リップル社1月は約92億円分のXRPを売却、残る約90%のXRPは再度ロックアップ

ロックアップに関する10億トークンの使用用途
現在の市場価格によるとリップル社は先月、約10億ドル(1100億円)の一月の積立金から約8400万ドル(92.5億円)分XRPを使用しました。これはロックアップから放出される10億XRPの内、約1億XRPに相当する模様です。

リップル社は海外送金ソリューションとして、世界で注目されている企業です。

またリップル社が本格始動をした上で注目されるXRPに投資する上で知っておく必要があるのはリップル社のXRP売却益とロックアップの内容についてでしょう。

大量のXRPを保有するリップル社ですが、このXRPの売却益はリップル社に、金融機関にソフトウェアの販売を試みたり、XRPの価格が下落した時に備える保護の役割を提供することが可能な資金源となる重要な役割を果たします。

しかしこの売却による市場の売り圧力も懸念されており、その時の売却益と市場規模を合わせて考えることも投資には重要な情報となります。

ロックアップ概要

2017年12月8日にリップル社が保有する630億XRPのうち90%の550億XRPがロックアップが完了しました。

2018年以降は毎月一日に550億XRPのうち、10億XRP分がロックアップ期限を迎え、リップル社がXRPをその分市場に放出することができます。

また、その月で10億XRPに到達しなかった場合余ったXRPは再度55ヶ月間ロックアップされます。

ロックアップに関する10億トークンの使用用途

現在の市場価格によるとリップル社は先月、約10億ドル(1100億円)の一月の積立金から約8400万ドル(92.5億円)分XRPを使用しました。

(ロックアップの規約から)同社は10億トークンのXRPにアクセスが可能という中で、利用したXRPは1億トークンとなるため、残りの約9億トークンは一月末に条件付捺印証書として再度ロックアップアカウントに戻されることになります。

2月2日時点で、9億トークンのXRPは7億5600万ドル(831億円)の価値が持っています。

同社は一連の契約を通して、4年間以上に渡る契約で、計510億ドル(5兆6000億円)の価値のXRPをロックアップとしてエスクローアカウントに保持します。

リップル社の条件付捺印証書(ロックアップ)の動きはXRPの信用を上げる方法として確立されました。

リップル社が動かすことができないエスクローアカウントで保持しているため、開発者からでさえトークンへ限定的なアクセスに留まることは大量のトークンの売却を防ぎ、その価格を下落させない動きに繋がります。

毎月、10億トークンのXRPが同社の内部使用のためにアクセス権がリリースされます。

またロックアップまでの期間リップル社は過去18ヶ月、毎月平均300M XRPを放出(売却)を行っていたと発表していましたが、今月に限っては1億トークンという少ないトークン放出量となりました。

2017年第4四半期のデータ

去年の年末にかけてXRPの価格は過去最高額を更新し続け、それがアドバンテージとなった形で、2017年第4四半期(10~12月)のXRP売却高は9,160万ドル(約100億円)相当となりました。

この売却高の内約は、プログラムを通じて7150万ドル(78.6億円)のXRPを売却、投資家には2010万ドル(22.1億円)を直接売却となりました。

リップル社は去年10~12月で約100億円相当のXRPを売却/価格は1年で30,000%上昇
リップル(Ripple)社は2017年10月から12月の間に約100億円相当のXRPを売却していたことが明らかになりました。また、リップル社は毎月最大で10億XRPまで売ることができる柔軟性のあるオプションを有しています。

Santander to Roll Out Ripple-Powered App in 4 Countries

Nikhilesh De February 2, 2018 by Coindesk

参考記事はこちらから