CoinPostで今最も読まれています

プロが解説:ビットコイン現物と先物を利用して「安定して利回りを得る」運用手法

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

ビットコイン現物と先物を利用する

仮想通貨市場では現在、株や為替など他の投資商品と同様に様々な種類の商品が出てくるようになりました。

2017年の仮想通貨バブルまでは現物とレバレッジ取引やFX取引のみで、日本ではレバレッジ取引が全体の取引高の9割を占めるようなマーケットでした。取引参加者もほとんどが個人投資家でしたが、現在は機関投資家の割合が増加しつつ、商品の多様化が進むようになっています。

その多様化した商品の一つに「先物取引」が登場しました。ここではその先物取引を利用して安定して利回りを得る手法をご紹介したいと思います。

現物取引と先物取引の違い

まず、現物取引と先物取引の違いについて説明します。

現物取引は「今」の価格で売買を行い、すぐに実際の仮想通貨を受け渡しを行う取引を指しています。機関投資家のOTC取引では、決済はT+0(当日決済)やT+1(翌日決済)で行われています。

一方で、先物取引は名前の通り「先日付の価格を売買すること」です。つまり先日付で必ず決めた値段で買えるように予約注文することになります。 商品例として、2020年6月26日の先物価格や、2020年9月25日の先物価格が現在売買されています。

先物価格から予測できるのは、投資家が「将来」の時点で価格が上昇方向で予想しているのか、下落方向で予想しているのかということです。

先物取引は、価格を先日付でロック(確定)させたいマイニング業者や投資家がヘッジ手段として利用することが多いですが、実はこれを利用して確実に安定した利回りを得る方法があります。

その方法を次からご紹介していきます。

仮想通貨を利用した安定利回りを得る手法とは

では、ここから本題に入ります。この手法の対象となる投資家は「仮想通貨(ビットコイン)を現物で長期間保有する人(予定の人)」です。1ヶ月程度の短期で引き出す可能性のある投資家は利用できないためご注意ください。

取引所は、限月がある先物商品を取り扱っているところであればどこでも可能な取引手法です。またロジックもシンプルであるため、簡単に行うことができます。

上記の画像は、先物に対応した仮想通貨取引所のBTCの2020年9月25日の先物価格とスポット価格を表示しています。 青色のラインの8834ドルがスポット価格、ローソク足の8984.5ドルが9月25日の先物価格です。

例として、投資家が現在2BTCを保有しているとします。

このBTCは、完全に長期保有目的で保有していると仮定します。現在投資家が抱えているリスクは「BTCの価格変動リスク」ということは誰でも理解できるでしょう。

では1BTC=100万円として、100万円分から200万円分の仮想通貨を入金するようにします。そして9月25日の先物価格である8984.5ドルで2BTC分のショートポジションを構築します。

ここでのポイントは下記になります。


  1. BTCの価格変動リスクを先物ポジションでヘッジしているということ(BTCの価格上昇時のリターンを無くしたということ)
  2. (※スポット価格を先物価格でヘッジしているようになるため、フルヘッジできているわけではない)

  3. BTCは現物で保有しているため、キャリーコスト(FXでのポジション保有時にかかるスワップコスト)が掛からないということ
  4. 先物ポジション構築にはレバレッジを効かせることができるため、丸々現物と同等金額必要ないこと

(※上記のケースでは、安定運用のためレバレッジは2倍までを推奨します。先物で現物保有しているBTCの価格変動リスクを100倍ショートでヘッジすると、1.0%上にいっただけでヘッジが外れてしまうため、アービトラージができなくなってしまいます。また「ロスカット水準」も仮想通貨取引所や仮想通貨業者で異なるため、実際は1.0%よりも手前でロスカットが発動することになります)


この3つがポイントのため、理解するようにしましょう。

このポジションを構築することで瞬時に9月25日までのリターンが確定します。9月25日は8984.5ドルで売ることになるため、もしも現物を8834ドルで購入できていたら、その差額が確定する利益になります。

利回りは、下記のような計算になります。

(8984.5ドル-8834ドル)÷8834ドル×100=1.70%

つまり4ヶ月弱で1.70%の利回りが享受できるということです。これを年に換算すると約5.40%となるため、利回りとしては悪くない利回りと言えるでしょう。

このデメリットとしては、ポイントで記載したように「ビットコインの上昇によるリターンが享受出来ない」ということです。そのため、ビットコインを現物として決済用に利用したりする投資家がいれば、とても優れた手法と言えるでしょう。

マイニング業者は、この手法である程度価格変動リスクをヘッジしながら少しずつコストを回収しているはずであり、現物は常に一定量持っておかないといけないニーズがあるのであれば、色々な先物市場を見ながらこの手法を利用することで、年間5%超ブレークイーブンを低下させることが可能になります。

また先物価格は上記の利回りで常に確定しているわけではなく、投資家のポジションの傾きによって大きく変化します。そのため値動きの激しいところを上手く取っていき、より高いリターンを享受することも可能です。

先物価格の形成はどのようになっているのか

最後にリターンの源泉ともなる「先物価格の形成方法」について解説します。

伝統的なアセットクラスでの先物価格は「現物価格-保有期間の収入(配当金等)+金利等の調達コスト」という計算式となっています。(少し大まかに書いている部分もあるので、詳細な点を議論する余地があることはご理解ください。)

