アルトコインプロジェクト情報(日本語要約)

02/23 火曜日
12:56

セキュリティの脆弱性とプライバシーの必要性について

Polychain Capital社のエンジニアであるLance Vick氏は、14歳の時からデジタルセキュリティに関するリスク調査を行なっており、セキュリティの脆弱性とプライバシーの必要性について語った。また、セキュリティの向上には、誰もがコード監査を実施できるオープンソースと、監査に対するインセンティブを設計に組み込むことが重要であると付け加えた。
[出典元]
12:53

OXTはBithumbに上場へ

Orchidのネイティブトークン「OXT」は、韓国での事業拡大を目的にBithumbに上場することを発表。
[出典元]
02/22 月曜日
21:27

BSC上で第1回DODOクラウドプーリング公開

-ACoconutはBSCを利用して第1回DODOクラウドプーリングを開始 -BSC上でのACoconutプロトコルスイートの展開 -BTC+は使いやすさを損なうこなく、常にリスク調整済みの高い利回りを提供する -クラウドプール開始時間: 2月24日18:00 (日本時間)
[出典元]
19:17

ウィークリーレポート(2021年2月22日)

2021年2月22日のウィークリーレポートでは、Ardorブロックチェーン上で作成および管理可能なNFTについて、Trifficでリリース予定の「GPS Pay Wallet」について、Ardorブロックチェーン上に構築された森林再生プロジェクト「TreeCoin」について、Jelurida Africaのアフリカ諸国に事業を拡大計画などについて発表している。Ardor v3.0に関するドキュメントについて、2021年3月末リリース予定のTrifficv2.0について、2021年2月25日開催予定のArdorのユースケースイベントについて、Ardorブロックチェーン上に構築された不動産クラウドファンディングプラットフォーム「Max Crowdfund NZ AgencyLimited」などについて発表。
[出典元]
18:38

ACはUniswapのTopペア 上位200位にリストへ

ACoconutのネイティブトークンであるACは、UniswapのTopペアの上位200位にリストされた。これは、チーム、パートナー、サポーターにとって大きな意味を持つ。
[出典元]
11:14

アーリー・ハッカー・アクセラレーター・ベスティングに関するお知らせ

アーリー・ハッカー・プログラムの権利確定スケジュール(EIP-11252019AF)には、一定の条件下で権利確定日を早め、プログラムの終了日を前倒しするように設計されていた。権利確定日を早めなかった場合には2024年に終了予定となっている。
[出典元]
11:13

ACoconut x The Wolf Pack AMAラウンド2のまとめ

以下について語られた: 1.ACoconutブランドの公開 2. BTC +の導入 3.摩擦のない流動性のために 4.今月末に登場する新しいdAppについて
[出典元]
11:11

アルゴランド BSNポータルのメリットについて

2020年12月30日にリリースされたアルゴランド BSNポータルは、BSN上でアルゴランド・ブロックチェーンネットワークにアクセスするゲートウェイサービスを作成するためのポータルである。BSNポータルを使用することで、ノードを構築および維持することなく、ネットワークへの迅速なアクセスが可能となる。
[出典元]
11:08

Black at Ripple社のSafiya Walker氏について

Black at Ripple社のSafiya Walker氏は、インクルージョンと常に顔を出すことの重要性について語った。2019年にリップルの事業開発チームに加わったSafiya Walker氏は、事業開発アソシエイトおよび、事業全体のインクルージョンに焦点をあててきた。
[出典元]
02/21 日曜日
14:23

21週目 - ACの排出量に関するまとめ

ACの割り当て調整と1週間の排出量に関するアップデート情報をまとめている。
[出典元]
02/20 土曜日
14:30

分散型アイデンティティ・ソリューションがバイナンス・スマートチェーンに統合へ

オントロジーとバイナンスは、パートナシップ締結から長期に渡って双方に利益をもたらしてきた。今回、オントロジーの分散型アイデンティティ・ソリューションがバイナンス・スマートチェーンに統合されたことは非常に重要な発表となる。
[出典元]
02/19 金曜日
19:40

SNARKの検証を目的とした提案依頼書(RFP)を発表

2021年2月17日、Mina FoundationとEthereum Foundationは、Ethereumブロックチェーン上でSNARKアプリケーションを可能にするための提案依頼書(RFP)を発表。RFP(提案)は、6週間受け付けており、Ethereum仮想マシン上でPickles SNARKの検証が可能な仕組みを設計・実装することを目的とした提案を受け付けている。
[出典元]