新着ニュース一覧

05/09 水曜日
07:00
Binance CEO Zhao氏はICOと仮想通貨に楽観的な未来を思い描く
SECなどによってICOが厳格に規制される流れが進む中で、Binance CEOのZhao氏は、ICO業界は今後も必要不可欠であると言います。ICOは既存の資金調達法に比べて投資家・資金調達者双方にメリットがあり、大手VCも注目しています。
06:00
元FRB理事:連邦準備制度理事会はデジタル通貨の発行を検討すべき
日本で言うところの中央銀行にあたる米国FRB(連邦準備制度理事会,Fedと略される事もある)の元理事であるケビン・ウォーシュ氏はFRBが主体となってデジタル通貨を発行する事を検討すべきだと発言しました。
05/08 火曜日
21:05
5/8(火)|再び100万円ラインを割り込むなど節目の攻防に・SEC公聴会は開催されず
仮想通貨市場 ビットコイン(BTC)は、再び100万円ラインを割り込むなど節目の攻防に。また、海外の最大手取引所バイナンスに上場したBytecoin(BCN)が150%を超える…
19:45
NBAのスーパースターStephen CurryとCryptoKittyのコラボが実現
NBAのスーパースターStephenが、人気No.1ブロックチェーンゲームCryptoKittyと提携。オークションはすでにスタートしており、昨年12月に記録した過去最高の落札額「約1,000万円」を超えるか注目を浴びています。
18:05
NY証券取引所の親会社ICE:仮想通貨取引所の開設を検討か
NYSE(ニューヨーク証券取引所)の親会社であるICE(インターコンチネンタル取引所)の関係者がニューヨークタイムズに明かした情報によると、ICEは仮想通貨取引プラットフォームを開発に着手しており、大口投資家の仮想通貨取引のほか、ビットコインのスワップ取引なども検討しているようです。
17:51
ビットコイン先物取引が価格下落の要因:SF連邦準備銀行がレポート公開
Federal Reserveが公開したレポートによると、ビットコインの先物取引の開始によって、ビットコインに否定的な投資家たちが市場に参入できるようになり、その結果現在まで続く価格の下落傾向に至ったとのことです。当記事ではビットコインの今後についてのFederal Reserveの見解も紹介しています。
16:55
ビットコインを巡る立場の違いが鮮明に:経済界大物4名による過激発言の応酬
新しい資産クラスである仮想通貨の是非について、ウォーレンバフェットやビルゲイツなど伝統的な大物投資家の一部は、一貫して拒絶反応を示しています。一方、イーロンマスクなどイノベーションを歓迎する若き大物実業家は、概ね好意的に捉えており、論争に発展するケースも珍しくありません。
15:56
ビットコインストラジスト:5/14にコンセンサスを控えた現BTC価格は割安
著名投資家のTom Lee氏は、米NYで14日から開催される世界最大級の仮想通貨カンファレンス『コンセンサス2018』を引き合いに、現在のBTC価格が割安であると言及。昨年イベント期間中に60%以上高騰した事例など複数の根拠を挙げました。
12:55
韓国ブロックチェーン協会:日韓仮想通貨市場と法規制の見解
韓国ブロックチェーン協会のディレクターであり、韓国市場の自己規制ガイドラインを作成する「ナクーン・チョイ」氏に、韓国の仮想通貨市場に関するインタビューを実施。日本の法規制とその影響についても、率直な見解をいただきました。
06:00
イーロン・マスク氏『仮想通貨キャンディ会社を作る』バフェット氏の投資概念は時代遅れと反論
Tesla社のCEOを務めるイーロン・マスク氏は、5月2日に行われた収支報告にて、ウォーレン・バフェット氏が提唱している概念が時代遅れであると語り、バフェット氏も自身の会社であるBerkshire Hathaway社の年次総会にて、反論しました。
05/07 月曜日
21:01
5/11にEOSIO Dawn 4.0アップデート:EOSIO 1.0 完全版は6月予定
EOSIO 1.0完全版に備えたアップデートである、EOSIO Dawn 4.0では、ユーザー間の未使用メモリなど計算能力の共有を促進、また異なるブロックチェーン上で未使用のメモリを共有可能になる、等の内容を発表しました。
20:17
5/7(月)|仮想通貨全面安・本日のSECの審問会で『証券問題』の焦点に
仮想通貨全体の動きは、昨日1万ドル目前でビットコインが反落した後、下落が止まらず全面安となりました。イーサリアムを中心に議論される『証券』に関する問題が、7日開催のSEC審問会で焦点となり、価格への影響が注目されます。