イーサリアムクラシック(ETC)|投資情報・リアルタイム価格チャート

ニュース 基礎情報 関連記事
04/20 (火)
米グレースケール、ビットコイン投資信託の新CMを公開
米最大手仮想通貨投資企業グレースケールはビットコイン投資信託「GBTC」の需要を高めるために新たなCMを公開したことがわかった。
CoinPost
01/13 (水)
インドネシア貿易省、国内取引可能な229種の仮想通貨銘柄リストを公開
インドネシアの貿易省は商品先物規制当局の審査をもとに国内で取引できる仮想通貨銘柄のリストを公開した。主要銘柄やマイクロキャップなど229銘柄に及ぶ規模だ。
CoinPost
12/23 (水)
ハッキング被害の仮想通貨取引所EXMO、原因調査の現状を報告
英仮想通貨取引所EXMOが、ビットコインなど6銘柄が不正流出した問題について、調査の現状を報告。問題の原因や今後の対策を発表した。
CoinPost
12/21 (月)
英国の仮想通貨取引所でハッキング被害──ビットコインなど6銘柄が流出
英国の仮想通貨取引所Exmoで、仮想通貨(暗号資産)が流出するハッキング被害が確認された。ホットウォレットからビットコイン(BTC)、XRP(リップル)、ゼットキャッシュ(ZEC)、テザー(USDT)、イーサリアムクラシック(ETC)、イーサリアム(ETH)の一部が流出した。
CoinPost
11/28 (土)
イーサリアムクラシック(ETC)のアップグレード「Thanos」間もなく実施
仮想通貨イーサリアムクラシックで29日前後に「Thanos」というアップグレードが実行される。全体のハッシュレートを上げて、さらなる51%攻撃を回避するのが目的だ。
CoinPost
10/29 (木)
イーサリアムクラシックのネットワークからDeFiへアクセス、ブリッジ機能ローンチへ
仮想通貨イーサリアムクラシックのコア開発機構ETC Labsが、イーサリアム(ETH)とのブリッジ機能をローンチすることを発表。目的やローンチ時期、仕組みの概要が明らかになった。
CoinPost
10/05 (月)
コインチェック、板取引でモナコインを取扱い開始
仮想通貨(暗号資産)取引所コインチェックが、Monacoin(MONA)を取引所サービスで新たに取り扱う。
CoinPost
09/28 (月)
コインチェック、仮想通貨イーサリアムクラシックの板取引サービス開始へ
コインチェックは「取引所」において、仮想通貨イーサリアムクラシック(ETC)の板取引サービスを10月5日より開始することを発表した。アルトコイン取引所では、今後も順次、暗号資産の取扱いを拡充していく。
CoinPost
09/25 (金)
仮想通貨ユーザー、世界で1億人突破=ケンブリッジ大学調査
ビットコインなどの仮想通貨を保有しているユーザーが世界で1億を突破していることがわかった。取引所による法定通貨のサポートで日本円へのサポート増加も顕著だった。
CoinPost
09/14 (月)
コインチェック、仮想通貨イーサリアムクラシックの取扱いを一時停止
コインチェックは14日、8月より「51%攻撃」が原因とみられる大規模な再編成(リオーグ)が発生していることを受け、イーサリアムクラシック(ETC)の購入・売却および、Coincheckつみたてにおける該当通貨の積立を一時停止することを発表した。
CoinPost