PundiX 情報(日本語要約)

01/12 火曜日
16:41

Function X: Hash Out(12月号)

Function X Testnet 3.0では、ユーザーが個人のブロックチェーンでクロスチェーン機能を実行することができる。今月号では、ユーザーがERC-20トークンをFunctionXブロックチェーンに送信できるようになる。
[出典元]
01/11 月曜日
17:45

2020まとめ

2021年1月11日、2020年のまとめを発表。
[出典元]
01/10 日曜日
12:01

2020年Q4に関する進捗報告

Pundi X Associate Counsel & Country ManagerであるKrishnan Sri Balan氏を特別のゲストとして、2020年Q4の報告を行なった。Balan氏は、国防省と教育省で防衛アナリストとして働いており、量的および定的分析のための高度な技術の用いて、いくつかの任を果たしてきた。
[出典元]
01/08 金曜日
10:37

四半期ごとの進捗レポートを発表へ

2021年最初のライブビデオセッションでCEO兼共同創設者が主催する四半期ごとの進捗レポートを発表。
[出典元]
12/15 火曜日
13:54

Function Xロードマップの概要を発表

Function Xは2021年のロードマップの概要について発表を行なった。ロードマップは、ペイメント、ブロックチェーン、De-Fiの3パートに分かれており、各パート毎の進捗状況も公開された。また、ユーザーからのよくある質問として、「Synthetic AssetsとDEXとは何か」については、12月のHashOutの記事で詳しく説明をする予定となっている。
[出典元]
12/11 金曜日
15:53

英国企業Rampとの提携に関するお知らせ

仮想通貨アプリのインフラストラクチャー開発を担う英国企業のRampとの提携を発表。XPOSディストリビューターとマーチャントにおけるエクスペリエンスの改善を行った。また、XPOSユーザーに、銀行、デビットカード、ApplePayを介し、DAIにEURまたはGBPを入金する方法を提供。
[出典元]
12/10 木曜日
20:06

月例報告: 2020年11月のまとめ

進行中の分散型XWalletバージョンがFunctionXファミリーの一部となった。また、3周年記念によるお祝い活動があり、その間チームは新しい言語サポートの統合やマーチャントポータルへの便利な機能の追加に取り組んでいる。
[出典元]
12/09 水曜日
19:47

Pundi Xの3周年記念による特典付与に関するお知らせ

Pundi Xの3周年を記念して、XWalletに30,000枚以上のNPXSを保有しているユーザーは、抽選で3名様に限り、NPXSの保有枚数を増加させるチャンスがある。
[出典元]
14:19

ARROトークンをXPOSとXWalletに追加へ

分散型ソーシャルメディアトークンのARROがXPOSプラットフォームとXWalletアプリに追加される。XPOSデバイスにARROが追加されることで、世界中の多くの実店舗で使用可能となる。また、XWalletにおいても、幅広いオーディエンスにリーチする機会となる。
[出典元]
12/08 火曜日
16:44

フィンテック認定証の更新に関するお知らせ

Pundi Xは、シンガポールフィンテック協会よりフィンテック認定証の更新が行われたことを発表。
[出典元]
16:43

偽物のPundi Xウェブサイトに関する注意喚起

偽物のPundi Xウェブサイトが存在するため、ユーザーに対して注意喚起をアナウンス。
[出典元]
12/01 火曜日
12:14

Function X: Hash Out(11月号)

テストネット1.0は2020年6月に、テストネット2.0は2020年9月にリリースされ、次のテストネット3.0は2020年12月にリリースされる予定となっている。テストネット3.0ではイーサリアムに接続されたリレーノードの作成を可能にするため、クロスチェーン機能を直接体験することができる。
[出典元]