CoinPostで今最も読まれています

イーサリアムL2ソリューションOptimism、重大バグの修正を報告

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

2月初めに重大なバグを修正

暗号資産(仮想通貨)イーサリアム(ETH)のレイヤー2ソリューションOptimismは11日、今月初めに重大なバグを修正していたことを発表した。

公式ブログによると、このバグは、イーサリアムの人気クライアントソフトGeth(Go Ethereumの略称)上で発見されたという。

レイヤー2(L2)とは

「2層目」のブロックチェーンのこと。全ての取引履歴をメインチェーンに書き込むと負荷が大きくなり、処理速度の低下やネットワーク手数料の高騰につながる。そこで、取引履歴の一部をオフチェーンやサイドチェーンに記載するようにすることでメインチェーンへの負荷軽減や処理速度向上を期待することができる。

▶️仮想通貨用語集

このバグは、2月2日にOptimismチームに報告された。チームがバグを確認した後、このバグを発見した開発者Jay Freeman氏に、約200万ドル(約2.3億円)の賞金が授与されたという。

Optimismは、バグが不正使用された形跡はないとして、次のように説明している。

バグを確認して数時間以内に、修正プログラムをテストし、OptimismのKovanとメインネットワーク(すべてのインフラプロバイダーを含む)に設置した。

また、複数の脆弱なOptimismフォークとブリッジ・プロバイダーに対しても、このバグの存在を警告した。そこで、こうしたプロジェクトもすべて、必要な修正を適用完了している。

賞金プログラムの重要性を強調

Optimismは、レイヤー2ソリューションとしてイーサリアムのブロックチェーンの外で取引を集約する「Optimisticロールアップ」の開発に注力しているプロジェクトだ。イーサリアム・ネットワーク上の取引コストを削減することを1つの目的としている。

しかし、本日の報告が示すように、レイヤー2プロトコルにも、セキュリティの問題がつきまとっている。

Optimismは、今回のことで「バグ発見者への賞金プログラム」の重要性が実証されたと述べた。

特に、仮想通貨間の互換性技術を提供する「Wormhole」で、最近12万ETHがハッキングされたことにも触れている。Wormholeは現在、350万ドル(約4億円)の賞金プログラムを立ち上げようとしているという。

Optimismは、「他の大規模プロジェクトも、早急にバグ賞金プログラムの設置を検討すべきだ」と推奨しているところだ。また、ホワイトハッカーに対しても、Optimismが実施している賞金プログラムをチェックして、プロトコルのセキュリティを維持することに一役買ってほしいと呼びかけた。

Optimismは、バグ賞金プログラムのプラットフォームを提供するImmunifyと提携して、バグ発見者に報酬を付与している。

Immunefiは、Synthetix、Chainlink、SushiSwap、PancakeSwap、Compound、その他多数のプロジェクトと提携しており、これまで総額10億円以上の報酬を、バグ発見者に支払ってきた。

Optimismの成長

仮想通貨メディアThe Blockが収集したデータによると、現在、「Optimisticロールアップ」は様々なプロジェクトで利用されており、預け入れ総額(TVL)は50億ドル(約5,800億円)以上に達している。

