CoinPostで今最も読まれています

仮想通貨(ビットコイン)取引はいくらから可能?初心者おすすめ取引方法や取引所について解説

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

米国を中心とした大企業や機関投資家の参入により、一時はバブルの様相を呈した暗号資産(仮想通貨)市場。ビットコイン(BTC)は、21年11月に過去最高値である770万円を記録しました。このビットコインを保有するために、数百万円のお金を用意しないと取引出来ないと思っている方も、中にはいらっしゃるかもしれません。

しかし、ビットコインは誰でも手軽に保有できる金融資産の1つです。今回は、仮想通貨(ビットコイン)取引に必要な最低資金について説明し、少額取引向けの取引方法や取引所についても解説していきます。

目次
  1. ビットコインの少額取引、必要最低資金は?
  2. ビットコインの少額取引で利益を狙う
  3. ビットコインの少額取引にかかる費用
  4. ビットコインの少額取引が出来るおすすめ取引所
  5. まとめ:まずは1,000円からビットコインを少額取引

1.ビットコインの少額取引、必要最低資金は?

仮想通貨の代表格であり、最も目にする機会が多いであろうビットコインの価格は、1.0BTC換算で表示されています。つまり、1BTC購入するのであれば、数百万円の資金がなければ保有することはできません。

しかし、実際に仮想通貨取引所で取引を行う場合、「0.01BTC」「0.001BTC」と1BTC以下の価格でも購入可能です。つまり、1BTCあたりの価格の100分の1、1,000分の1などの少額からでも取引でき、中には1円から購入できる取引所も存在します。これは、アルトコイン(ビットコイン以外の仮想通貨)にも同じことが言えます。

資金が十分にある方でも、ますは少額から取引を始め、少しずつ経験を積んでいくことをおすすめします。

2.ビットコインの少額取引で利益を狙う

少額取引でも十分な利益を狙える取引方法は存在します。それが以下の2つです。

1積立投資
2レバレッジ取引

2-1 定期的に購入する積立投資

積立投資とは、一定の間隔を保ちながら金融資産を購入し、長期保有する投資方法です。株式投資やFXと同様に、仮想通貨取引においても、一度で多額の資金を投機する必要はありません。

毎週、あるいは毎月、一定額分を購入し続け、長期的に通貨を保有する「ドルコスト平均法」という投資戦略があるのです。例えば、毎週1,000円分ずつ購入した場合、1年間で50,000円ほど積立できます。

また、購入する日をあらかじめ決めておくので、常に相場に張り付く必要がなく、ある程度放置することも可能です。そのため、積立投資は特に仮想通貨初心者や本業が忙しい方へおすすめできる投資方法です。

即実践できる、相場に左右されない積立投資|ドルコスト平均法とは
投資未経験者でもすぐに実践でき、リスク回避をしつつリターンを見込める投資手法「ドルコスト平均法」について解説。
仮想通貨相場の安定した稼ぎ方|複数の取引所を開くメリットと分散投資のすすめ
相場の不確実性から発生しうるリスクを回避するにはどうしたらよいのか。投資初心者向けに積立投資、複数口座から投資と2つの観点から解説。

2-2 短期間で大きな利益を狙えるレバレッジ取引

レバレッジ取引とは、取引所の定めるレバレッジをかけて、少ない資金で大きな資金を動かす取引方法です。国内の取引所では、最大2倍までのレバレッジをかけることができます。

ただ、レバレッジは大きな利益を狙える反面、損失額も相応に大きくなるため、リスク管理の徹底が必要です。まずは、通常の取引で十分な経験を積んだ上で、実践することをおすすめします。

ビットコインのショートポジション活用法と資産運用のためのレバレッジ取引
レバレッジ取引は、少ない資金で倍率をかけることで資金効率に秀でる一方、大きなリスクも内包する。適切なレバレッジ取引の方法を解説。

3.ビットコインの少額取引にかかる費用

株式投資やFXと同様に、仮想通貨取引でも通貨購入費用以外に、さまざまな場面で別途費用が発生します。仮想通貨取引にかかる費用は、大きく分けて以下の3つです。

1入金、出金手数料
2仮想通貨の購入資金
3取引手数料とスプレッド

3-1 取引手数料とスプレッド

仮想通貨取引所に対して支払う取引手数料については、利用する取引所によって異なりますが、一般的には0.1%〜0.3%に設定されています。取引所によっては、手数料は無料で取引が可能です。

しかし、エントリー時に発生するスプレッドが広いこともあるため注意しましょう。

スプレッドとは、取引時で購入、または売却する際に支払う「買値と売値の差額」を指します。スプレッドは購入通貨量によって異なりますが、販売所や取引所で行う全ての取引に発生するため、資金量が増えれば増えるほど、スプレッドを考慮した上でエントリーする必要があります。

3-2 入金、出金の手数料

最後は、自己資金を取引所の口座に移す際、また、口座から個人の銀行口座に移す際、発生する入出金手数料についてです。最近では、入出金手数料が無料の取引所は多いですが、取引所によっては少額(数百円程度)の入出金手数料が発生します。

また、入出金の手段によっては、別途振込手数料が発生する場合もあります。仮想通貨通貨取引における、入出金の方法は主に2つです。

1銀行振込
2クイック入金

銀行振込は最もスタンダードな方法で、お近くの銀行やコンビニなどのATMから取引所口座へ入金、出金を行う方法です。振込手数料は300〜500円ほどかかることが多く、銀行によっては営業時間外の振込は翌日入金、出金になる場合もあります。また、海外在住の方や海外の取引所口座へ送金する場合、数千円の手数料が発生するので注意しましょう。

クイック入金とは、パソコン、携帯電話、ATMなどから直接取引所へ送金できる金融サービスです。24時間365日対応しており、金融機関の営業時間に左右されず、入金が行えます。また、一部の取引所を除き、振込手数料無しで送金可能です。非常に手軽に入金し、すぐに取引を始めることができるため、初心者にもおすすめできます。

※Coincheckでは2022/10/19 より、コンビニ入金・クイック入金を再開しました。

4.ビットコインの少額取引が出来るおすすめ取引所

前述のように、仮想通貨取引時に必要な資金は、取引所によってかなり異なります。ここでは、各取引所の特徴を踏まえた上で、どの取引所が初心者におすすめか解説します。

4-1 1円から仮想通貨が買えるLINE BITMAX

LINE BITMAXは、LINE株式会社の子会社で仮想通貨・ブロックチェーン事業を展開するLVC株式会社がローンチした仮想通貨取引サービス。

全取り扱い銘柄を1円から購入できるため、最小限の資金で仮想通貨取引ができます。また、他の取引所と比較し狭い水準のスプレッドで取引でき、LINE Payへの出金手数料は110円と業界最安値帯であるため、初心者におすすめの仮想通貨取引サービスです。

LINE BITMAXとは|国内屈指のSNS「LINE」が提供する仮想通貨取引サービス
LINEの子会社が運営する仮想通貨取引サービスLINE BITMAX。初心者向けにおすすめのポイントや注意点、関連サービスなど解説。

4-2 初心者に最適なコインチェック

国内最大規模の仮想通貨取引所コインチェックは全17種類の仮想通貨を取り扱っており、どの通貨であっても最低500円から購入できます。振込方法によっては振込手数料が発生し、出金手数料は一律400円ほどです。

しかし、入金手数料が無料なことや、最低購入額が500円であるという点を考えると、初心者にとっても取引のハードルはかなり低いでしょう。取扱通貨が多様なことも踏まえると、まずはコインチェックで口座開設し取引することをおすすめします。

コインチェックとは|投資家向け3つのおすすめポイント
東証一部上場企業であるマネックスグループ傘下の国内大手仮想通貨取引所コインチェックについて、特徴やおすすめできる点について解説。

4-3 手数料無料ならGMOコイン

次は、国内取引所の中でトップクラスの人気を誇るGMOコインについてです。

GMOコインは、必要最低資金が非常に少額であることに定評があります。口座への最低入金額は1,000円/回で、各種手数料は全て無料です。さらに、24時間365日取引でき、APIを使った自動売買取引なども魅力的でしょう。1,000円あればいつでもどこでも取引できるGMOコインは、少しでも費用を抑えたい方へとてもおすすめの取引所です。

多様な仮想通貨取引が可能なGMOコイン 初心者にもおすすめな理由とは
東証1部上場企業「GMOインターネット」グループ運営の仮想通貨取引所GMOコインの特徴や初心者におすすめできる魅力を解説。

5.まとめ:まずは1,000円からビットコインを少額取引

今回は、初心者の方向けに、仮想通貨取引が可能な最低資金や取引方法について説明しました。結論、おすすめした取引所であれば、1,000円を自己資金として用意するだけで取引を始めることができます。

また、積立投資やレバレッジ取引を活用することで、少額な資金であっても大きな利益を見込めるでしょう。振込手数料や入出金手数料など、仮想通貨購入以外でも資金が必要になる場合があります。口座開設前に、あらかじめ取引所について調べてから開設することがおすすめです。

いきなり用意した自己資金を全て投資するのではなく、まずは少額の投資から初めて仮想通貨市場について勉強していくことでリスクを最小限に抑えつつ成長していくことができます。

コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
12/06 火曜日
18:03
ゴールドマンサックス、仮想通貨企業の買収に意欲=報道
金融大手ゴールドマンサックスが不特定多数の仮想通貨関連企業の買収を検討していることがわかった。デジタル資産部門の責任者は、インタビューで長期視点では将来性を評価する姿勢を崩していないと語った。
17:28
Maple Finance、FTX破綻の余波で42億円の不良債権か
DeFi融資プラットフォームMaple Financeは、ヘッジファンドOrthogonal Tradingが債務超過に陥り、M11 Creditが約42億円の不良債権を負ったことを発表した。
14:45
ブテリン氏が期待寄せるイーサリアムの活用法5選
イーサリアムの共同創設者ヴィタリック・ブテリン氏はブログで、イーサリアムのエコシステムの中で最も「エキサイティング」だと考えるユースケースを五つ選んで紹介した。
14:19
分散型永久オプション市場「Panoptic」、6億円を調達
イーサリアムブロックチェーン上で永久オプションを構築するDeFi(分散型金融)プロトコル「Panoptic」は、約6億円を調達したことを発表した。gumi Cryptos Capitalがリードインベスターを務めた。
13:30
Oasys、戦略的投資ラウンドとパブリックセール完了
日本発のゲーム特化型ブロックチェーンプロジェクトOasys(OAS)は戦略的投資ラウンドとパブリックトークンセールの完了を発表。MZ Web3 ファンドやNexonなどが出資ラウンドに参加した。
12:03
米株下落でビットコイン連れ安、アクシー(AXS)は一時前日比20%
ISM非製造業景況指数を受け米株指数が売られたことで暗号資産(仮想通貨)も冴えない。国内取引所bitbank上場が発表されたブロックチェーンゲームのアクシー(AXS)が一時20%高まで上昇した。
12:00
Aave、SonarをLens Protocolに統合
分散型ソーシャルメディアプラットフォームLens Protocolが、ソーシャルモバイルメタバースSonarの買収を発表した。今後Sonarは同プロトコルを統合していく予定だ。
11:25
米サークル社、SPACによる上場を延期へ
主要ステーブルコインのUSDCを提供する米サークル社は、ニューヨーク証券取引所にSPAC上場の相互的な解消を発表した。長期的な上場企業になる目標は依然として変わらない。
10:00
米リップル社とSEC、裁判所に最終書類を提出
米リップル社とSECは、仮想通貨XRPの有価証券問題を巡る裁判で、略式判決の動議書に対する回答を提出。約2年継続した裁判は、最終局面に入ったとみられる。
09:32
ツイッター、独自仮想通貨発行か
米ツイッター社は、独自通貨Twitter Coinを開発している可能性が浮上。仮想通貨に対応した投げ銭機能で使用されるとみられ、ツイッターコインは仮想通貨である可能性がある。
09:30
レンディングのNexo、米市場から撤退
仮想通貨融資企業Nexoは、米国から数か月をかけて段階的に撤退すると発表した。米国の州および連邦規制当局との対話に行き詰まったことを理由としている。
12/05 月曜日
16:50
bitFlyer、ZPG取り扱い開始へ
国内仮想通貨取引所bitFlyerが金(ゴールド)価格との連動を目指すジパングコイン(ZPG)の取り扱いを開始すると発表。基盤技術としてbitFlyer Blockchainのmiyabiを採用している。
14:30
TEAMZ WEB 3.0 SUMMITが開催決定
TEAMZは11月29日、日本最大級となるWeb3カンファレンス「TEAMZ WEB 3.0 SUMMIT 2023」の開催日を発表。来年4月6日(水)〜7日(木)の2日間の日程で東京・虎ノ門ヒルズで開催される。
14:20
ETH時価総額、BTCを追い抜けるのか丨動画解説
なぜ有識者はイーサリアムの時価総額がビットコインを抜かせると考えるのか?大型アップグレード「マージ」で変化した重要点など、市場の売り圧力についてWeb3企業HashHubの平野CEOが解説。
13:15
運営停止中のAAX、業務再開は困難か
運営停止中の仮想通貨取引所 Atom Asset Exchangeが、FTX破綻後の次なる犠牲となるのか憶測が広まっている。11月末に辞任したコミュニケーション担当責任者は、同取引所が通常業務を再開するよりも、「法的手続きに移行する」可能性の方が高いと指摘した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2022/10/14 ~ 2022/12/31
東京 東京都渋谷区宇田川町
2022/12/06 13:30 ~ 15:00
その他 京都市下京区中堂寺南町/オンライン
重要指標
一覧
新着指標
一覧