抑えておきたいテクニカル分析「ロールリバーサル」を初心者向けに解説

ロールリバーサルの見方と考え方

取引を行う上で、市場で起こる様々な現象の特徴を把握しておくことは大切です。

なぜならば、誰もが知っている有名なパターンをあらかじめ理解しておけば、次に市場がどうなるかを予測するヒントになるからです。今回は、そんな基本的パターンの一つとしてロールリバーサルをご紹介いたします。

投資家ではだれもがおさえておくべきパターンの一つなので、ぜひ参考にしてみてください。

ロールリバーサルとは

ロールリバーサルとは、日本語に訳すと「役割転換」という意味を持っています。

相場には必ず「節目」というものが存在しており、ある一定のラインを基準にそれ以上安値にならなかったり、高値にならなかったりということを繰り返します。

つまり、抵抗線として役割を持っているラインがチャートに存在しており、そのラインをブレイクした瞬間にサポートラインがレジスタンスラインに変わり、またレジスタンスラインがサポートラインに転換するということが、「ロールリバーサル」です。

以下の図をご覧ください。

BTC/USDチャート

このように、値動きとして何度も突破できない高値(上値抵抗線)、それ以上下落しない安値(下値支持線)が発生しています。

しかし、高値のレジスタンスを抜け一度ブレイクした後、それまで上昇を止める役割を担っていたレジスタンスラインが、今度は安値を支えるサポートラインに変化しました。

つまり、これまで高値のレジスタンスラインとして機能していたものが、今度は安値のサポートラインに「役割転換」していることになります。 このように、抵抗線をブレイクし、役割が転換していることをロールリバーサルと言います。

ロールリバーサル発生時の市場心理

このロールリバーサルが発生すると、市場心理はどのようになるのでしょうか。

例えば、なかなか上抜けないレジスタンスライン付近では、買いと売りの両方の注文が拮抗しています。 そして、どちらかの勢いが勝った場合、ブレイクした方向に対するトレンドが生まれやすいものです。

以下の図をご覧ください。

BTC/USDチャート

先程と同様に、高値と安値のそれぞれでレジスタンスラインとサポートラインを引くことができ、今度は下方ブレイクしています。

その後、ブレイクした方向に対してトレンドが発生しています。このように、複数回反応しているレジスタンスラインをブレイクした後には、その方向に対するトレンドが発生しやすい傾向があります。

注意しなければならないのは、レジスタンスラインをブレイクしたからといってそのまま勢いよくその方向に向かい続けるわけではありません。ブレイク後も、小さな利ザヤを狙うトレーダーや、本当のブレイクではない(騙し)と考え、ブレイク方向とは反対の注文を出すトレーダーも当然存在します。

暗号資産の世界ではこのブレイク後にイナゴという追随してポジションを取ってくる投資家を一旦無理やり清算に追い込むような形状を作ることもあるため、暗号資産では「騙し」かどうかすぐに判断は難しい場合も多いです。

しかし、ロールリバーサルは多くの投資家に知られており、その後もサポートラインを意識した取引が展開されていきやすいです。

次の図をご覧ください。

BTC/USDチャート

前回のレジスタンスラインをブレイクした後は、節目として市場のトレーダーたちに強く意識されます。

そのため、サポートラインを割りそうになれば買い注文が入るなど、今度はその節目を意識した取引が展開される場面もあります。このことを把握しておけば、エントリーポイントや利益確定の手がかりになるでしょう。

ロールリバーサルは材料の一つといて判断する

ロールリバーサルは、相場が変化するときによく見られ、多くの投資家が参考にしています。

しかし、必ずこのパターンに毎回当てはまるわけではなく、あくまでパターンの一つでしかないということを意識しておきましょう。 取引を行う上で、ロールリバーサルは基本的なパターンの一つであり、簡単に判断でき市場分析で大いに役に立つものになります。

市場に参加しているトレーダー達ならばほとんどが知っているパターンなので、市場心理の理解にもつながります。また、なぜこのような動きになるのか心理的背景も理解しやすいパターンなので、必ずチャート分析時にはチェックしておきましょう。

慣れてきたら他のテクニカルと併用してチェックすること

最後にロールリバーサルのみで常勝できるほど相場は甘い世界ではありません。

そのトレンドが継続するのかどうかを判断するために、他のテクニカルを併用したりしてチェックしましょう。

例としてはフィボナッチリトレースメントを利用して「半値戻し」の位置とロールリバーサルの位置が合致していないかや、オシレーター系を利用して市場の過熱感と併せてチェックして騙しになりやすいかどうか等をチェックすることが有用です。

ぜひ挑戦してみてください。

寄稿者:中島 翔sweetstrader3
学生時代にFX、先物、オプションを経験し、FXをメインに4年間投資に没頭。あおぞら銀行でMBS投資業務に従事。三菱UFJモルガンスタンレー証券へ転職し、外国為替のスポット、フォワード、オプショントレーダー、Coincheckでの仮想通貨トレーディングとトレーダーを経験し、その後NYブロックチェーン関連のVCに所属 。投資ブログ「FXの車窓から」を運営【保有資格】証券アナリスト


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します