各国の仮想通貨事情まとめ:日本中国韓国アメリカ等のICO規制

9月初旬に中国政府のICO禁止の発表の影響により、各仮想通貨の価格が下落
ビットコインやイーサリアム、特に中国で作られた仮想通貨、ネオ(NEO)が大きな影響を受けました。
各国のICO規制、仮想通貨に対する姿勢が注目されている
ICO規制の有無に留まらず、主要国家の様々なニュースをまとめました。

8月中旬より全体的に仮想通貨市場の価格が上昇をしていましたが、中国政府によるICO禁止、そして韓国政府によるICO規制など国による規制のニュースが相次ぎ、各仮想通貨価格は大きく下落しました。

9月5日のコインチェック銘柄も上画像のように全て価格を落としました。

このことから今後の仮想通貨市場の動きを予測するには仮想通貨に対する政治の動きが重要となってくることが言えます。

今回は、主要国各国での過去のICO規制や仮想通貨の税金規制について表にまとめてみました。

スマホアプリで移動時も簡単取引
交換業者 通貨 特徴
スマートフォンで急激な価格変動時も即座に取引可能。
全ペア取引手数料0%キャンペーン実施中。
BTCFXに定評、下落相場も利益を狙える。
アルトコインのレバレッジ取引で最多通貨ペア(14種類)。
ETH,XRPの板取引も対応。BTC取引高No.2

各国のICO規制について

国名 ICO規制
アメリカ
シンガポール
中国 ×
香港
韓国
日本 ※未だ見解が出ていませ
インド
ロシア

✖️: 全面禁止
△: 規制あり
◯: 悪質なものは規制するが歓迎

アメリカ

日付 種別 ニュース
2017/7 ICO 米証券取引委員会(SEC)がICO規制に関する発表を行う
2017/6 ICO 米証券取引委員会(SEC)がICOなどの資金調達を警告する

いち早くICO規制の発表をした国がアメリカです。

ICOについては資金洗浄やテロリストの資金調達などリスクが高く、政府が管理できないということもあり、規制を始めました。

万が一、中国のようにICOがより厳しく制限させた場合、IT先進都市シリコンバレーやICOによって勢いをなくしていたベンチャーキャピタルなどの金融関係企業の発展に大きく寄与するかもしれません。

シンガポール

日付 種別 ニュース
2017/8/1 ICO アメリカのICO規制に続き、シンガポールの国営銀行MASが一部のICOを規制する旨の書簡を公開

アメリカICO規制の次にニュースとなった国が、シンガポールです。

しかしICO規制をして行く一方で、ちゃんとしたルールを作った上でスタートアップ先進国としても仮想通貨やブロックチェーンなどのサポートを政府も率先して実施して行く方針です。

シンガポール、ブロックチェーン関連事業がICOを実行する好ましい目的地に
シンガポールはブロックチェーン事業に積極的 規制をしつつも自国通貨のトークン化導入など、ブロックチェーン事業の...

中国

日付 種別 ニュース
2017/9/14~16 サミット 上海にてGlobal Blockchain Summit 2017が開催される
2017/9/4 国際政治 BRISC諸国とともに自由貿易を目指す。仮想通貨に関しても議論する
2017/9/4 ICO 中国当局は全面的にICOを禁止すると報告

今回の急激下落の発端となる中国のICO全面規制。今後もずっと禁止し続けるのか、それともこれは一時的な制度なのかは今後中国政府の仮想通貨規制方針を見る必要があります。

悪質な資金集めは規制すべきではありますが、全面的に禁止にすることや大きく税金を課すことになると新興企業や技術の発展の妨げとなってしまうかもしれません。

これに関して政府による見解ではありませんが、社会科学院金融研究所副署長が中国テレビニュースのインタビューにて、「今後は法整備を整えライセンスを発行を行い、ICOは再開を目指している」と言及し、ICOの禁止は一時的であり、今後精査した上で再開する可能性があることについて触れました。

中国のICO禁止は一時的か?
社会科学院金融研究所副署長が、中国国営テレビのインタビューでICO禁止が一時的である可能性について触れました。

香港

日付 種別 ニュース
2017/9/5 ICO 香港でもICO警告が始まる

中国ではICO禁止となりましたが、香港では禁止ではありません。

中国ICO禁止後の翌日香港ではICOに対する警告がされました。中国がICO禁止を受け、香港でも厳しく規制されていくでしょう。

韓国

日付 種別 ニュース
2017/9/3 ICO 韓国の財政管理委員会(FSC)が仮想通貨の規制に関する合同会合を9月3日に行った。FSCは仮想通貨は法定通貨でもなく財政商品でもないと言及。また、ICO規制も強化して行くと言及
2017/7/3 規制 韓国民主党代表の金泳鎮氏によれば、ビットコインなどの暗号通貨規制の枠組みにおける改正案が今後数ヶ月で可決される見通しだという。
2017/7 送金 韓国はBitcoinでの海外送金が合法になる。

