指標が、仮想通貨トレーダーにとって必須となるのはもちろんのこと、今後他メディアや取引所の参画を得て、より強力なツールとして成長してほしいです。」

仮想NISHI(@Nishi8maru

「新しいお金、新しい世界。」を掲げる仮想通貨取引所TAOTAOのクリプトアナリスト。クリプト指標の選定及び計算式、表示形式を担当。

「投資家のみならず、仮想通貨に関わるすべての方々が便利にお使い頂けるように、カレンダー形式でクリプト指標の一元化を行いました。国内最大手の仮想通貨メディアだからこそ提供できる独自指標もございますので、ぜひご活用いただければ幸いです。」

CoinPost各務(@coinpost_kagami

CoinPost取締役COO 兼 編集長。2017年7月より仮想通貨・ブロックチェーン専門メディアCoinPostを立ち上げる

「業界が必要とするコンテンツの継続的な強化を図り、健全な市場形成に情報面からも携われたらと考えております。また、アプリローンチを機に、投資判断に利用できるクリプト指標だけでなく、公式プロジェクトと連携したアルトコインの事業強化も行う予定です。」

お問い合わせ先

info@coinpost.jp

CoinPostアプリ、及びクリプト指標の導入、または情報連携をご希望の方は、上記窓口までお問い合わせ下さい。

App store :ダウンロード

アンドロイド :ダウンロード

『早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
06/15 土曜日
13:00
「CBDCの実証実験を行う先進国が増加」国際決済銀行レポート
国際決済銀行は中央銀行デジタル通貨についての調査結果を発表。特に先進国でCBDCの実証実験を行う国が増加していると指摘した。
11:30
エルサルバドル、ビットコイン投資家のための銀行設立を検討
この銀行は、ビットコイン投資家のためのもので、従来の銀行と比べて制限も少なくなる。承認されればビットコイン投資家が金融サービスを利用できるようになる。
10:10
バイナンス前CEOのCZ氏、BNB流通量の64%を所有=フォーブス
仮想通貨取引所バイナンスのCZ前CEOの資産総額がBNBトークンの価格上昇と共に増加。9.6兆円に達したと見積もられている。
08:50
ビットコインレイヤー2「Stacks」、9時間ほどブロック生成停止
仮想通貨ビットコインに属するレイヤー2ネットワーク「Stacks」は14日、ブロック生成が約9時間停止し、混乱に見舞われた。
08:30
金融庁、海外仮想通貨取引所LBankに警告
金融庁は6月14日、海外仮想通貨取引所「LBank Exchange」に対して、事務ガイドラインに基づき、無登録で仮想通貨取引を提供しているとして警告した。
07:55
BTC価格は25年末までに20万ドルへ=バーンスタイン
仮想通貨ビットコインの価格は25年末までに20万ドルまで上昇する可能性があると、バーンスタインのアナリストが予想を引き上げた。予想の根拠を説明している。
06:50
ビットコイン一時66000ドル割れ、280億円相当のロングがロスカット
仮想通貨ビットコインは15日、前日比1.3%安。14日深夜に66,000ドルを割り込み一時65,000ドルまで急落。その後反発し、66,000ドル台を回復した。
06:00
マイクロストラテジー、ビットコイン買い増しの資金調達額を引き上げ
より多くの仮想通貨ビットコインを購入するために、マイクロストラテジーは14日、転換社債売却の発行額を引き上げた。
05:45
DMMビットコイン、顧客補償用ビットコインを調達完了
暗号資産取引所DMMビットコインは顧客への保証のためのビットコインをすべて調達した。
06/14 金曜日
17:45
オーケーコイン・ジャパン、トンコイン(TON)の新規取扱い開始を発表
国内暗号資産(仮想通貨)取引所OKCoinJapan(オーケーコイン・ジャパン)にトンコイン(TON)が上場することが発表された。TONは大手メッセージアプリTelegramが始めた分散型ブロックチェーンであるThe Open Network(TON)のネイティブトークン。
17:26
チリーズ(CHZ)が17日にハードフォーク Tokenomics 2.0を導入へ
Chiliz ChainがDragon8ハードフォークを計画。EIP-1559の実装とTokenomics 2.0で暗号資産(仮想通貨)CHZのユーティリティを強化する。
15:37
トンコイン(TON)が過去最高値を更新 テレグラム・エコシステムでの成長が後押し
暗号資産(仮想通貨)トンコイン(TON)は14日に史上最高値を更新し、一時8.00ドルに達した。テレグラム・エコシステムにおける統合と新機能の導入がその背景にある。
13:10
韓国最大手アップビット、RWA銘柄ONDOを新規上場
仮想通貨ONDOは、ブラックロックとPIMCOが提供する米国債ETFに投資するRWAオンチェーンファンドOndo Financeのガバナンストークン。発表後一時16%急騰していた。
12:30
リップル社、罰金はテラフォームラボの事例と比べても過大と主張 対SEC裁判で
リップル社は米証券取引委員会との裁判で、再度SECの提案した罰金額は過大と申し立てた。テラフォームラボの件を参照している。
12:19
ビットコイン相場はCPI・FOMC通過で乱高下、売り買いのシグナル交錯へ
暗号資産(仮想通貨)市場では、CPIやFOMC結果を受けビットコイン(BTC)が乱高下するなど一時ボラティリティが急上昇した。大手マイナーの売りシグナルやCMEの先物ショートの行方にも関心が集まる。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア