CoinPostで今最も読まれています

仮想通貨(ビットコイン)取引はいくらから可能?初心者おすすめ取引方法や取引所について解説

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

米国を中心とした大企業や機関投資家の参入により、一時はバブルの様相を呈した暗号資産(仮想通貨)市場。ビットコイン(BTC)は、21年11月に過去最高値である770万円を記録しました。このビットコインを保有するために、数百万円のお金を用意しないと取引出来ないと思っている方も、中にはいらっしゃるかもしれません。

しかし、ビットコインは誰でも手軽に保有できる金融資産の1つです。今回は、仮想通貨(ビットコイン)取引に必要な最低資金について説明し、少額取引向けの取引方法や取引所についても解説していきます。

目次
  1. ビットコインの少額取引、必要最低資金は?
  2. ビットコインの少額取引で利益を狙う
  3. ビットコインの少額取引にかかる費用
  4. ビットコインの少額取引が出来るおすすめ取引所
  5. まとめ:まずは1,000円からビットコインを少額取引

1.ビットコインの少額取引、必要最低資金は?

仮想通貨の代表格であり、最も目にする機会が多いであろうビットコインの価格は、1.0BTC換算で表示されています。つまり、1BTC購入するのであれば、数百万円の資金がなければ保有することはできません。

しかし、実際に仮想通貨取引所で取引を行う場合、「0.01BTC」「0.001BTC」と1BTC以下の価格でも購入可能です。つまり、1BTCあたりの価格の100分の1、1,000分の1などの少額からでも取引でき、中には1円から購入できる取引所も存在します。これは、アルトコイン(ビットコイン以外の仮想通貨)にも同じことが言えます。

資金が十分にある方でも、ますは少額から取引を始め、少しずつ経験を積んでいくことをおすすめします。

2.ビットコインの少額取引で利益を狙う

少額取引でも十分な利益を狙える取引方法は存在します。それが以下の2つです。

1積立投資
2レバレッジ取引

2-1 定期的に購入する積立投資

積立投資とは、一定の間隔を保ちながら金融資産を購入し、長期保有する投資方法です。株式投資やFXと同様に、仮想通貨取引においても、一度で多額の資金を投機する必要はありません。

毎週、あるいは毎月、一定額分を購入し続け、長期的に通貨を保有する「ドルコスト平均法」という投資戦略があるのです。例えば、毎週1,000円分ずつ購入した場合、1年間で50,000円ほど積立できます。

また、購入する日をあらかじめ決めておくので、常に相場に張り付く必要がなく、ある程度放置することも可能です。そのため、積立投資は特に仮想通貨初心者や本業が忙しい方へおすすめできる投資方法です。

即実践できる、相場に左右されない積立投資|ドルコスト平均法とは
投資未経験者でもすぐに実践でき、リスク回避をしつつリターンを見込める投資手法「ドルコスト平均法」について解説。
仮想通貨相場の安定した稼ぎ方|複数の取引所を開くメリットと分散投資のすすめ
相場の不確実性から発生しうるリスクを回避するにはどうしたらよいのか。投資初心者向けに積立投資、複数口座から投資と2つの観点から解説。

2-2 短期間で大きな利益を狙えるレバレッジ取引

レバレッジ取引とは、取引所の定めるレバレッジをかけて、少ない資金で大きな資金を動かす取引方法です。国内の取引所では、最大2倍までのレバレッジをかけることができます。

ただ、レバレッジは大きな利益を狙える反面、損失額も相応に大きくなるため、リスク管理の徹底が必要です。まずは、通常の取引で十分な経験を積んだ上で、実践することをおすすめします。

ビットコインのショートポジション活用法と資産運用のためのレバレッジ取引
レバレッジ取引は、少ない資金で倍率をかけることで資金効率に秀でる一方、大きなリスクも内包する。適切なレバレッジ取引の方法を解説。

3.ビットコインの少額取引にかかる費用

株式投資やFXと同様に、仮想通貨取引でも通貨購入費用以外に、さまざまな場面で別途費用が発生します。仮想通貨取引にかかる費用は、大きく分けて以下の3つです。

1入金、出金手数料
2仮想通貨の購入資金
3取引手数料とスプレッド

3-1 取引手数料とスプレッド

仮想通貨取引所に対して支払う取引手数料については、利用する取引所によって異なりますが、一般的には0.1%〜0.3%に設定されています。取引所によっては、手数料は無料で取引が可能です。

