Ethereum Classic [イーサリアムクラシック] ETC

ETC/JPY チャート

24H7D30D180DMAX

ETC 基礎情報

Ethereum Classic(イーサリアムクラシック)は、2016年6月に発生したTHE DAO事件を発端に起こったEthereumコミュニティでの議論をもとに、同年7月にEthereumから分裂して誕生した仮想通貨です。Ethereumと同様に、誰もがブロックチェーン技術上で動作する分散型アプリケーションを構築し、使用することができる分散型ブロックチェーンプラットフォームです。

ETC関連ニュース

08/08 (土)
ETCの51%攻撃で、イーサリアム開発者が予防法を探る
仮想通貨イーサリアムクラシック(ETC)で直近2回も起きた「51%攻撃」を受け、イーサリアム(ETH)の開発者らは予防する可能性ついて討論を行なった。
08/06 (木)
仮想通貨イーサリアムクラシック(ETC)で「51%攻撃」被害
仮想通貨イーサリアムクラシックは6日にブロックチェーンの「再編成」の発生が確認された。7月1日の攻撃に続く2回目の発生となる。
08/03 (月)
イーサリアムクラシックの再編成は「51%攻撃」だったのか?取引所で入出金停止の事態に
イーサリアムクラシックで3000ブロックを超えるブロックチェーンの再編成(リオーグ)が起きたことが確認され、バイナンスなど一部仮想通貨取引所で入出金が停止された。「51%攻撃」の可能性が検証されている。
06/07 (日)
国会で仮想通貨質疑、イスラム大手銀と提携のマネーグラムに買収報道、金融庁ビットコインの投資助言行為で警告|1週間仮想通貨注目ニュース
今週(6/1~6/6)のニュースを追っていく。維新の会の音喜多議員は2日、暗号資産の規制について質疑を行なった。ステーブルコインのテザーは新たにOMG Network利用を発表、金融庁が新たにビットコインの投資助言行為で警告を行った。
06/02 (火)
イーサリアムクラシックの「Pheonix」、アップグレード完了
イーサリアムクラシックの大型アップグレード「Pheonix」は、5月31日に実装された。初めてETHブロックチェーンとの完全な互換性が備えられることに。
05/17 (日)
ビットコイン半減期、日本でテレビCM放映、リップル社の新規事業はXRP関連に|1週間仮想通貨注目ニュース
今週(5/11~16)の重要ニュースを追っていく。火曜日、ビットコインは3度目となる半減期を迎え、取引所bitFlyerもテレビCMを放映開始。SNS大手のテレグラムが仮想通貨プロジェクトを終了する一方で、大手掲示板のRedditは独自トークンを発表、VISAも中央銀行向けに「デジタル法定通貨」の特許を申請など新たな動きが見られる。
05/15 (金)
イーサリアムクラシック、6月3日に大型アップデート 「Pheonix」ハードフォーク実施予定
仮想通貨イーサリアムクラシック(ETC)の大型アップグレード「Pheonix」が、6月3日に行われる見込みとなった。
04/23 (木)
仮想通貨『コインチェックつみたて』リップル(XRP)やイーサリアムなど7銘柄に新規対応
日本円入金から仮想通貨購入まで自動で行い長期的な資産形成を目指す「コインチェックつみたてサービス」に、リップル(XRP)やイーサリアムなど、主要アルトコイン7銘柄が新たに加わった。
04/11 (土)
バイナンスのVISA対応仮想通貨販売所、新たに5法定通貨追加 ビットコイン(BTC)やリップル(XRP)が購入可能
仮想通貨取引所バイナンスは、Visaのクレジットカードやデビットカードを利用した仮想通貨の直接購入サービスで、新たに5つの法定通貨に新規対応。
04/01 (水)
優良アルトの上場を検討 仮想通貨取引所Bitstampが上場検討リストを公開
イギリスに拠点を持つ老舗海外取引所Bitstampは1日、新規に取扱いを検討している通貨リストを発表した。研究を行った上で、優良な仮想通貨プロジェクトの採用を行っていくという。
12/19 (木)
バイナンス米国、アップルユーザーへ仮想通貨サービス展開へ iOSベータ版公開
バイナンスの米国パートナー取引所「Binance.US」はiOSアプリのベータ版を公開。米国でスマホ利用者の45%を占めるiphoneユーザーへの導入で、サービス普及への足がかりに。
10/21 (月)
仮想通貨取引所バイナンスにBUSDペア追加、XRP・ETHなど6種
仮想通貨取引所バイナンスは21日、米ドルペッグのステーブルコイン「BUSD」と、XRP・ETH・BCHABC・LTC・LINK・ETCの6種類の通貨ペアを追加することを発表した。日本時間で21日17時から開始。
09/24 (火)
米国版バイナンス、新たに5通貨を上場  25日に取引開始に
取引所「Binance.US」が、新たに5銘柄の入金の受付を開始。9月25日の取引サービス開始時には、計「12通貨」を提供し、7銘柄が取引可能に。
04/17 (水)
ブロックチェーン導入企業のランキングをForbesが公開 リップル社やCoinbaseなど仮想通貨関連企業もランク入り
ブロックチェーンを活用していて企業年収または企業価値が10億ドル(約1120億円)を超えている上位50の企業のランキングがForbesで公開された。仮想通貨業界からはリップル社やコインベースなどがリスト入りした。
04/09 (火)
米デジタル資産分析企業BlockTrade、仮想通貨ETH、XRP、XLMを含む通貨ペアの価格指標をアップデート
デジタル資産データ分析企業BlockTradeが、四半期毎の調査の結果として、いくつかの仮想通貨ペアの価格指標のアップデートを公表。今回アップデートの対象となるのは、ETC、ETH、XLM、XRPを含む通貨ペアとなる。
03/27 (水)
世界最大級の投資アプリeToro、ブロックチェーン企業Firmoを買収|全資産のトークン化を本格化
オンライン投資プラットフォームeToroがスマートコントラクト企業を買収していたことが明らかとなった。今回の買収により、同プラットフォーム上における全アセットのトークン化を本格的に進める予定だ。
03/26 (火)
海外仮想通貨取引所2社にハッキング被害 ビットコインやイーサリアム、XRP(リップル)等が19種類が流出
「DragonEX(ドラゴンEX)」と「BiKi.com」が、ハッキング被害を受けたことをユーザーに報告した。BTCやETHの他、数多くのアルトコインも流出被害にあったことがわかっている。なお、DragonEXは出来高基準で世界31位の取引所となる。
03/11 (月)
コインチェック、仮想通貨別のチャット機能をリリース|全23種類の選出基準は「ファン数」も加味
ビットコインやリップルなどの取り扱い通貨に加え、ステラ、カルダノ、バイナンスコイン、モナコインなど23通貨のチャットスペースを追加。選定基準はファン数も考慮しており、半年ごとに一度見直される。
03/08 (金)
世界最大規模の投資アプリeToro、米国でビットコインなどの仮想通貨取引を提供開始|証券投資家へのリーチ拡大へ
世界最大級のソーシャルトレード投資プラットフォームeToroは米時間7日、米国32州においてビットコインやイーサリアム、XRPなど、主要13仮想通貨銘柄の取引提供を開始することを発表した。
03/05 (火)
月9.7億PVの日本Yahoo!ファイナンス、ビットコインなど「仮想通貨レート」掲載開始|リップル(XRP)の時価総額を2位と算出
日本最大手のヤフーファイナンスで仮想通貨のレート表示が始まり、ビットコインなど8通貨に対応した。注目すべきはリップルの時価総額で、イーサリアムの2倍以上となる3.37兆円と算出している。