韓国もICO規制に乗り出しました。

韓国では世界の仮想通貨取引量も多く、韓国の取引所上場前後に起こる大幅な価格上昇など仮想通貨により深く関わる国として注目されていましたが、この機会に政府がICOと仮想通貨に対し厳しい姿勢を示しています。

日本

日付 種別 ニュース
2017/9/6 税金 ビットコインを使用することで生じた利益は、所得税の課税対象と発表
2017/7/1 税金 仮想通貨、消費税が非課税に変更
2017/4/1 規制/税金 仮想通貨法を施工
2016/12/28 規制 金融庁が仮想通貨と法定通貨の交換業者に対し、登録制を導入する案を公表
2016/10 銀行 SBIホールディングスがビットコイン関連取引所に参入を表明
2016/5 規制 国会で仮想通貨法が可決
2016/2/24 法律 金融庁が「資金決済法」を改正し、ビットコインを貨幣と定義

日本ではビットコインを使用することで生じた利益は、すでに所得税の課税対象とされております。

日本は現在ICOに対する政府の規制はまだ詳しく発表はされていませんが、日本も投資家を初めとしたブロックチェーンを利用する企業もでてきているため、今後政府からの規制がされていくことは時間の問題かもしれません。

一番直近のニュースでは、10月に行われる取引所の登録制に関する法整備が日本の仮想通貨事情にはより深く関係していくこととなるでしょう。

インド

日付 種別 ニュース
2017/9/4 政治 BRISC諸国とともに自由貿易を目指す。仮想通貨に関しても議論する
2017/8 規制 インド政府が仮想通貨の規制についての文書を作成を始める
2017/7 税金 インド政府が仮想通貨の課税を検討中
2017/5/21 政治 インド政府はオンラインにて国民に対して仮想通貨に対する意見を求めるフォームを公開した
2017/4/14 規制 インド政府は、ビットコインの法的位置づけを調査し、市場を規制することを検討
2016/11 政治 インド政府が突如高額紙幣の無効化と新札交換を通達。パキスタンに本拠を持ち、インド国内で活動するテロ組織が高額紙幣の偽札を使っていること。また、資産隠しによる脱税や汚職に使われるブラックマネーを一掃したいという背景がありオンライン決算にこれを機にシフトする試みか?

インド政府は5月21日、オンラインにて国民に対して暗号通貨に対する意見を求めるフォームを公開しました。

10日間公開されたフォームは4,000件以上の意見が寄せられ多くの意見が暗号通貨を肯定的に捉えるものでした。

インドでは、人口の平均年齢が25歳と言われ今回若者の中にはビットコインは将来のインドには欠かせないものであると主張する声もたくさんあったそうです。

さらに、最近ではRippleがムンバイにオフィスを新しく構えるなどインドのデジタル社会革新が促進されていくでしょう。

リップル社がインドのデジタル経済を活性化!ムンバイに新しい事務所を開設
リップルがムンバイに新事務所開設。リップル社の新しい送金手段は今後インド経済にとって不可欠な役割を果たすでしょう。

ロシア

日付 種別 ニュース
2017秋 規制 仮想通貨の取引を規制する新しい法律を検討している
2017/9 ICO ロシア政府がサポート。ビットコインマイニング工場設立に向けてRussian Miner Coin(RMC)トークン発行
2017/9/4 政治 BRISC諸国とともに自由貿易を目指す。仮想通貨に関しても議論する
2017/8 BTC ロシアの証券取引所が ビットコインなどの仮想通貨の取り扱いを予定
2017/8/29 ETH イーサリアムロシア (イーサリアム創業者 ヴィタリック・ブテリンとロシア大手スマートフォンメーカーYota Device 会社CEOによって設立)はイーサリアムプロトコルの発展に支援することに専念し、ロシア国有開発銀行であるVnesheconombank(VEB)との契約コラボレーションを取り決めた

8月、9月の仮想通貨市場ではロシアからのニュースが多かったように感じます。

今回ロシアでは政府も中国と同じように仮想通貨への関心を示すと共に政府によるコントロールができる法整備への以降がニュースから読み取れます。

国土が広いこともあり、政府の管理が難しくなってくるロシアでは仮想通貨に対す規制は他の国と比べても厳しくなってくることが予想されます。

極東(ロシアの中で中国人が多い地域)からの仮想通貨に対するGoogleの検索結果が多いというデータがGoogleから発表されましたが、ロシア語が話せる中国人も極東の地域には多く住んでいるため、中国人の介入も影響してくるため、政府がどのようにコントロールするのかが注目されます。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

CoinPost編集部coin_postCoinPost -仮想通貨情報サイト-

海外から配信されることの多い仮想通貨情報の中で、重要となる内容を厳選して日本人の投資家の皆様にお届け致します。 Twitterでの最新ニュースや、Facebookでのイベント活動日記の投稿も行なっています。