では、上記の式から仮想通貨の先物価格を考えた場合に「保有期間の収入」というものは存在しません。そして「調達コスト」は日々のfunding rateがそのコストに該当します。つまり、仮想通貨の先物価格は「現物価格」と「funding rate」の2点から成り立っていると言えるでしょう。

そしてfunding rateというのは何かということを考えた時に、相場の需給を表している数字というのは理解できると思います。ロングポジションに全体のポジションが偏っていればfunding rateはプラスとなり、ショートポジションに全体のポジションが偏っていればマイナスとなります。

そして、限月のある日付の価格(上記の場合9月25日)を金利から逆算して計算したものが、理論上の先物価格になっているということです。

あくまで理論価格のため、実際にマーケットで取引されている先物価格がこの理論価格と一致するわけではありません。しかし仮想通貨の場合、先物価格は「市場のポジションバランス(funding rate)から成り立っている」ということを知っておくだけでもいいと思います。

このように使い方によっては安定した利回りを得ることができる手法が仮想通貨には存在します。これは一例に過ぎず自分自身で疑問を持ち、調べていくことで新たな手法が見つかるようになります。仮想通貨というものを上手く利用することで資産運用を効率的に行いましょう。

コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
12/08 木曜日
10:20
欧州中銀理事、仮想通貨のリスクと規制方針を提示
欧州中央銀行のパネッタ理事は、ビットコインなど仮想通貨のリスクと規制方法についてスピーチを行った。仮想通貨がもたらす環境負荷などに対応する税制も提案した。
09:42
三井住友、SBTの実証実験を開始へ
三井住友フィナンシャルグループは、譲渡不可能なNFTであるSoulboundトークンを本人確認などの証明に活用する実験を開始。今後の計画が明らかになった。
08:05
バイナンスのビットコイン準備金は100%以上 監査報告
国際監査法人Mazarsはバイナンスの顧客ビットコイン資産が完全である結果を出した。
07:30
金融庁、ステーブルコインの規制を強化か
金融庁は、天谷金融国際審議官が行った仮想通貨に関する講演のプレゼン資料を公開。この資料によると、金融庁は今後アルゴリズム型ステーブルコインの規制を強化する可能性がある。
07:05
8日朝|コインベースの今年の売上は半減か
今日のニューヨークダウは小幅安。IT・ハイテク株の値動きはまちまちで、銀行株や航空株は下落。仮想通貨ではAI関連銘柄のFETが続伸した。
12/07 水曜日
17:48
Ledger、次世代ウォレット「Ledger Stax」公開
大手仮想通貨ウォレット企業Ledgerは、iPodやiPhoneの開発に携わったTony Fadell氏がデザインした最新モデルのハードウォレット「Ledger Stax」のリリースを発表。2023年3月に販売開始する。
16:09
ソラナウォレットPhantom「顧客データ取得していない」
仮想通貨)ソラナの主要なウォレットPhantomは、ユーザーデータに関連するプライバシーポリシーについて説明。ウォレットアドレスとIPアドレスなどを取得していないと表明した。
14:09
仮想通貨決済の「Slash」、ピッチイベントで最優勝賞
仮想通貨の決済サービスSlash Web3 Paymentsは、Arriba StudioとNewsPicksが共催した「ArribaX」のピッチイベントで、最優勝賞と特別賞を受賞したことを発表した。
13:30
RTFKT、実物スニーカーと引き換え可能なNFTドロップ実施
メタバース上のスニーカーNFTなどを制作する「RTFKT」は、デジタルと現実を融合する初のスマートスニーカー「Cryptokicks iRL」のリリースを発表。現物スニーカーと引き換え可能なNFTとして販売される。
12:43
ブロック社、アフリカのビットコイン採掘企業に出資
ジャック・ドーシーCEO率いるブロック社はアフリカのビットコイン・マイニング企業Gridlessのシードラウンドに出資した。マイニングやP2P取引、国際送金などの場面でアフリカでの仮想通貨利用は急速に普及しつつある。
12:26
FTXグループ、7400億円規模の投資先リスト公開
フィナンシャルタイムズが破綻した大手仮想通貨取引所FTXとアラメダリサーチの投資先リストを公開した。流動性の不十分な投資への出資額は合計は7400億円に上る。
12:05
パラグアイ議会、仮想通貨マイニング関連の法案を否決
パラグアイ共和国の下院議会は、ビットコインなど仮想通貨マイニングの税制と規制の枠組みを作るための法案を否決した。電力消費などが懸念されていた形だ。
11:55
ビットコイン採掘難度は大幅下落、ChatGPT流行でAI銘柄に思惑買い
FTX破綻で軟調な相場環境を受けビットコイン採掘難度調整は大幅下落。TwitterでChatGPTが高い関心を集めたことでAI(人工知能)銘柄が物色された。
10:50
フォビジャパン、Japan Open ChainのIEO実施へ
暗号資産取引所フォビジャパンは7日、IEOの実施計画を発表した。
10:30
英財務省、仮想通貨に対する追加規制を策定か
英国財務省は、仮想通貨の販売や広告などを管理する包括的な規制パッケージを策定しているところだ。金融サービス・市場法案の一部として構想しているとみられる。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2022/10/14 ~ 2022/12/31
東京 東京都渋谷区宇田川町
2022/12/09 19:00 ~ 21:00
その他 東京都中央区日本橋茅場町/オンライン
重要指標
一覧
新着指標
一覧