FOMC直前で仮想通貨市場も様子見ムード、イーサリアムクラシックは前日比7.1%高に

仮想通貨市況

26日の米株式市場は、ダウが前日比228ドル(0.7%)安と反落。

Meta(旧Facebook)、Microsoft、Googleといったハイテク大手の決算発表や米連邦公開市場委員会(FOMC)の発表及びパウエル議長の記者会見を控え、様子見基調が強まっている。

最大の焦点は、今後の利上げペース(金融引き締め)鈍化が確認されるか否かとFRBの景気認識だ。

ほぼ織り込まれている0.75ベーシスポイント(bps)利上げが市場コンセンサスにある中、1.00ポイント利上げの決断を下せばネガティブサプライズとなり得るため、相場の乱高下に対する警戒感は根強い。

金利先物市場では、0.75bps利上げを72.7%、1.00bps利上げを27.3%と予測しており、1.00bps利上げ予想は前日比3%ほど上昇した。

CME FedWatch Tool

一方、1.00bps利上げ予想が36.2%に達していた1週間前の値と比較すると、前週比9%ほど減少している。

これは、前回のFOMCでパウル議長が判断材料の一つとして言及したミシガン大学の「消費者信頼感指数」の下方修正などが好感されたことが背景にある。同マインド指数は、ガソリン価格など米国GDPの7割を占める個人消費動向を確認するために用いられる。

11月8日には米中間選挙を控え、バイデン政権のこれまでの軌跡に国民の審判が下されることになるが、インフレ対策と株価対策はトレードオフの関係にあり難しい舵取りを迫られる。

FRBは「金融引き締めの影響で(短期的な)景気後退を招いてでもインフレを抑え込むことが先決」との姿勢を一貫しており、コロナ禍の経済支援を念頭にした昨年までの金融緩和政策から大転換を余儀なくされた。すなわちバランスシートを縮小し、世界市場から流動性を排除することを辞さない構えだ。

その点において、もし今月のFOMCで何かしらの反転シグナルが確認されるようであれば、歴史的な下落水準にある金融相場的にもターニングポイントとなり得る局面である。FRBが足元の指標をどのように捉えているか、市場は注視している。

主要株価指数とビットコイン(BTC)価格の相関係数が過去最高水準まで高まる中、フェデラルファンド金利動向は今後も仮想通貨市場にも多大な影響を及ぼすことが想定される。

暗号資産(仮想通貨)市場では、ビットコインは前日比1.01%高の290.6万円(21,187ドル)と若干反発した。

BTC/USD日足

20日以降の6日間で約4,000ドル下落していたこともあり一旦下げ止まったが、FOMCの結果次第で乱高下する可能性があり予断を許さない局面にある。

アルトコイン相場

イーサリアムクラシック(ETC)が前日比7.11%高、前月比52.1%高に達した。

Bitmainの開催するサミットにて、マイニングプール大手AntPoolがETCのエコシステムへ13億円(1,000万ドル)を投じるとの発表があり、これが材料視された。

イーサリアム(ETH)の大型アップグレード「The Merge(ザ・マージ)」の実装が迫る中、PoSへの移行に伴い既存マイナーが採掘続行不可能になるため、移行先の受け皿としてエコシステムの魅力を高め、採掘機器の需要減を抑え込む狙いがあると考えられる。

関連:AntPool、イーサリアムクラシックのエコシステムに投資へ

IntoTheBlockのデータによれば、Uniswapの預け入れ総額を示す「Total Value Locked(TVL)」は、競合のCurveを一時的に上回った。

7月19日時点

流動性マイニングによる高い収益を提供していたDeFi貸付プロトコルのTVLは、5月初旬のテラ・ショックを発端に激減。 UniswapのTVLは24%減、Curveは69%減となっていたがその後回復。先月は、Uniswapが23%増、Curveが69%増となった。

Santiment(@santimentfeed)はオンチェーン分析で、UniSwap(UNI)のクジラ(大口投資家)が今月活発な動きを見せたと指摘。約2週間で7500万ドル相当を買い増した可能性がある。

過去に掲載したマーケットレポート一覧はこちら

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します