モルガン・スタンレー、ビットコイン投資を検討か=報道

ウォール街ドミノ効果

世界的大手金融機関のモルガン・スタンレーが仮想通貨ビットコインに投資する可能性が浮上している。ブルームバーグが情報筋の内容として報じた。

報道によると、モルガン・スタンレーのMorgan Stanley Investment Management傘下の投資部門「Counterpoint Global」が、ビットコインへの投資を検討しているという。

Morgan Stanley Investment Managementは1,500億ドル規模の資産を管理、グローバルに資産運用サービスを展開。ビットコインへの投資は、規制当局の認可が必要で、現時点では具体的な詳細までは明らかになっていない。

モルガン・スタンレーはこれまで、ビットコインの投資について積極的にリサーチ報告を提供してきた。内容では、米ドルインフレヘッジの有効な手段とみなすなど、ビットコインの投資価値を一部評価している。

また、モルガン・スタンレーは21年1月、ビットコインを大量保有する米上場企業MicroStrategyの株式を約80万株取得したことが分かった。全株式の内、10.9%をモルガン・スタンレーが保有することになる。

関連:米モルガンスタンレー、ビットコイン保有のMicroStrategy社の株式10%取得

同社の最新動向はウォール街に見られる伝統金融の参入事例の1つだ。今週だけでも、JPモルガン、BNYメロン、ドイツ銀行といったビッグネームが仮想通貨関連事業に参入、あるいはその可能性が相次いで報じられていた。「機関投資家の年」と言っても過言ではないようだ。

著者:菊谷ルイス
参考:ブルームバーグ

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します