CoinPostで今最も読まれています

リップル社がインドのデジタル経済を活性化!ムンバイに新しい事務所を開設

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

リップル社インドムンバイに新しい事務所開設
オーストラリア、日本、イギリスに加え、ムンバイに新事務所開設。リップル社の新しい送金手段はインド経済にとって不可欠な役割を果たすでしょう。
リップル社はインドでの地位確立を狙う
専門家は2022年にはインドのデジタル経済が1兆ドルに及ぶと予想しています。その中でもリップルはその一部を締めるでしょう

インド政府は経済をデジタルファースト社会(紙幣のデジタル化など)へと変える大胆な計画を明かしました。

リップル社はスムーズな解決策を提供することを目標としており、今回、ムンバイの新しい事務所にナヴィン・グプタをインド担当のマネージャーとして正式に開設されました。

デジタル財政のこととなるとインドは世界の中でも革新的な国です。様々なモバイル決済アプリがシェアの獲得を争っている中、さらに仮装通貨はインド国内において独自の路線で地位を固めています。

リップル社はインドでの権利の主張を試み、リップルのブロックチェーンを使ったこととなったでしょう。その結果、このブロックチェーン会社のグローバル展開計画はさらに前進する見通しです。

多くのフィンテック会社はインドを次に攻略すべき未開拓領域と考えています。実際にインドは現在金融部門で活発な活動がある地域であることは確かです。さらにグローバル決済サービスにおいて大きな利益を見込める国でもあるため、このような新しい送金手段はインド経済にとって不可欠な役割を果たすでしょう。

リップル社はインドでの地位確立を狙う

インド政府は、大望のある目標として経済をデジタルファースト社会へと変える大胆な計画を明かしました。

実際に、デジタル経済はようやく大きく勢いづいてきています。さらに、専門家は2022年にはインドのデジタル経済が1兆ドルに及ぶと予想し、リップル社にとってその一部となることは最も重要なことと言えます。

そのためには、銀行や決済プロバイダーをデジタル時代に引き込むためにしっかりした土台の必要性が増していくことでしょう。

ブラッド・ガーリンハウス社長はインド進出の選択についてこのように述べています。

インドは今の経済をよりデジタル経済に変えようとし、決済の革新的なリーダーとなります。

ナヴィンが率いるムンバイの新事務所では、アクシス銀行やイエス銀行のような現在の顧客だけでなく、全国の他の銀行やノンバンクのスムーズな決済の要求に応えることを可能にしてくれるでしょう。

我々はナヴィンがグローバルバンキングと決済についての豊富な専門的知識を持ってインドにリップルの決済解決策の役割を持ってきてくれることを確信しています。私は、彼をチームに迎え入れることをとても嬉しく思っています。」

今後数年間のうちにリップル社がインドでどのような影響をもたらすのかはとても興味深いでしょう。

リップル社はアジア全体に渡って金融サービス提供者から大いに尊敬されている上、彼らのリップルコンセンサス元帳はインドのデジタル経済に刺激を与えることになるでしょう。

国境を越えた取引のスピードアップの必要性は言うまでもなく、リップルブロックチェーンを用いた取引は、今後、取引関係者全員の利益となる解決策と言えるでしょう。現在リップル社はインドでの立場を求めており、そのための「十分な投資」があるようです。

