アルトコインプロジェクト情報(日本語要約)

07/14 火曜日
10:34

BRR-1への投票:最初のKyberDAOプロポーザル

2020年07月14日から07月28日までの期間、KyberDAOプロポーザルの投票開始を発表。以前にエポック0でKNCを賭けていた場合、エポック1でKyberDAOプロポーザルに投票可能。エポック1のすべての提案に投票することができれば、エポック2で報酬(ETH)が分配される。また、チームが開発した新しいBRRフレームワークに基づいて、エポック1の最初のBRR提案中にコミュニティが投票することで特典が獲得可能な4つのオプションを提案。KNC保有者は、ネットワークでの取引活動を通じて収集されたネットワーク手数料の一部からETHで報酬を獲得できる。
[出典元]
7:59

ブロックスター:仮想通貨に規制が必要である理由

エピソード7では、リップルのCTOであるDavid Schwartz氏がリップルのゼネラルカウンセルであるStu Alderoty氏と共に、世界の仮想通貨規制の現状について議論が行われた。Stu Alderoty氏は、英国、日本、シンガポール、スイス、アラブ首長国連邦を含む他の国々で見られる明確な規制は、ブロックチェーンのイノベーションを促進すると述べている。
[出典元]
07/13 月曜日
7:25

アルゴランド・コードキャンプ開催へ

2020年07月24日、#SingaporeBlockchainWeek Virtual Summitでアルゴランド・コードキャンプを開催。また、終了後に特典付与に関する課題を提供。条件を満たしたユーザーを対象に特典付与が行われる。
[出典元]
7:08

アジア・アクセラレータ・プログラム・プロモーション・ビデオ(Blockdaemon版)

Algorand Asia Acceleratorでは、シード資金1万5千ドル、追加投資最大25万ドルで、スタートアップを支援することを発表。これは、単なる資金提供のみではなく、業界著名人メンターたちによるアドバイスも提供予定。
[出典元]
7:08

オークションの償還完了に関するお知らせ

2019年08月01日から2020年07月13日まで、Algorand Foundation は、パブリックブロックチェーンネットワークとAlgoトークンの長期的な成功を促進するために、オークションの払い戻しオプションの早期償還を行なった。早期償還されたトークンは、指定のアドレスに送られ、「焼却」されている。
[出典元]
07/10 金曜日
23:04

新しいガバナンスとステーキング経済モデルに関するFAQ

オントロジーは、ノードになるための最低ステーク要件の引き下げが行われた。ノードになるための要件が緩和されたことに伴い、ハードウェア要件、インセンティブ計算、ネットワ​​ーク料金等に関する情報が公開された。
[出典元]
20:22

資産のトークン化とプログラマティック・マネーによる効率と市場機会

アルゴランド標準資産(ASA)やレイヤー1 TEALスマートコントラクト(ASC1)などの新機能を発表。発表に伴い、促進が予想されるユースケースの説明及び、その運用効率、資産トークン化、プログラマティック・マネーに関するアルゴランドの機能活用に伴って生まれる金融機関の新しい市場機会を発表。
[出典元]
07/09 木曜日
18:26

Pocket Networkの次世代分散インフラストラクチャにネイティブサポートを提供へ

2020年07月07日、Pocket Networkがアルゴランド・ネットワークでネイティブにサポートされることを発表。サポートに伴い、ブロックチェーン・アプリケーション開発の障壁を低くすることで、開発者の時間と費用を節約、アップタイム、冗長性、アプリケーションの回復力を得ることができる。
[出典元]
14:49

サンタンデールとの提携に伴い、国際決済の確実性と決済速度が向上へ

2020年07月09日、サンタンデールとリップルの提携に伴い、国際決済の確実性と決済速度の向上が実現。また、One Pay FXアプリのリリースによって、安価な取引手数料、決済速度およびすべての支払いの透明性が向上。結果、人々と企業の繁栄を支援するという目標を達成。
[出典元]
9:36

Katalystローンチに関するお知らせ

2020年07月07日16時、Katalystローンチを発表。これによりKyberネットワークでは分散型金融(DeFi)のための流動性の強化を目的とした技術的改善が行われる。また、KNC保有者はKNCをステークし、投票することで特典を得ることが可能。
[出典元]
9:24

持続可能性を念頭においた効率的なコンセンサス

XRPは持続可能性を念頭において設計されており、トランザクションを管理するコンセンサスアルゴリズムは、エネルギー資源を軸としたマイニングが不要となっている。その結果、PoWを採用しているビットコインと比較して、エネルギー消費が57,000倍効率的である。
[出典元]
7:27

トークン化とSTO発行を容易にするために準備

シンボルブロックチェーンは、トークン化された新しい資産セクターをサポートする態勢を整えており、モダンで効率的で使いやすいブロックチェーンプラットフォームの使用を必要とする起業家、企業、機関にサービスを提供するように設計。また、さまざまな利害関係者がセキュリティトークンとSTOの処理に関連する管理、および規制の課題を克服できるようにする方法を発表。
[出典元]