しかし、エントリー時に発生するスプレッドが広いこともあるため注意しましょう。

スプレッドとは、取引時で購入、または売却する際に支払う「買値と売値の差額」を指します。スプレッドは購入通貨量によって異なりますが、販売所や取引所で行う全ての取引に発生するため、資金量が増えれば増えるほど、スプレッドを考慮した上でエントリーする必要があります。

3-2 入金、出金の手数料

最後は、自己資金を取引所の口座に移す際、また、口座から個人の銀行口座に移す際、発生する入出金手数料についてです。最近では、入出金手数料が無料の取引所は多いですが、取引所によっては少額(数百円程度)の入出金手数料が発生します。

また、入出金の手段によっては、別途振込手数料が発生する場合もあります。仮想通貨通貨取引における、入出金の方法は主に2つです。

1銀行振込
2クイック入金

銀行振込は最もスタンダードな方法で、お近くの銀行やコンビニなどのATMから取引所口座へ入金、出金を行う方法です。振込手数料は300〜500円ほどかかることが多く、銀行によっては営業時間外の振込は翌日入金、出金になる場合もあります。また、海外在住の方や海外の取引所口座へ送金する場合、数千円の手数料が発生するので注意しましょう。

クイック入金とは、パソコン、携帯電話、ATMなどから直接取引所へ送金できる金融サービスです。24時間365日対応しており、金融機関の営業時間に左右されず、入金が行えます。また、一部の取引所を除き、振込手数料無しで送金可能です。非常に手軽に入金し、すぐに取引を始めることができるため、初心者にもおすすめできます。

4.ビットコインの少額取引が出来るおすすめ取引所

前述のように、仮想通貨取引時に必要な資金は、取引所によってかなり異なります。ここでは、各取引所の特徴を踏まえた上で、どの取引所が初心者におすすめか解説します。

4-1 手数料無料ならGMOコイン

次は、国内取引所の中でトップクラスの人気を誇るGMOコインについてです。

GMOコインは、必要最低資金が非常に少額であることに定評があります。口座への最低入金額は1,000円/回で、各種手数料は全て無料です。さらに、24時間365日取引でき、APIを使った自動売買取引なども魅力的でしょう。1,000円あればいつでもどこでも取引できるGMOコインは、少しでも費用を抑えたい方へとてもおすすめの取引所です。

多様な仮想通貨取引が可能なGMOコイン 初心者にもおすすめな理由とは
東証1部上場企業「GMOインターネット」グループ運営の仮想通貨取引所GMOコインの特徴や初心者におすすめできる魅力を解説。

4-2 SBIVCトレード

SBI VCトレード株式会社は2017年5月26日に設立され、仮想通貨の交換・取引サービス、システムの管理・運営を行う仮想通貨(暗号資産)取引所です。

親会社のSBIホールディングスは東証プライム上場企業。ネット証券No.1の「SBI証券」を擁するなど、国内最大級の金融コングロマリットとしても知られています。

2020年10月には、2017年に設立されヤフーグループの完全子会社として暗号資産取引所を運営するTaoTao株式会社もSBIホールディングス傘下に入りました。

SBI VCトレードは、暗号資産・ブロックチェーン事業者向けのエンタープライズサービスを開発・提供するGincoとの共同開発で、暗号資産を利用せず日本円だけでNFT(非代替性トークン)売買可能なウォレットサービス「SBI Web3ウォレット」を開発するなど、NFT関連事業にも意欲的です。

購入したNFTは、SBI VCトレードがカストディサービスとして預かる仕組みを採用しており、専門知識の必要なデジタルウォレット管理が簡略化されるメリットがあります。

グループ会社のSBINFT株式会社は、株式会社スマートアプリが開発していたNFTマーケットプレイス「nanakusa」をリブランディングする形で誕生した「SBINFT Market」を運営しており、「SBI Web3ウォレット」とも高いシナジーが見込めます。

5.まとめ:まずは1,000円からビットコインを少額取引

今回は、初心者の方向けに、仮想通貨取引が可能な最低資金や取引方法について説明しました。結論、おすすめした取引所であれば、1,000円を自己資金として用意するだけで取引を始めることができます。

また、積立投資やレバレッジ取引を活用することで、少額な資金であっても大きな利益を見込めるでしょう。振込手数料や入出金手数料など、仮想通貨購入以外でも資金が必要になる場合があります。口座開設前に、あらかじめ取引所について調べてから開設することがおすすめです。

いきなり用意した自己資金を全て投資するのではなく、まずは少額の投資から初めて仮想通貨市場について勉強していくことでリスクを最小限に抑えつつ成長していくことができます。

