CoinPostで今最も読まれています

ビットコイン続伸で7万ドル回復、投機的バブルのミームコイン時価総額は昨年の3倍規模に

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

マクロ経済と金融市場

前週末24日の米NY株式市場は、ダウ平均株価は前日比11.2ドル安、ナスダック指数は5.4ポイント高で取引を終えた。

東京株式市場では、日経平均株価(前引け)は前日比193.7円(0.49%)高と続伸した。

ビットコインの上昇を受け、米国株の暗号資産(仮想通貨)関連銘柄ではコインベースが前日比6.6%高の256.99ドル、マイクロストラテジーが5.1%高の1512ドルと反発した。

CoinPostアプリ(ヒートマップ機能)

仮想通貨市況

暗号資産(仮想通貨)市場では、ビットコイン(BTC)は前日比2.9%高の1BTC=71,419ドルに。

BTC/USD日足

三角保ち合いを上抜けるとショートカバーを伴い急伸。7万ドル台を回復した。

アナリストのAli氏は1BTC=69,205ドルで推移していた際の分析にて、最近の下落局面でショーター(売り手)が急増していることについて言及。

価格帯別出来高のデータから、1BTC=70,875ドルを上回れば7200万ドル相当のロスカット(強制清算)が発生し、ショートスクイーズが見込めると指摘した。

ビットコイン(BTC)はその後続伸し、過去最高値に迫る72,777ドルまで続伸している。

IntoTheBlockが6日に出した2024年第1四半期レポートによれば、ビットコイン現物ETF(上場投資信託)は、3ヶ月足らずで供給量の4%以上を獲得した。1000BTC以上保有するクジラ(大口投資家)のアドレス数は急増しており、総残高は2022年6月以来の最高水準に達したという。

具体的には22万BTC(約142億ドル)増加し、内21万BTCはETFへの純流入によるものである。

また同レポートでは、ミームコインの時価総額は2024年の約3倍となる560億ドルに達したことを報告した。これは過去2年間で最も高い水準だ。

ミームコインの投機的なバブル及び熱狂は続いており、SHIB、PEPE、FLOKIなどのミームにインスピレーションを得たトークンの取引量は先月、インドの大手取引所WazirXでビットコインをも上回ったという。

2024年以降DOGEの市場価格は2倍になったが、SHIBは2.5倍、PEPEは5倍近くにまで高騰した。

ソラナ(SOL)基盤の代表的なミームコインである「Dog Wif Hat(WIF)」に至っては年間20倍ものリターンを記録しており、その背後には活発なコミュニティの存在がある。

また、3月13日に行われたイーサリアム(ETH)のDencunアップグレードにおけるプロトダンクシャーディング実装の影響で、レイヤー2(L2)ブロックチェーンでの取引コストが大幅に削減された結果、Baseチェーンの平均手数料は、約10セントから1セント以下まで減少した。

Baseの存在感はますます高まっており、トランザクション数と取引量の両方でArbitrumおよびOptimismを上回って推移している。

関連:ビットコイン半減期とは?過去相場の価格変動から探る2024年の展望

関連:ビットコインの買い方|投資メリットやリスク、おすすめ取引所は?

過去に掲載したマーケットレポート一覧はこちら

CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
05/18 土曜日
21:00
Clearpool Prime、アバランチでデビュー RWA対応のプライベート・クレジット市場
Clearpool Primeがアバランチでローンチし、RWA分野に新たな進展。機関投資家向けに安全かつ効率的な取引環境を提供するプライベート・クレジット市場。
17:20
バイナンス上場銘柄の80%が価値低下、ミームコインは異例の上昇 過去6か月の分析
31トークン分析が示す課題 暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス(グローバル版)で、過去6か月に新規上場したトークンの80%以上が、その後に価値を落としていることがわかった。ミ…
13:00
米国のビットコイン現物ETFへの5月の流入額、4月の流出上回る
ブルームバーグのETFアナリストは、5月に入ってからの米国ビットコイン現物ETFへの流入は、4月の流出を埋め合わせたと指摘した。
11:10
米下院、SECの仮想通貨規制役割明確化の「FIT21法案」を採決へ
米国下院は、仮想通貨に対する規制を明確化し、CFTCに追加権限を与える「21世紀のための金融イノベーション・テクノロジー法」の採決を行う。
10:15
米コインベース、「来週イーサリアム現物ETF承認確率は30~40%」
米仮想通貨取引所コインベースはイーサリアムの今後を予測するレポートを発表した。ETH現物ETFが承認される時期などについて分析している。
08:50
仮想通貨取引所クラーケン、欧州でUSDT非対応を検討
テザーCEOは最近、MiCA規制を批判し、仮想通貨USDTで規制を受けるつもりはないと述べた。この姿勢が、欧州で事業を行っているクラーケンが、それらの通貨ペアの提供を停止する理由と見られる。
08:00
「仮想通貨上昇の鍵はマクロ経済」コインベース分析
仮想通貨相場上昇の鍵は今もマクロ経済であるとコインベースは分析。他にも、イーサリアム現物ETFの審査など規制動向も注視すべきだとした。
07:10
ソラナ価格、月末までに200ドル復帰か ヘッジファンド創設者が予測
仮想通貨ソラナの今後の価格について、ヘッジファンドSyncracy Capitalの創設者は強気な予測を示した。その根拠とは?
06:10
zkSyncエアドロップ期待再燃、分散化加速のアップグレードを実施予定
zkSyncは未だ独自の仮想通貨をリリースしていないが、主要zkロールアップであるライバルのStarkNetは2月にエアドロップを実施した。
05/17 金曜日
17:34
東京ビッグサイトで第5回ブロックチェーンEXPO【春】開催へ 無料申し込み募集開始
東京ビッグサイトで、日本最大級のブロックチェーン専門展である第5回ブロックチェーンEXPO【春】が開催されます。最新の研究からアプリケーションまで、ブロックチェーン技術のすべてが一堂に出展するイベントは必見です。
13:00
ワールドコイン、秘匿化技術で生体認証データの保護・オープンソース化を発表
暗号資産(仮想通貨)でベーシックインカム実現を目指す、ワールドコイン・ファンデーションが生体認証データ保護にSMPC技術を導入。そのシステムをオープンソース化した。セキュリティとプライバシーを強化するとともに、システムの普及拡大を目指す。
12:32
短期トレンド変化のビットコイン続伸なるか、ミームコインが牽引する場面も
CPI発表で急反発を見せた暗号資産(仮想通貨)相場ではビットコイン(BTC)が下降チャネルをブレイクアウトした。16日には賛否両論渦巻くミームコインが相場を牽引する場面も。
12:00
世界最大の証券清算機関DTCC、チェーンリンク活用した「Smart NAV」を実験
世界最大の証券清算・保管機関DTCCは、チェーンリンクを活用した「Smart NAV」の実証実験を行った。JPモルガンなど金融大手10社が参加している。
11:10
Slash Fintech、暗号資産決済でVプリカ販売サービス開始 NFT特典も実施中
Slash FintechがVプリカ販売サービスを開始。暗号資産(仮想通貨)決済でVプリカ購入可能。特典としてSlash Genesis NFTをプレゼント。利用方法から使い方まで解説。
10:00
ブラックロックのビットコインETF、アナリストが高評価
ブラックロックの仮想通貨ビットコインETFの購入者数は記録的な数字であると、ブルームバーグのシニアアナリストが高評価。レポートが提出され、ビットコインETFのパフォーマンスを分析した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア