GXChain Foundation が「包括的な改革」の提案を開始

本稿は企業が広報のために発信するプレスリリースです。CoinPostの執筆記事ではありません。

GXChain Foundation が「包括的な改革」の提案を開始

GXChain Foundationは、12月2日にブランド、経済モデル、トークン配布、エコシステムの協力関係を変革する提案を開始します。

「2017年にメインネットが稼働して以来、GXChainは常に信頼できるデータの価値ネットワークの構築を目指しています。データ分野における圧倒的なパブリックチェーンとして、GXChain 1.0はグローバル市場に認められ、いくつかの驚異的なアプリケーションがGXChain 1.0上で生まれ、その歴史的使命を見事に達成しました。2020年におけるDeFiの革命的な変化は、ブロックチェーン業界に前例のない変化をもたらし、GXChainも歴史的な流れに沿って、変化を受け入れ、GXChain 2.0へと自らを改革することを決めました。」

GXChainチームによると、GXChain 2.0は「無料で軽量で開発しやすいパブリックチェーンであること」という方向性で努力を続けていく模様です。現在、GXChain 2.0のテストネットは半年以上にわたり安定した運用が行われています。GXChain Foundationは、GXChain 2.0が技術的なアップデートにとどまらず、暗号資産時代の変化に対応することを願っており、以下のような観点から「包括的な改革」の提案を行っています。

リブランド: GXChain 2.0 から REI Network へ

GXChainのオフィシャルが発表した「包括的な改革」の提案によると、技術革新を遂げたGXChain2.0によりフィットし、短期間で変化した新しいイメージを市場やオリジナルユーザーに受け入れてもらうために、GXChain2.0をREI Networkと改称します(以下、GXChain2.0を総称してREI Networkとします)。

R.E.Iとは、Rapid(迅速)、Economical(経済的)、Innovative(革新的)の頭文字をとったもので、REIネットワークの3つの特徴に対応しています。

新しい技術構造: EVM対応、高速、低コストなブロックチェーン

GXChain 1.0と比較したREI Networkの最大の改善点は、EVMやEthereum RPCと互換性のある軽量なコード構造に基づいて、基盤となる構造から全く新しいブロックチェーン構造に再構築したことです。そこにEthereumアプリケーションをシームレスに移行することができるため、DeFiをはじめとするGXChainとEthereumで開発されたより多くのアプリケーションが、より迅速かつ直接的に互いのエコロジーに接続することができます。

同時に、REI Networkのユーザーは、ステーキングを前提としたチェーン上の送金やコントラクトなどの取引手数料リソースを無料で得ることができます。これにより、REI Networkは互換性のあるEVMの要件を満たすと同時に、高コストと低処理速度の問題を解決することができます。

提案にあるように、REI Networkは技術面で以下のような特徴があります。

軽量:LibP2P、EVM、Express、GRPCなどのオープンソースプロジェクトの軽量コードで構築されているため、クロスプラットフォームでのインストールと使用が速い

効率的:低消費電力と秒単位のブロック確認

無料:ステーキングによる無料のコンピューティングリソース

互換性:EVMおよびEthereum RPCとの互換性、Ethereumアプリケーションのシームレスな移行

ダイナミック:ガバナンスモジュールを内蔵し、チェーン上のパラメータを動的に調整することが可能

ソフトフォーク:ガバナンスによりシステムコントラクトをアップグレードすることが可能

クロスチェイニング:クロスチェイニングブリッジを内蔵し、同種異質のチェーンとのクロスチェイニングを容易に実現

チェーン構築:様々なコンセンサスメカニズム、ガバナンスモジュール、及び内蔵のクロスチェーン機能のためのプラグインの可能なモジュールを備えた、EVMと互換性のある独自のブロックチェーンを実装するためのシンプルな構成

新しい経済モデルと新しいトークンの配布

提案にあるように、FoundationのアンロックされたGXCは全体の25%を占めています。アップグレードされたREI Networkは、異なるシステムの橋渡しをしなければなりません。また固有資産であるREIは、ガバナンス、担保、バインドなどの様々なアプリケーションシナリオで使用され、エコロジー間の資産やデータの相互循環の鍵となることを考えると、REI Networkは経済モデルを完全に改革することになります。

1.トークンを均等に分配

メインネットのネイティブトークンであるGXCからREIへの変換は、1:10の分割ルールに従って行われ、REIの最大供給量は10億となります。

2. アンロックされた部分は 「エコロジーファンド 」にアップグレード

チームは、アンロックされた2,500万枚をすべてエコロジーファンドとして使用し、そのうち500万枚をノードの報酬に、500万枚をマーケティングに、1,500万枚を開発者やエコシステムへのインセンティブに使用しました。

3. 分割後のREIトークンの配布の概要

分割後のトークンの総数:10億枚

  • 7.5億枚: 既に流通しているもの
  • 2.5億枚: 開発者のエコロジー
       ○ 1.5億枚は開発者のモチベーション向上として使用
       ○ 5000万枚はマーケティングプロモーションとして使用
       ○ 5000万枚はノード報酬として使用

エコロジー協力のインセンティブの進取的方法

GXChainは「包括的な改革の提案」の中で、抜本的なエコロジー協力のインセンティブの方法を公式に提案し、アンロックされた2億5000万枚のREI(GXC分割後の金額)をすべて使い、REI Networkのエコロジー貢献者や開発者にインセンティブを与えることを望んでいます。その方法には、優れた開発者への報酬、高品質なプロジェクトへの投資、エコロジーに大きな貢献をもたらした人へのユーザー報酬などが含まれますが、これらに限定されるものではありません。また、チームが保有するトークンの数も25%から0%に変更されました。

エコロジーファンドは、エコロジーの発展とともに徐々にリリースされ、かなりの期間、市場で直接流通することはありません。短期的には、市場流通の増加を引き起こさない一方で、等価的にエコロジー構造のインセンティブに変換されます。この開発者へのインセンティブの部分は、多くの開発者を魅了し、REI Networkのエコロジーもより豊かになり、エコロジーとREIメインチェーンとの間に効率的で好ましい循環を形成することになります。

新しいガバナンス機能

今回の提案では、GXChain Foundationが新しいチェーン上のガバナンスモジュールの追加を提案しています。この新しいガバナンス機能は、既存の取締役会やノードメンバーによる投票モデルとは異なり、すべてのコイン保有者が利用できる「ダイレクトデモクラシー」の投票モデルとなります。

REI Networkのチェーン上の変更やコミュニティの提案は、提案によってコミュニティに公開され、ユーザーはREIを使って投票することができます。”誰もがパブリックチェーンを管理できる “という目標を達成し、REIのガバナンス価値を高めることができます。

GXChainからREI Networkへの変革のための「包括的な改革の提案」は、チェーン上のガバナンスのための最初の提案となります。この改革は、刻々と変化するブロックチェーンのトレンドに対応するために、GXChainが決定したものです。GXChainの公式チームは、今後さらにコミュニティの声に耳を傾け、新しい状況下でのパブリックチェーンの停滞をどのように打破するかをユーザーとともに探っていきたいと述べています。

「包括的な改革の提案」が実施されれば、GXChainにとっては2017年以来の大きな変化となります。なお、この提案については、すでにGXChainコミュニティによる投票が開始されていることが報告されています。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します

本稿は企業が広報のために発信するプレスリリースです。CoinPostの執筆記事ではありません。
サービスのご利用・お問い合わせに関しては、直接サービス提供会社へご連絡ください。CoinPostは本稿で言及されたあらゆる内容について、またそれを参考・利用したことにより生じたいかなる損害や損失において、直接的・間接的な責任を負わないものとします。ユーザーの皆さまが本稿に関連した行動をとる際には、必ず事前にご自身で調査を行い、ご自身の責任において行動されるようお願いいたします。
▶️本日の速報をチェック!