Ripple Tackles India’s Digital Economy by Opening a new Mumbai Office

September 7,2017 14:00 UTC by JP Buntinx

原文はこちらから
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
02/24 土曜日
17:10
米国債担保型トークンがアプトスで流通 オンボーディングも視野 
米国債のトークン化を進めるOndo FinanceとAptos Foundationが戦略的提携を発表。USDYトークンのAptos統合、DeFiプロトコルが採用を進めておりエコシステムがさらに拡大。暗号資産(仮想通貨)のロックアップ総額も上昇傾向にある。
14:00
SuiブロックチェーンがStardustと提携、Web3ゲーム開発促進へ
Web3ゲーム用ウォレットを手掛けるStardustが、Suiブロックチェーンの統合を発表。この提携により、Web3ゲームのエコシステムが強化され、新たなゲーム体験が提供される。暗号資産(仮想通貨)スイは時価総額トップ50にランクインした。
13:00
米トランプ前大統領、ビットコインに前向きな姿勢に変化か
米ドナルド・トランプ前大統領は「仮想通貨ビットコインとは共存できる」と発言。懐疑的だった以前よりもビットコインに前向きな姿勢を示した。
12:00
グレースケール、プライバシーテーマのインデックスETFを申請
グレースケール「匿名銘柄のインデックスETF」はデータ・プライバシー技術を開発する企業およびZcashに投資する。ビットコインETF以外の製品を増やす狙いだ。
11:00
米登録の投資アドバイザーCarson Group、iSharesなどのビットコインETFを顧客に提供
ブラックロックのIBITでの仮想通貨ビットコイン保有数は126,950 BTCで、45.3万 BTCを保有するGBTCにつぐポジションを維持。一方、グレースケールのGBTCを除けば現在時価総額が最も高いのはブラックロックのIBITで、66億ドルに相当する。
10:00
Matrixport、3月までにビットコイン6.3万ドルも視野
Matrixportは2024年3月までにビットコインが6万3,000ドルに達する可能性があると強気予測。現物ETF承認や利下げなど複数要因を背景に挙げた。
09:00
加速する仮想通貨リステーキング、a16zがEigenに150億円投資
仮想通貨ETHやSOLのリステーキング「ストーリー」は今年の代表的なテーマの1つであり、投資家の注目と資金を集めている。
07:45
アバランチ、約2時間ブロック確定停止
仮想通貨アバランチのブロックチェーンで、ブロックの確定に問題が発生。ノードのソフトウェアのアップグレードを実施し、約6時間後に解決したことが報告された。
07:15
Flare Network、初期投資家のトークンアンロックを延長 FLR価格20%以上上昇
今回新たに出資したFlareの既存投資家はFLRトークンのロックアップ期間を2026の1Qまで延長し、30日の日平均出来高の0.5%を超えないトークンの売却に同意した。
06:30
UniswapのUNIに利益分配を提案、トークン価格が50%急騰
今まで仮想通貨UNIトークンの保有者には、Uniswapの手数料が分配されない仕組みとなっているが、これが変わる可能性が出てきた。
05:45
bitFlyer、仮想通貨3銘柄新規上場へ
国内暗号資産取引所bitFlyerは3銘柄の新規取り扱いを開始する予定だ。今週2度目の銘柄リスティング発表となる。
02/23 金曜日
16:00
Valkyrie「イーサリアム現物ETFの承認には1〜2年はかかる」
米仮想通貨投資企業Valkyrieの最高投資責任者は、イーサリアム現物ETFは今後1、2年以内に承認される可能性があると意見した。
16:00
Web3とは|次世代を担う非中央集権的インターネット環境のメリットを解説
世界中で技術革新の進むインターネット環境は、今まさに新たな時代へと移り変わろうとしています。Web3(ウェブスリー)という言葉の意味やメリットについて詳しく解説します。
13:05
JPモルガンアナリスト「仮想通貨相場の力強い上昇は、個人投資家の関心の高まりが寄与」
JPモルガンはリテール投資家が、ビットコインなど2月の仮想通貨市場の上昇に寄与した可能性が高いと述べた。背景として3つの要因を挙げている。
02/22 木曜日
16:00
スターテイル・ラボ、サムスンとシンガポール大手銀行UOBから資金調達
日本発のWeb3プロダクト、暗号資産(仮想通貨)ASTRのエコシステムAstar Networkを率いるスターテイル・ラボが、サムスンとUOBからのシード追加ラウンドで5億円を調達。渡辺創太CEOはプロダクト開発を加速の意向示す。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2024/02/29 12:00 ~ 19:00
その他 オンライン
2024/03/01 19:00 ~ 21:30
東京 東京都千代田区
重要指標
一覧
新着指標
一覧