ビットコイン投資の始め方はこちらをチェック

様々な仮想通貨を購入したい方は、取引所別の取り扱い銘柄を確認してみてください。

ビットコインETF特集
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
07/24 水曜日
07:45
イーサリアム現物ETF、初日出来高1550億円超
23日に取引が開始された仮想通貨イーサリアムの現物ETFの合計出来高は1550億円超に。取引開始に米議員や仮想通貨業界が反応している。
07:15
「ビットコイン2024」のオーガナイザー、ハリス米副大統領の講演について交渉中
ハリス氏はすでに指名獲得に必要な過半数の代議員から支持を得ているが、仮想通貨へのスタンスは未だ表明していない。
06:50
ソラナ初のプライベート・クレジット・ファンド、米大手投資会社ハミルトン・レーンが立ち上げ
運用・監督資産143兆円超の米ハミルトン・レーンは23日、ソラナブロックチェーン上のプライベート・クレジット・ファンド「SCOPE」の立ち上げを発表した。
06:15
トランプ氏、ビットコイン否定派JPモルガンのダイモンCEOの財務長官指名を否定
トランプ氏は24日に、ビットコインに懐疑的なJPモルガンのジェイミー・ダイモンCEOや、ブラックロックのフィンクCEOの財務大臣指名の噂を否定した。
06:00
クラーケン、ビットコインをマウントゴックス債権者に返済開始 売圧警戒も
多くのビットコインが同時に売却される可能性が警戒され、仮想通貨BTCは23日深夜66,000ドル台を下回った。
07/23 火曜日
18:00
AILayerとは|AIとWeb3を融合するAI駆動のビットコインLayer 2ソリューション
AIとブロックチェーン技術を統合させた、ビットコインLayer 2ソリューション「AILayer」について、特徴やメリットなどを詳しく解説します。
17:40
ブラックロックのビットコインETF、ナスダックETF上回る年初来資金流入額4位に
ブラックロックのビットコイン現物ETF「iシェアーズ・ビットコイン・トラスト」は、ナスダックQQQを超える資金流入を記録。フィデリティも上位にランクイン。イーサリアムETFの発売も迫る中、投資家の関心が高まる。
15:28
ミームコインが4~6月の仮想通貨市場を席巻=CoinGecko
2024年第2四半期の仮想通貨市場でミームコインがWeb Trafficを席巻し、市場シェア14.3%を獲得。暗号資産(仮想通貨)市場におけるミームコインの注目度と、ビットコイン市場動向を詳しく解説。
14:15
時価総額が355兆円規模に、上半期の仮想通貨市場=バイナンスレポート
仮想通貨取引所大手バイナンス、2024年上半期の仮想通貨市場についてのレポートを発表。仮想通貨の時価総額は年初から37.3%増加し、355兆円の規模に拡大したと報告した。
13:20
トランプ氏が大統領再選の場合、ゲンスラーSEC委員長早期退任か=10x Research
10x Researchは、トランプ氏が大統領再選の場合、仮想通貨に批判的なゲンスラーSEC委員長は退任する可能性が高いと意見した。
12:11
ビットコイン67000ドル台で推移、ブラックロックETFへの資金流入は今年3月以来の最大規模に
SECが暗号資産(仮想通貨)イーサリアムETFの最終承認を行う中、ブラックロックのETF「iShares Bitcoin Trust(IBIT)」への資金流入は4ヶ月ぶりの規模に膨らんだ。ビットコイン・カンファレンス開催でのトランプ大統領の発言にも注目が集まる。
11:20
Ondoの米国債担保ステーブルコインUSDY、Cosmosエコシステムに展開
資産トークン化企業Ondo Financeは22日、米国債担保のステーブルコインOndo US Dollar Yield(USDY)をCosmosエコシステムに展開した。
11:02
デジタルアセットマーケッツ、RWAトークンを世界展開へ
RWAトークンのグローバル展開を推進するため、デジタルアセットマーケッツが韓国のWeb3企業CREDERと提携。CREDERは、RWAのトークン化を専門とする企業である。
10:45
仮想通貨「Avail」、取引所バイビットなどに新規上場へ
モジュラー・ブロックチェーン「Avail」による新規発行の仮想通貨「AVAIL」はバイビットなど複数の取引所へ新規上場する予定だ。
10:02
米仮想通貨業界団体、ハリス米副大統領に3つの要望
米国のデジタル商工会議所は、バイデン氏の後任候補ハリス副大統領に書簡を送付。仮想通貨の支持や育成を呼びかけた。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア