CoinPostで今最も読まれています

プロが解説:ビットコイン現物と先物を利用して「安定して利回りを得る」運用手法

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

ビットコイン現物と先物を利用する

仮想通貨市場では現在、株や為替など他の投資商品と同様に様々な種類の商品が出てくるようになりました。

2017年の仮想通貨バブルまでは現物とレバレッジ取引やFX取引のみで、日本ではレバレッジ取引が全体の取引高の9割を占めるようなマーケットでした。取引参加者もほとんどが個人投資家でしたが、現在は機関投資家の割合が増加しつつ、商品の多様化が進むようになっています。

その多様化した商品の一つに「先物取引」が登場しました。ここではその先物取引を利用して安定して利回りを得る手法をご紹介したいと思います。

現物取引と先物取引の違い

まず、現物取引と先物取引の違いについて説明します。

現物取引は「今」の価格で売買を行い、すぐに実際の仮想通貨を受け渡しを行う取引を指しています。機関投資家のOTC取引では、決済はT+0(当日決済)やT+1(翌日決済)で行われています。

一方で、先物取引は名前の通り「先日付の価格を売買すること」です。つまり先日付で必ず決めた値段で買えるように予約注文することになります。 商品例として、2020年6月26日の先物価格や、2020年9月25日の先物価格が現在売買されています。

先物価格から予測できるのは、投資家が「将来」の時点で価格が上昇方向で予想しているのか、下落方向で予想しているのかということです。

先物取引は、価格を先日付でロック(確定)させたいマイニング業者や投資家がヘッジ手段として利用することが多いですが、実はこれを利用して確実に安定した利回りを得る方法があります。

その方法を次からご紹介していきます。

仮想通貨を利用した安定利回りを得る手法とは

では、ここから本題に入ります。この手法の対象となる投資家は「仮想通貨(ビットコイン)を現物で長期間保有する人(予定の人)」です。1ヶ月程度の短期で引き出す可能性のある投資家は利用できないためご注意ください。

取引所は、限月がある先物商品を取り扱っているところであればどこでも可能な取引手法です。またロジックもシンプルであるため、簡単に行うことができます。

上記の画像は、先物に対応した仮想通貨取引所のBTCの2020年9月25日の先物価格とスポット価格を表示しています。 青色のラインの8834ドルがスポット価格、ローソク足の8984.5ドルが9月25日の先物価格です。

例として、投資家が現在2BTCを保有しているとします。

このBTCは、完全に長期保有目的で保有していると仮定します。現在投資家が抱えているリスクは「BTCの価格変動リスク」ということは誰でも理解できるでしょう。

では1BTC=100万円として、100万円分から200万円分の仮想通貨を入金するようにします。そして9月25日の先物価格である8984.5ドルで2BTC分のショートポジションを構築します。

ここでのポイントは下記になります。


  1. BTCの価格変動リスクを先物ポジションでヘッジしているということ(BTCの価格上昇時のリターンを無くしたということ)
  2. (※スポット価格を先物価格でヘッジしているようになるため、フルヘッジできているわけではない)

  3. BTCは現物で保有しているため、キャリーコスト(FXでのポジション保有時にかかるスワップコスト)が掛からないということ
  4. 先物ポジション構築にはレバレッジを効かせることができるため、丸々現物と同等金額必要ないこと

(※上記のケースでは、安定運用のためレバレッジは2倍までを推奨します。先物で現物保有しているBTCの価格変動リスクを100倍ショートでヘッジすると、1.0%上にいっただけでヘッジが外れてしまうため、アービトラージができなくなってしまいます。また「ロスカット水準」も仮想通貨取引所や仮想通貨業者で異なるため、実際は1.0%よりも手前でロスカットが発動することになります)


この3つがポイントのため、理解するようにしましょう。

このポジションを構築することで瞬時に9月25日までのリターンが確定します。9月25日は8984.5ドルで売ることになるため、もしも現物を8834ドルで購入できていたら、その差額が確定する利益になります。

利回りは、下記のような計算になります。

(8984.5ドル-8834ドル)÷8834ドル×100=1.70%

つまり4ヶ月弱で1.70%の利回りが享受できるということです。これを年に換算すると約5.40%となるため、利回りとしては悪くない利回りと言えるでしょう。

このデメリットとしては、ポイントで記載したように「ビットコインの上昇によるリターンが享受出来ない」ということです。そのため、ビットコインを現物として決済用に利用したりする投資家がいれば、とても優れた手法と言えるでしょう。

マイニング業者は、この手法である程度価格変動リスクをヘッジしながら少しずつコストを回収しているはずであり、現物は常に一定量持っておかないといけないニーズがあるのであれば、色々な先物市場を見ながらこの手法を利用することで、年間5%超ブレークイーブンを低下させることが可能になります。

また先物価格は上記の利回りで常に確定しているわけではなく、投資家のポジションの傾きによって大きく変化します。そのため値動きの激しいところを上手く取っていき、より高いリターンを享受することも可能です。

先物価格の形成はどのようになっているのか

最後にリターンの源泉ともなる「先物価格の形成方法」について解説します。

伝統的なアセットクラスでの先物価格は「現物価格-保有期間の収入(配当金等)+金利等の調達コスト」という計算式となっています。(少し大まかに書いている部分もあるので、詳細な点を議論する余地があることはご理解ください。)

では、上記の式から仮想通貨の先物価格を考えた場合に「保有期間の収入」というものは存在しません。そして「調達コスト」は日々のfunding rateがそのコストに該当します。つまり、仮想通貨の先物価格は「現物価格」と「funding rate」の2点から成り立っていると言えるでしょう。

そしてfunding rateというのは何かということを考えた時に、相場の需給を表している数字というのは理解できると思います。ロングポジションに全体のポジションが偏っていればfunding rateはプラスとなり、ショートポジションに全体のポジションが偏っていればマイナスとなります。

そして、限月のある日付の価格(上記の場合9月25日)を金利から逆算して計算したものが、理論上の先物価格になっているということです。

あくまで理論価格のため、実際にマーケットで取引されている先物価格がこの理論価格と一致するわけではありません。しかし仮想通貨の場合、先物価格は「市場のポジションバランス(funding rate)から成り立っている」ということを知っておくだけでもいいと思います。

このように使い方によっては安定した利回りを得ることができる手法が仮想通貨には存在します。これは一例に過ぎず自分自身で疑問を持ち、調べていくことで新たな手法が見つかるようになります。仮想通貨というものを上手く利用することで資産運用を効率的に行いましょう。

コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
18:03
ゴールドマンサックス、仮想通貨企業の買収に意欲=報道
金融大手ゴールドマンサックスが不特定多数の仮想通貨関連企業の買収を検討していることがわかった。デジタル資産部門の責任者は、インタビューで長期視点では将来性を評価する姿勢を崩していないと語った。
17:28
Maple Finance、FTX破綻の余波で42億円の不良債権か
DeFi融資プラットフォームMaple Financeは、ヘッジファンドOrthogonal Tradingが債務超過に陥り、M11 Creditが約42億円の不良債権を負ったことを発表した。
14:45
ブテリン氏が期待寄せるイーサリアムの活用法5選
イーサリアムの共同創設者ヴィタリック・ブテリン氏はブログで、イーサリアムのエコシステムの中で最も「エキサイティング」だと考えるユースケースを五つ選んで紹介した。
14:19
分散型永久オプション市場「Panoptic」、6億円を調達
イーサリアムブロックチェーン上で永久オプションを構築するDeFi(分散型金融)プロトコル「Panoptic」は、約6億円を調達したことを発表した。gumi Cryptos Capitalがリードインベスターを務めた。
13:30
Oasys、戦略的投資ラウンドとパブリックセール完了
日本発のゲーム特化型ブロックチェーンプロジェクトOasys(OAS)は戦略的投資ラウンドとパブリックトークンセールの完了を発表。MZ Web3 ファンドやNexonなどが出資ラウンドに参加した。
12:03
米株下落でビットコイン連れ安、アクシー(AXS)は一時前日比20%
ISM非製造業景況指数を受け米株指数が売られたことで暗号資産(仮想通貨)も冴えない。国内取引所bitbank上場が発表されたブロックチェーンゲームのアクシー(AXS)が一時20%高まで上昇した。
12:00
Aave、SonarをLens Protocolに統合
分散型ソーシャルメディアプラットフォームLens Protocolが、ソーシャルモバイルメタバースSonarの買収を発表した。今後Sonarは同プロトコルを統合していく予定だ。
11:25
米サークル社、SPACによる上場を延期へ
主要ステーブルコインのUSDCを提供する米サークル社は、ニューヨーク証券取引所にSPAC上場の相互的な解消を発表した。長期的な上場企業になる目標は依然として変わらない。
10:00
米リップル社とSEC、裁判所に最終書類を提出
米リップル社とSECは、仮想通貨XRPの有価証券問題を巡る裁判で、略式判決の動議書に対する回答を提出。約2年継続した裁判は、最終局面に入ったとみられる。
09:32
ツイッター、独自仮想通貨発行か
米ツイッター社は、独自通貨Twitter Coinを開発している可能性が浮上。仮想通貨に対応した投げ銭機能で使用されるとみられ、ツイッターコインは仮想通貨である可能性がある。
09:30
レンディングのNexo、米市場から撤退
仮想通貨融資企業Nexoは、米国から数か月をかけて段階的に撤退すると発表した。米国の州および連邦規制当局との対話に行き詰まったことを理由としている。
12/05 月曜日
16:50
bitFlyer、ZPG取り扱い開始へ
国内仮想通貨取引所bitFlyerが金(ゴールド)価格との連動を目指すジパングコイン(ZPG)の取り扱いを開始すると発表。基盤技術としてbitFlyer Blockchainのmiyabiを採用している。
14:30
TEAMZ WEB 3.0 SUMMITが開催決定
TEAMZは11月29日、日本最大級となるWeb3カンファレンス「TEAMZ WEB 3.0 SUMMIT 2023」の開催日を発表。来年4月6日(水)〜7日(木)の2日間の日程で東京・虎ノ門ヒルズで開催される。
14:20
ETH時価総額、BTCを追い抜けるのか丨動画解説
なぜ有識者はイーサリアムの時価総額がビットコインを抜かせると考えるのか?大型アップグレード「マージ」で変化した重要点など、市場の売り圧力についてWeb3企業HashHubの平野CEOが解説。
13:15
運営停止中のAAX、業務再開は困難か
運営停止中の仮想通貨取引所 Atom Asset Exchangeが、FTX破綻後の次なる犠牲となるのか憶測が広まっている。11月末に辞任したコミュニケーション担当責任者は、同取引所が通常業務を再開するよりも、「法的手続きに移行する」可能性の方が高いと指摘した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2022/10/14 ~ 2022/12/31
東京 東京都渋谷区宇田川町
2022/12/06 13:30 ~ 15:00
その他 京都市下京区中堂寺南町/オンライン
重要指標
一覧
新着指標
一覧