CoinPostで今最も読まれています

大手仮想通貨取引所HuobiのHTトークン、月次バーン量が過去最高に

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

Huobiトークンのバーン

中華系大手仮想通貨取引所Huobi Globalが発行する独自トークン「Huobi Token(HT/フォビトークン)」の月次バーン(焼却)量が、過去最高に達した。

Huobiでは、前月収益の約20%に相当するHTを毎月バーンすることにより、供給量を減少させ、流通量を調整している。21年2月15日時点のデータによると、21年1月1日から31日までの収益を対象にした最新のバーンでは、約1,100万HT(約61億3,600万円)が焼却された。この数字は、660万HT(約23億3,700万円)をバーンした前回(20年12月)と比較すると、116%増加しており、Huobiの増益が窺える。

出典:Huobi

HTとは

Huobi Token(HT)とは、Huobi Globalがイーサリアムブロックチェーン上で発行したERC-20規格のトークンだ。日本では20年6月に、Huobi Japanで上場している。

発行上限の5億HTが、18年1月のローンチ時に全て発行され、追加発行は予定されていない。この5億HTのうち、20%(1億HT)が運営チームへ、さらに20%(1億HT)がプラットフォーム運営費用へ、60%(3億HT)がHuobi Globalのポイントカードを購入したユーザーへのプレゼントとして、割り当てられている。

出典:Huobi

上述の月次バーンや、その他投資家保護を目的としたバーンが行われた結果、現在の総量約2億5,000万HTのうち、約1億9,600万HTが市場に流通している。

出典:Huobi

関連:フォビジャパン、独自仮想通貨「HT」を6月16日に上場へ【日本初】

HTの使用用途

HTは主に、Huobi運営の取引所および後述のHecoチェーンで、以下の用途に使用されている。

  • 送金
  • 決済
  • トレード
  • Huobiにおける取引手数料割引:HT保有量に応じて手数料を割引。
  • ガバナンス:コミュニティがHuobi Globalに提出した提案を、HT保有者が投票により決定。支持率50%以上で可決。

出典:Huobi

トークンバーン

HTの顕著な特徴の一つが、流通量調整を目的として、トークンバーンを実施していることだ。このトークンバーンは、HT保有者で構成されるガバナンスにて、投票で決定された。以前は四半期ごとに収益の約20%に相当するHTをバーンしていたが、20年2月以降は毎月バーンが実施されている。期間を四半期に一度から月に一度に変更する提案も、HT保有者のガバナンスで決定されている。

関連:HT(フォビトークン)3つの特徴の紹介

Hecoチェーンとは

HTは、上記の使用用途の他にも、Huobi ECO(Heco)チェーンと呼ばれるHuobi Group開発のブロックチェーン上でも利用されている。Hecoとは、開発者のイノベーション促進を目的に、20年12月にローンチされた比較的新しいプロダクトだ。

Hecoチェーンで最も特徴的なサービスが、「メタトランザクション(Meta Transaction)」と呼ばれる機能だ。これは、HT保有者を対象にした、一種の特典のようなものだ。メタトランザクションでは、HT保有量に応じてユーザーが7つのグレードに分けられており、グレード毎に課されるガス代(トランザクション手数料)が異なっている。要するに、HT保有量が多ければ多いほど、支払うガス代が少なくて済む。ユーザーが支払わなかった分のガス代は、Hecoが負担する。これによりHT保有者は、他のユーザーよりも低コストで、Heco上のサービスを利用できる。

出典:Huobi

また、トランザクションの高速処理もHecoの売りだ。公式資料によると、Hecoのブロック生成時間(間隔)は平均3秒で、TPS(Transaction Per Second/1秒間当たりに処理できるトランザクション数)は500超えだという。この数字は、HPoSと呼ばれるHeco独自のPoS(Proof-of-Stake)コンセンサスアルゴリズムを採用し、バリデーターの数を最大で21ノードに限定することにより、可能になっている。

その他にも、イーサリアムブロックチェーンを基盤にしているためスマートコントラクトの実行が可能であり、クロスチェーン(異なるチェーン間)のトランザクションもサポートしている。

このように、中央集権的取引所が独自トークンを用いて開発を行っている点、低コストおよび高速処理が特徴である点、ならびにスマートコントラクト実行が可能である点などは、バイナンスが開発を行うバイナンス・スマートチェーン(BSC)に非常によく類似している。

今後の開発計画

20年12月にローンチされたばかりのHecoは、現在開発の第一段階「Tinder」フェーズにある。このフェーズでは、トランザクション処理能力の向上やガス代削減、dApp(分散型アプリケーション)エコシステムの構築など、基本的な機能が実装される予定だ。

Tinderフェーズが完了すると、21年第三四半期を目処に、開発の第二段階「Spark」フェーズに入る予定だ。Sparkでは、開発者専用ツールキット、フォーラムおよび様々なコミュニティでの決定事項を通して、インフラを拡大していくという。Sparkに続いて22年第二四半期に予定されている第三段階の「Flame」フェーズでは、クロスチェーンプロトコルのアップデートが、23年第一四半期に予定されている第四段階の「Blame」フェーズでは、複数のバーチャルマシーンおよびシャード案の実装が、それぞれ計画されている。

注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
02/25 日曜日
11:00
週刊仮想通貨ニュース|WLD急騰や日本株の「七人の侍」に高い関心
今週は仮想通貨ワールドコインの急騰、ゴールドマン・サックスによる日本株の「七人の侍」の選定、コインベースからのビットコインの大口出金に関する記事が最も関心を集めた。
02/24 土曜日
17:10
米国債担保型トークンがアプトスで流通 オンボーディングも視野 
米国債のトークン化を進めるOndo FinanceとAptos Foundationが戦略的提携を発表。USDYトークンのAptos統合、DeFiプロトコルが採用を進めておりエコシステムがさらに拡大。暗号資産(仮想通貨)のロックアップ総額も上昇傾向にある。
14:00
SuiブロックチェーンがStardustと提携、Web3ゲーム開発促進へ
Web3ゲーム用ウォレットを手掛けるStardustが、Suiブロックチェーンの統合を発表。この提携により、Web3ゲームのエコシステムが強化され、新たなゲーム体験が提供される。暗号資産(仮想通貨)スイは時価総額トップ50にランクインした。
13:00
米トランプ前大統領、ビットコインに前向きな姿勢に変化か
米ドナルド・トランプ前大統領は「仮想通貨ビットコインとは共存できる」と発言。懐疑的だった以前よりもビットコインに前向きな姿勢を示した。
12:00
グレースケール、プライバシーテーマのインデックスETFを申請
グレースケール「匿名銘柄のインデックスETF」はデータ・プライバシー技術を開発する企業およびZcashに投資する。ビットコインETF以外の製品を増やす狙いだ。
11:00
米登録の投資アドバイザーCarson Group、iSharesなどのビットコインETFを顧客に提供
ブラックロックのIBITでの仮想通貨ビットコイン保有数は126,950 BTCで、45.3万 BTCを保有するGBTCにつぐポジションを維持。一方、グレースケールのGBTCを除けば現在時価総額が最も高いのはブラックロックのIBITで、66億ドルに相当する。
10:00
Matrixport、3月までにビットコイン6.3万ドルも視野
Matrixportは2024年3月までにビットコインが6万3,000ドルに達する可能性があると強気予測。現物ETF承認や利下げなど複数要因を背景に挙げた。
09:00
加速する仮想通貨リステーキング、a16zがEigenに150億円投資
仮想通貨ETHやSOLのリステーキング「ストーリー」は今年の代表的なテーマの1つであり、投資家の注目と資金を集めている。
07:45
アバランチ、約2時間ブロック確定停止
仮想通貨アバランチのブロックチェーンで、ブロックの確定に問題が発生。ノードのソフトウェアのアップグレードを実施し、約6時間後に解決したことが報告された。
07:15
Flare Network、初期投資家のトークンアンロックを延長 FLR価格20%以上上昇
今回新たに出資したFlareの既存投資家はFLRトークンのロックアップ期間を2026の1Qまで延長し、30日の日平均出来高の0.5%を超えないトークンの売却に同意した。
06:30
UniswapのUNIに利益分配を提案、トークン価格が50%急騰
今まで仮想通貨UNIトークンの保有者には、Uniswapの手数料が分配されない仕組みとなっているが、これが変わる可能性が出てきた。
05:45
bitFlyer、仮想通貨3銘柄新規上場へ
国内暗号資産取引所bitFlyerは3銘柄の新規取り扱いを開始する予定だ。今週2度目の銘柄リスティング発表となる。
02/23 金曜日
16:00
Valkyrie「イーサリアム現物ETFの承認には1〜2年はかかる」
米仮想通貨投資企業Valkyrieの最高投資責任者は、イーサリアム現物ETFは今後1、2年以内に承認される可能性があると意見した。
16:00
Web3とは|次世代を担う非中央集権的インターネット環境のメリットを解説
世界中で技術革新の進むインターネット環境は、今まさに新たな時代へと移り変わろうとしています。Web3(ウェブスリー)という言葉の意味やメリットについて詳しく解説します。
13:05
JPモルガンアナリスト「仮想通貨相場の力強い上昇は、個人投資家の関心の高まりが寄与」
JPモルガンはリテール投資家が、ビットコインなど2月の仮想通貨市場の上昇に寄与した可能性が高いと述べた。背景として3つの要因を挙げている。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2024/02/29 12:00 ~ 19:00
その他 オンライン
2024/03/01 19:00 ~ 21:30
東京 東京都千代田区
重要指標
一覧
新着指標
一覧