注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
12/02 土曜日
08:30
Starknet独自仮想通貨の無料配布(エアドロ)、スナップショット実施済み
仮想通貨イーサリアムのL2「Starknet」は今週SNSで出回っていたSTRKトークンのエアドロップのスクリーンショットの真贋を確認し権利獲得にあたるスナップショットはすでに実施されたことを明かした。
07:20
グレースケール、来年向けの仮想通貨市況レポート公開
仮想通貨運用会社グレースケールは、2023年11月版の市況レポートを公開。2024年は複数の条件が重なることによって、ビットコインの価格に上昇圧力がかかる可能性があるとの見解を示している。
06:50
ビットコインETFの上場申請めぐり今週3社目のSEC面談、専門家が承認楽観視
米SECは、GBTCから現物型ビットコインETFへの転換申請について、今週29日に申請側のグレースケール(2度目)と会議を行ったことが判明した。仮想通貨ビットコインは年初来高値を更新した。
06:00
ソラナDEX「Jupiter」、仮想通貨JUP無料配布の事前確認ページ公開
ソラナ基盤の分散型取引所アグリゲーター「Jupiter Exchange」は独自トークン「JUP」の無料配布(エアドロップ)計画について、事前確認の公式ページを公開した。
12/01 金曜日
17:41
「暗号資産の投資状況と確定申告」に関する調査、年内取引で約7割が利益
Aerial Partnersが2023年の暗号資産取引調査結果を公開。ビットコインなどの現物取引だけでなく、PoS銘柄のステーキング利用度が高まりつつあり、利益を出している投資家増加に伴い「確定申告」の必要性も上がっている。
16:03
米投資会社タイガー・グローバル、BAYCやOpenSea投資の評価額を大幅下方修正
タイガー・グローバル・マネジメントが、有名なNFTコレクション「Bored Ape Yacht Club」(BAYC)と主要なNFTマーケットプレイスであるOpenSeaへの投資により、大幅な含み損を抱えていると報じられた。同社の直近の投資動向と報告内容についてまとめる。
16:00
「ビットコインがもたらす革命をSNSへ」Nostrasia特集を配信
第10回のGM Radio:Beyond The Priceは11月22日に公開。今回は11月に東京などで開催されたイベントNostrasiaを特集した。
14:00
「イルビウム」、eスポーツチームTeam Liquidと提携
Web3ゲームIlluviumは、世界最大級のeスポーツチーム「Team Liquid」と提携すると発表した。独自NFTのリリースやトーナメント開催を予定している。
13:21
4年越しの復帰、bitFlyerの加納CEOが“世界と戦う”ために求める人材は?
国内大手暗号資産(仮想通貨)取引所を運営するbitFlyer HD加納裕三CEOに独占インタビュー。bitFlyerの強みや求める人材、ビットコインETFの影響について注目される暗号資産市場の展望について伺った。
12:52
BAYCバーチャルバンド「KINGSHIP」、大手ゲーミングプラットフォームRobloxでデビュー
高級NFTコレクションBAYC(Bored Ape Yacht Club)キャラのバーチャルバンド「KINGSHIP」をフィーチャーした「KINGSHIP Islands」が、大手ゲーミングプラットフォームRobloxでプレイ可能になった。
12:40
ビットコイン38000ドル台復帰で年初来高値更新うかがう、ビットコインETF巡る報道続く
暗号資産(仮想通貨)市場ではビットコインETF承認期待やFOMCの金利据え置き予想を背景に、BTCが高値更新を目前にしている。日足でアセンディングトライアングルを形成しており、ブレイクすれば4万ドルの心理的節目が視野に入る。
11:26
ビットコイン先物ETF「BITO」、運用資産額が過去最高値更新
米国初のビットコイン先物ETF「BITO」が運用資産で歴史的高値を更新。今年のBITOへの純流入額は11月24日時点で4億3,800万ドルであり、特に11月10日までの2週間で2億2,400万ドルが流入した。現物ビットコインETF承認への期待が高まり、BTC市場への機関投資は9週連続で純流入を記録している。
10:45
ビットコイン取引手数料で4億円超の過払い アントプールが返却へ
アントプールは、あるユーザーが過大に支払った83ビットコインの手数料を返却すると発表した。
09:45
大和証券ら4社、イーサリアムでST発行へ
大和証券グループは、パブリックブロックチェーン上でセキュリティトークンを発行するPOCを実施すると発表。基盤には仮想通貨イーサリアムのブロックチェーンを活用する。
08:30
NYダウ今年の高値更新 10月PCEがインフレ鈍化示唆
米株指数NYダウは本日+520ドル超と大幅続伸。11月には今年の高値を更新し2022年1月以来の高値をつけた。一方、仮想通貨ビットコインの11月の上昇率は8.8%だった。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア