Sushi(SUSHI)|投資情報・リアルタイム価格チャート

ニュース 基礎情報 関連記事
07/28 (木)
SushiSwap、新プロジェクトリーダーの信任投票が開始
仮想通貨の大手DEXであるSushiSwapで、新しいプロジェクトリーダーの信任投票が開始された。
CoinPost
05/31 (火)
SushiSwapがコスモス基盤Kavaと提携、18億円規模の開発者プログラムに参加
DeFiプラットフォーム「Kava」は30日、SushiSwapとの提携を発表。SushiがKavaの開発者インセンティブプログラムに参加し、合計18億円相当を開発者支援の資金として提供する。
CoinPost
02/24 (木)
スイス金融企業、DeFiセクター指数をローンチ
スイスの資産管理会社Compassは先日、10のDeFi(分散型金融)トークンを運用する指数をローンチした。ブルーチップ銘柄から構成されている。
CoinPost
02/11 (金)
イーサリアムL2ソリューションOptimism、重大バグの修正を報告
仮想通貨イーサリアムのレイヤー2ソリューションOptimismは11日、2月初めに重大なバグを修正していたことを発表した。
CoinPost
02/11 (金)
MakerDAO、バグ報酬プログラムを開始へ 最大12億円の賞金
バグ報酬プラットフォームImmunefiは11日、仮想通貨DAIを発行するMakerDAOと提携し、最高10億円超の賞金プログラムを開始したと発表した。
CoinPost
02/09 (水)
ブラジルの証券取引所、DeFi関連ETFが初上場
ブラジルの暗号資産投資企業QR Asesetsは8日、独自の分散型金融関連のETFを大手証券取引所B3に上場させた。
CoinPost
01/19 (水)
バイナンス、10通貨ペアの取扱廃止を発表
最大手仮想通貨取引所バイナンスは19日、銘柄の通貨ペアの提供廃止を発表した。
CoinPost
01/04 (火)
米グレースケール、DeFi投資信託の運用銘柄を調整
米仮想通貨運用大手グレースケール社は4日、「Grayscale DeFi Fund」で運用する銘柄の入れ替えを発表した。
CoinPost
01/01 (土)
DEX(デックス)とは|時価総額230億ドル突破の分散型取引所について詳しく解説
ブロックチェーン技術により、中央集権型取引所の欠点を補う存在として期待されている仮想通貨DEX(分散型取引所)の特徴や注意点などを詳述する。
CoinPost
12/30 (木)
AMM(自動マーケットメイカー)とは|仕組みやリスクを解説
DeFi(分散型金融)における重要キーワードのひとつ、AMM(Automated Market Maker、自動マーケットメーカー)の仕組みや特徴を解説。
CoinPost

SushiSwap(SUSHI)の概要

SushiSwapは元々、分散型取引所(DEX:Decentralized Exchange)Uniswap(ユニスワップ)のフォーク(コピー)として誕生したが、賛否両論を巻き起こした「ヴァンパイア攻撃」により、ローンチからわずか2週間弱で14億ドル(約1,500億円)を集め、瞬く間に頭角を現した。

SushiSwapは、新興DeFiプロジェクトが乱立していた20年8月に、匿名の開発者Chef Nomi氏および0xMaki氏により、Uniswap(V2)のフォーク版としてローンチされた。

そのユニークな名前や親しみやすいデザインから、初めはミーム的プロジェクトとして大衆に認識されていたが、大手デリバティブ取引所FTXのSam Bankman-Fried CEOの開発介入などもあり、誕生から一年経たないうちに、DeFi分野の主要プロジェクトへと発展した。

SushiSwapとは

SushiSwapは、複数のブロックチェーンおよびレイヤー2上に構築されている、コミュニティ主導のDeFiプロジェクトだ。

ミーム的な名前やデザイン、次々と発表される先進的なプロダクトやサービスを特徴としており、ガバナンストークン「SUSHI」を発行している。

元々はイーサリアム・ブロックチェーンを基盤にDEXを開発していたが、21年10月現在、異なる分散型市場を繋ぎ合わせ、より高い流動性を提供することを目的に、DEXだけでなく、レンディング(貸付)やイールドファーミング等に特化した幅広いサービスやプロダクトを提供。また、イーサリアムだけでなく、BSC、ポリゴン、Fantomなど14のチェーンをサポートしている。

SUSHIトークン

SUSHIは、SushiSwapのガバナンストークンだ。SUSHI保有者は、SushiSwapの分散型ガバナンスにて投票の権利を有する。

1SUSHI=1票ではなく、SUSHIのステータス(どこにステークされているか等)により、1SUSHIの重みが変動。ガバナンスの他にも、流動性提供やステーキングに利用し、金利を稼ぐこともできる。

日本では、渋谷の鮨屋「鮨渡利」が、SUSHIでの決済を導入したことで話題となった。鮨渡利はまた、SushiSwapのオマージュとして、鮨職人の技をNFT(非代替性トークン)化した作品、「SUSHI TOP SHOT」を販売したことでも知られる。