CoinPostで今最も読まれています

dappOS V2ベータ版が公開

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

本稿は企業が広報のために発信するプレスリリースです。CoinPostの執筆記事ではありません。

dappOSプロトコルの第2版が公開された!dappOS V2ベータ版の特徴と利点をチェックしてみよう。

dappOS 統一アカウント: https://wallet.dappos.com/

dappOSは、dappOS V2の統合を進める第一陣のプロジェクトとして、Benqi、Cheems、Curve、Frax Finance、GMX、KyberSwap、Lido、Manta Network、Perpetual、QuickSwap、StarryNift、SyncSwap、SynFuturesをサポートします。これは共有される目標、専門知識、そして卓越性への強いコミットメントを伴う、驚くべき旅となるでしょう。

dappOS V2ベータの特徴:

dappOS V2は機能性とユーザーエクスペリエンスの面で大きく飛躍し、マルチチェーン運営に革命をもたらす多くの利点を提供します。

1.統一アカウント

オンチェーン資産を統一アカウントで管理することで、様々なチェーンを区別する必要がなく、CeFiのようなシームレスな体験を楽しむことができます。

  • アセットの流通に関係なく、ユニバーサルな利用が可能
  • アセットの流通に関係なく、ユニバーサルな利用が可能
  • 複雑なワークフローを必要とせず、どのチェーン上でもお気に入りのdAppsとのスムーズなやり取りが可能。
  • 任意のアセットでガス代やブリッジ料金を支払うことができる。
  • シームレスなCeFiのようなUXを分散型で実現。

2.タスク依存性のサポート

dappOS V2は、異なるチェーンにまたがる複雑で相互に依存するトランザクションを、順次発生するか並行して発生するかに関わらず、単一の署名で確認する能力をユーザーに提供します。

  • すべてのトランザクションの手順を単一の署名で完了することができる。
  • 例:資産がチェーンAに存在し、チェーンBと交互する場合、1つの署名で複雑なワークフローを簡単に完了できます。
  • 保留中および完了したトランザクションの詳細を一覧できる。

3. 新しい入札システム

dappOS V2の入札システムは、入札と課金に関する高度な機能を持っています。このシステムを利用して、ノードはネットワークへの参加やそのサービスからの収益を実現できます。

  • ノードは新しい入札・課金システムによりインセンティブを得ることができる。
  • ユーザーは、トランザクションを完了するノードの選択により、効率性が向上し、手頃な価格でのサービスを受けることができる。

dappOSについて

dappOSは、初のインテント中心のオペレーティングプロトコルとして、Binance Labsのプレシード資金調達ラウンドに続き、IDG CapitalとSequoia Chinaが共同主導するシード資金調達ラウンドを最近終了しました。dappOS V2は、統一アカウント、タスク依存性のサポート、そして新しい入札システムの導入により、CeFiのようなユーザーエクスペリエンスと完全な分散化を同時に提供します。

これにより、ユーザーはオンチェーン資産の管理、複雑な取引の実行、そしてシームレスなdappOSネットワークへのアクセスが容易になります。

詳細はこちら

https://linktr.ee/dappos

『早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
本稿は企業が広報のために発信するプレスリリースです。CoinPostの執筆記事ではありません。
サービスのご利用・お問い合わせに関しては、直接サービス提供会社へご連絡ください。CoinPostは本稿で言及されたあらゆる内容について、またそれを参考・利用したことにより生じたいかなる損害や損失において、直接的・間接的な責任を負わないものとします。ユーザーの皆さまが本稿に関連した行動をとる際には、必ず事前にご自身で調査を行い、ご自身の責任において行動されるようお願いいたします。
▶️本日の速報をチェック!