フォビトークン(HT)|投資情報・リアルタイム価格チャート

ニュース 基礎情報 関連記事
05/27 (金)
Huobi、南米仮想通貨取引所Bitexを買収
仮想通貨取引所大手Huobi Globalは26日、ラテンアメリカ発の仮想通貨取引所Bitexを買収したことを発表した。
CoinPost
02/22 (火)
フォビジャパン、パブリックブロックチェーン「Huobi Eco Chain(HECOチェーン)」提供開始へ
仮想通貨取引所フォビジャパンの運営は、フォビグループの独自ブロックチェーンHuobi Eco Chainを提供予定を発表。
CoinPost
11/10 (水)
仮想通貨取引所Huobi、シンガポールでサービス停止予定
グローバル仮想通貨取引所Huobi Globalは10日、シンガポールでサービス停止する予定を発表した。
CoinPost
11/02 (火)
Huobi Group、NFTマーケットプレイスを試験的ローンチ
Huobi Groupは1日、独自のNFTマーケットプレイスの試験的ローンチを発表した。メタバース事業を強化する施策だ。
CoinPost
10/16 (土)
「六本木の焼肉店でフォビトークン決済」仮想通貨取引所フォビジャパンが導入
仮想通貨取引所フォビジャパンは、独自通貨フォビトークン(HT)の実需決済を開始。六本木の焼肉店で、期間限定でHTでの決済が可能になった。
CoinPost
09/27 (月)
ビットコイン週末相場、中国全面禁止方針もプラス推移 
中国人民銀行が24日、仮想通貨(暗号資産)を全面的に禁止すると発表したことを受け急落したビットコイン価格を受け、週末市場は上下に揺さぶられる展開が続いた。
CoinPost
09/15 (水)
フォビベンチャーズ、GameFiへ初期投資する新規ファンドを立ち上げ
Huobi GlobalのVC部門であるフォビベンチャーズは新たに11億円に相当するファンドを立ち上げた。最先端のGameFiプロジェクトに投資するという。
CoinPost
09/07 (火)
タイ証券取引委員会、Huobi Thailandのライセンス停止を要請へ
タイSECは4日、仮想通貨取引所Huobi Thailandの交換業ライセンスを全面的に停止する方針を表明。今春より当局から改善を求められていた項目が基準に達することができていなかった。
CoinPost
08/17 (火)
スペイン当局、HuobiとBybitを含む12の金融企業に警告
スペインの国家有価証券市場委員会が16日、仮想通貨取引所を含む複数の金融企業に対して営業の権限がないと警告した。
CoinPost
06/29 (火)
Huobi Global、中国居住者の仮想通貨デリバティブ取引を禁止
中華系大手仮想通貨取引所Huobi Globalは利用規約を更新し、デリバティブ取引の禁止対象国に中国を新たに追加していた。
CoinPost

Huobiトークン(HT)の概要

Huobiトークン(HT:フォビトークン)とは、中華系の大手仮想通貨取引所であるHuobi Globalが発行する独自トークンだ。Huobiトークンは、イーサリアムブロックチェーン上で発行されている、ERC-20規格のトークンとなる。

Huobiトークンの特徴の一つが、流通量調整を目的として、トークンのバーン(焼却)を実施していることだ。このトークンバーンは、Huobiトークン保有者で構成されるガバナンスにて、投票によって決定された施策だ。

Huobiトークンは主に、Huobi運営の取引所およびHuobi開発の独自ブロックチェーン「Huobi ECO(HECO)チェーン」上で、以下の用途に使用されている。

  • 送金
  • 決済
  • トレード
  • 取引手数料の割引:Huobiトークン保有量に応じて手数料を割引
  • ガバナンス:コミュニティがHuobi Globalに提出した提案を、Huobiトークン保有者が投票により決定(支持率50%以上で可決)
  • HECOチェーン

    HECOチェーンで最も特徴的なサービスが、「メタトランザクション(Meta Transaction)」と呼ばれる機能だ。これは、Huobiトークン保有者を対象にした、一種の優遇策だ。

    メタトランザクションでは、Huobiトークン保有量に応じてユーザーが7つのグレードに分けられており、グレード毎に課されるガス代が異なっている。Huobiトークン保有量が多ければ多いほど、支払うガス代が少なくて済む仕組みだ。

    ユーザーが支払わなかった分のガス代はHECOが負担することにより、Huobiトークン保有者は、他のユーザーよりも低コストで、HECO上のサービスを利用できる。

    HECOチェーンまた、イーサリアムブロックチェーンを基盤にしているため、スマートコントラクトの実行が可能となっており、クロスチェーンでのトランザクションもサポートしている。

    国内取引所

    Huobi Globalは、日本国内ではHuobi Japanとして仮想通貨交換業ライセンスを19年1月に取得。20年6月に、Huobiトークンの取扱いが国内で開始されている。