CoinPostで今最も読まれています

Blockchain Genesis タイBlockchain Week 2023「Build in Bear, Rise in Bull」がスタート!デジタル経済社会省大臣プラセート・チャンタラルアンゴン氏が強気市場に向けたビジョンを後押し

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

本稿は企業が広報のために発信するプレスリリースです。CoinPostの執筆記事ではありません。

タイ最大のブロックチェーンカンファレンス「Blockchain Genesis」が、タイブロックチェーンウィーク2023の一環として開催される。6回目の開催となる本カンファレンスは、「Build in Bear, Rise in Bull(下降市場での構築、上昇市場での成長)」というテーマの下、ビットコインやイーサリアム、ブロックチェーンなどの最新トレンドをキャッチアップすることができる。

国内外から集まるプロジェクトリーダーや政府機関の代表、政治家たちが、タイにおけるブロックチェーンの未来像を議論する場となるだろう。参加者は様々なイベントへ参加できるだけでなく、50万バーツ以上の賞品を獲得する機会も得ることができる。

デジタル経済社会省(DES)のプラセート・チャンタラルアンゴン大臣は次のように述べている。

「現代においてテクノロジーは社会や経済を推進する上で重要な役割を果たしているが、特に有望なテクノロジーの一つとしてはブロックチェーンが挙げられる。タイがブロックチェーン技術を十分に活用できれば、パフォーマンスの向上、手続きの簡素化、取引コストの削減など、数多くの利点をもたらす。

さらには汚職リスクの軽減にもなるだろう。これにより透明性と検証可能性が確保されるだけでなく、国境を越えた取引や市場浸透の新たな機会も生まれ、ブロックチェーン技術に関連する新しい職種、ビジネスチャンス、専門家の出現も期待できる。

なぜならば、ブロックチェーンはオープンで中立的な性質を持ち、誰もが平等にアクセスできるためだ。ただし、タイがブロックチェーン技術から十分な恩恵を受けるためには、国民全員がこの技術に対応し、学び、適応する準備をすることが必要である。

これは、ブロックチェーンに慣れ親しみ、ユースケースを学び、常に最新情報をキャッチアップすることで、国境なき世界に自信を持って参入し、このツールからの恩恵を最大限に享受できるようになるだろう。」

クリプトマインド・グループ・ホールディング・カンパニー・リミテッドの共同創設者兼最高経営責任者(CEO)であり、本イベントのタイトルホストであるサンジャイ・ポプリ氏は、次のように語る。

 「今年のイベントは『Build in Bear, Rise in Bull』というコンセプトのもとに開催された。これは、ベア相場というものが世界経済、中央銀行の金融政策、デジタル資産規制といった制御不能な要因に投資家が懸念を抱く時期であり、デジタル資産の価格が下落することから来ているからだ。

一方で、ベア相場は投資家にとって、より低い価格でデジタル資産を取得する機会も提供する。成功した投資家の多くは、デジタル資産投資に必要な知識とスキルを効率的に高める期間としてベア相場を定期的に利用している。

 デジタル資産市場全体を考えると、ビットコインが他の資産に比べて最も高い成長傾向を示していることが分かるだろう。さらに、2024年にはビットコインの半減期が予定されており、ビットコインスポットETFの承認もますますポジティブな傾向にある。

また、タイ国内では、取引口座数や取引額の統計数値が増加しているほか、大企業や金融機関による暗号通貨市場へのサービス提供を目的とした投資も進んでいる。

 これらは、タイがASEANの暗号通貨ハブになる可能性を示しているといえる。我々は証券取引委員会(SEC)の規制のもとで進めているが、多くのプレイヤーと包括的なコミュニティが存在する。

つまり、タイの人々を未来のトレンドに備えさせるために、タイ最大のブロックチェーンイベント「Blockchain Genesis」、タイブロックチェーンウィーク2023が開催されるのだ。

 今年のイベントはこれまで以上に大規模で、ハイブリッドなアプローチを採用している。タイ国内外から、暗号資産とブロックチェーン市場の170人以上の主要な影響者が、3つのステージで開催される50セッション以上で対話、議論、知識の共有を行う。

外国人講演者のセッション用に250以上の翻訳用ヘッドフォンや、賞品が当たるゲームやアクティビティも用意されている。さらに、知識に満ちた厳選されたワークショップも見逃さないでほしい。

その他にも、2日間にわたるイベント中、大手企業のブースが設けられている。注目されているパネルディスカッションのトピックとして、以下が挙げられる。

「1万デジタルバーツの配布は有益か、それとも有害か?」「ビットコインはねずみ講だと言われているが…」

 フィナーレを飾る賞品は、iPhone 15 Pro MaxやiPad(第10世代)、そして合計50万バーツ以上の価値があるスポンサーからの景品だ。メインカンファレンス後も、2023年11月8日から15日まではタイブロックチェーンウィーク2023の一環として50のサイドイベントが途切れることなく開催される。」

Cryptomind Group Holdings Co., Ltd. と Merkle Capital Co., Ltd. について

 Cryptomind Group Holdings Company Limitedは、ブロックチェーンコンサルティングとデジタル資産投資に従事するグループである。SECによってデジタル資産ファンドマネージャーとして認可され、安全な投資を保証する戦略を持つMerkle Capital Company Limitedを含む。

また、タイ初のデジタル資産アドバイザリーサービスであるCryptomind Advisory Company Limitedも運営し、SECの規制下でサービスを提供している。個人および法人向けにコンサルティングサービス、デジタル資産投資分析、イベント管理(例:Blockchain Thailand Genesis)、コミュニティ(例:Bitcoin Addict Thailand)、デジタル資産に関するFacebookページ(例:Cryptomind Advisory Blockchain Review、Kim DeFi Daddy、Coinman、Sanjay Popli)を提供し、フォロワー総数は50万人に上る。

タイの人々により容易で安全なデジタル資産投資を促進するこれらの各企業に関する詳細情報は、https://cryptomind.group および https://merkle.capital/をご覧いただきたい。

本稿は企業が広報のために発信するプレスリリースです。CoinPostの執筆記事ではありません。
サービスのご利用・お問い合わせに関しては、直接サービス提供会社へご連絡ください。CoinPostは本稿で言及されたあらゆる内容について、またそれを参考・利用したことにより生じたいかなる損害や損失において、直接的・間接的な責任を負わないものとします。ユーザーの皆さまが本稿に関連した行動をとる際には、必ず事前にご自身で調査を行い、ご自身の責任において行動されるようお願いいたします。
▶️本日の速報をチェック!