Ethereum Classic [イーサリアムクラシック] ETC

04/11 (土)
バイナンスのVISA対応仮想通貨販売所、新たに5法定通貨追加 ビットコイン(BTC)やリップル(XRP)が購入可能
仮想通貨取引所バイナンスは、Visaのクレジットカードやデビットカードを利用した仮想通貨の直接購入サービスで、新たに5つの法定通貨に新規対応。
04/01 (水)
優良アルトの上場を検討 仮想通貨取引所Bitstampが上場検討リストを公開
イギリスに拠点を持つ老舗海外取引所Bitstampは1日、新規に取扱いを検討している通貨リストを発表した。研究を行った上で、優良な仮想通貨プロジェクトの採用を行っていくという。
12/19 (木)
バイナンス米国、アップルユーザーへ仮想通貨サービス展開へ iOSベータ版公開
バイナンスの米国パートナー取引所「Binance.US」はiOSアプリのベータ版を公開。米国でスマホ利用者の45%を占めるiphoneユーザーへの導入で、サービス普及への足がかりに。
10/21 (月)
仮想通貨取引所バイナンスにBUSDペア追加、XRP・ETHなど6種
仮想通貨取引所バイナンスは21日、米ドルペッグのステーブルコイン「BUSD」と、XRP・ETH・BCHABC・LTC・LINK・ETCの6種類の通貨ペアを追加することを発表した。日本時間で21日17時から開始。
09/24 (火)
米国版バイナンス、新たに5通貨を上場  25日に取引開始に
取引所「Binance.US」が、新たに5銘柄の入金の受付を開始。9月25日の取引サービス開始時には、計「12通貨」を提供し、7銘柄が取引可能に。
04/17 (水)
ブロックチェーン導入企業のランキングをForbesが公開 リップル社やCoinbaseなど仮想通貨関連企業もランク入り
ブロックチェーンを活用していて企業年収または企業価値が10億ドル(約1120億円)を超えている上位50の企業のランキングがForbesで公開された。仮想通貨業界からはリップル社やコインベースなどがリスト入りした。
04/09 (火)
米デジタル資産分析企業BlockTrade、仮想通貨ETH、XRP、XLMを含む通貨ペアの価格指標をアップデート
デジタル資産データ分析企業BlockTradeが、四半期毎の調査の結果として、いくつかの仮想通貨ペアの価格指標のアップデートを公表。今回アップデートの対象となるのは、ETC、ETH、XLM、XRPを含む通貨ペアとなる。
03/27 (水)
世界最大級の投資アプリeToro、ブロックチェーン企業Firmoを買収|全資産のトークン化を本格化
オンライン投資プラットフォームeToroがスマートコントラクト企業を買収していたことが明らかとなった。今回の買収により、同プラットフォーム上における全アセットのトークン化を本格的に進める予定だ。
03/26 (火)
海外仮想通貨取引所2社にハッキング被害 ビットコインやイーサリアム、XRP(リップル)等が19種類が流出
「DragonEX(ドラゴンEX)」と「BiKi.com」が、ハッキング被害を受けたことをユーザーに報告した。BTCやETHの他、数多くのアルトコインも流出被害にあったことがわかっている。なお、DragonEXは出来高基準で世界31位の取引所となる。
03/11 (月)
コインチェック、仮想通貨別のチャット機能をリリース|全23種類の選出基準は「ファン数」も加味
ビットコインやリップルなどの取り扱い通貨に加え、ステラ、カルダノ、バイナンスコイン、モナコインなど23通貨のチャットスペースを追加。選定基準はファン数も考慮しており、半年ごとに一度見直される。
03/08 (金)
世界最大規模の投資アプリeToro、米国でビットコインなどの仮想通貨取引を提供開始|証券投資家へのリーチ拡大へ
世界最大級のソーシャルトレード投資プラットフォームeToroは米時間7日、米国32州においてビットコインやイーサリアム、XRPなど、主要13仮想通貨銘柄の取引提供を開始することを発表した。
03/05 (火)
月9.7億PVの日本Yahoo!ファイナンス、ビットコインなど「仮想通貨レート」掲載開始|リップル(XRP)の時価総額を2位と算出
日本最大手のヤフーファイナンスで仮想通貨のレート表示が始まり、ビットコインなど8通貨に対応した。注目すべきはリップルの時価総額で、イーサリアムの2倍以上となる3.37兆円と算出している。
02/06 (水)
米Googleが「ブロックチェーン大量採用時代」を見据え独自開発に注力 仮想通貨の応用事例も
米グーグルが、ブロックチェーン技術の大量採用時代を見据え、異なる視点から独自の開発を進めている状況が、同社上級開発者のAllen Day氏の発言で明らかになった。ビットコインやイーサリアムなどのブロックチェーンデータ解析ツールの応用事例も。
12/28 (金)
仮想通貨取引所OKExがレンディングサービス「Piggy Bank」を開始|ビットコインやXRP等主要7通貨担保で利息取得を可能に
世界でもTOP5の仮想通貨取引所として地位を誇るOKExが新レンディングサービス「PiggyBank」の提供をBTC、ETHやXRPを含む主要7通貨で開始。仮想通貨を信用取引トレーダーに貸付する事で利息が得られる仕組みとなっている。
12/25 (火)
第8回 『国際ブロックチェーン格付け』リップルが7位から19位まで2ヶ月続落
中国行政機関CCIDが、仮想通貨に関する第8回パブリックチェーン技術評価を公表。ONTが4位にランクインしたほか、リップルは、革新性に対する評価が16.0→9.9までダウンしたことで、19位まで下落した。
12/18 (火)
仮想通貨取引所Coinbase、ビットコイン等6銘柄対応の両替サービス「Convert」を発表
米国の大手仮想通貨取引所Coinbaseが新たにビットコイン、イーサリアム等を含む6銘柄を対象に仮想通貨両替サービス提供を開始することを発表した。
12/17 (月)
米大手仮想通貨取引所Coinbase上場には規制準拠が最重要|VPが語る新たなビジネス戦略
米大手仮想通貨取引所Coinbaseの副社長が、先日XRPやステラを含む複数の通貨の上場に関する調査・検討など会社の新たなビジネス戦略について、様々な意見を述べた。
11/26 (月)
米大手仮想通貨ファンドCEOが本日「4種のアルトコイン購入」を公表
米大手仮想通貨企業Digital Currency GroupのCEOを務めるBarry Silbert氏は、全体仮想通貨の急落相場の中、自分自身の仮想通貨ポートフォリオに新たに4つのアルトコインを購入したと公表した。
11/23 (金)
第7回 『国際ブロックチェーン格付け』仮想通貨ビットコインが19位→13位まで上昇
国際パブリックチェーンランキング 中国行政機関CCIDが、仮想通貨に関する第7回パブリックチェーン技術評価を公表。最新ランキングではビットコインやイーサリアムクラシックが大きく…
11/16 (金)
プレステ3と同じ電力消費量の新たな仮想通貨マイニングマシン|大手仮想通貨取引所コインベースも出資
米大手仮想通貨取引所Coinbaseなどからベンチャー出資を受けているCoinmine社が自宅でも手軽に採掘できる新種のマイニングマシンを発表。消費電力がプレステ3と同等であることが注目される。