ソラナ(SOL)の価格・チャート|今後の将来性や買い方を解説

ニュース 基礎情報 関連記事
04/03 (水)
元ARK仮想通貨部門責任者「ソラナは過去最高値を更新し、トップ3定着の可能性がある」
Placeholderのクリス・バーニスケ氏が暗号資産(仮想通貨)ソラナの市場価格が過去最高値を更新すると予測した。ビットコインの可能性も分析し、合理的な市場見通しを提供。元ARK仮想通貨部門責任者として知られ、28万人のフォロワー数を有する。
CoinPost
04/03 (水)
仮想通貨VCパラダイム、新ファンドで約1300億円調達か
仮に7.5億ドル(1,136億円)に達すればこのファンドは2022年5月の仮想通貨市場の暴落以降で最大になる。2024年強気相場の再来を象徴するような金額だ。
CoinPost
04/03 (水)
ソラナとビットコインの通信プロトコル「Zeus」、Jupiter投票者などにエアドロップへ
Zeus NetworkはJupiterの初回ローンチパッド対象投票戦で選出されたプロジェクトで4日にJupiterのローンチパッドで50,000,000のトークン販売を行う予定だ。ZEUSのエアドロップはトークン販売の前に、初期サポーターに向けてインセンティブとして与えられる。
CoinPost
04/03 (水)
BNBチェーン、ミームコイン開発者招致で1.5億円報酬を用意
仮想通貨ミームコインは企業の資金インセンティブで発生するものでなく、お金でミームコイン・カルチャーを買うことはできないと、ソラナのRaj Gokal共同創設者はSNSで指摘。
CoinPost
04/03 (水)
Wormholeの仮想通貨「W」、バイナンスなどに今夜上場予定
仮想通貨ブリッジ大手のWormholeがリリース予定の「W」トークンはバイナンスなどに上場する予定だ。
CoinPost
04/02 (火)
月間DEX取引量が過去最高を記録、ミームコインブームがけん引
2024年3月、ミームコインの牽引によりDEX取引量が史上最高を記録。ヴィタリック・ブテリン氏は高品質なミームコインを求め、暗号資産(仮想通貨)業界へのポジティブな貢献を呼びかけた。
CoinPost
04/02 (火)
アーサー・ヘイズ氏、ミームコインがブロックチェーンにもたらす価値を評価
仮想通貨取引所BitMEXの創業者のアーサー・ヘイズ氏は、金融メディア「Real Vision」のインタビューで、ミームコインはブロックチェーンに注目と価値をもたらすと主張。単に馬鹿馬鹿しいものと切り捨てることに疑問を呈した。
CoinPost
04/02 (火)
WiFi共有のDePin系プロジェクト「Roam」、ソラナブロックチェーンに移行
Roamとは、トークン「ROAM」の報酬を基盤とする分散型のWiFiシェアリングサービスだ。ユーザーは「MetaBlox miner」という特製のルーターを購入、あるいは自らのルーターネットワークをスマホアプリに追加し、インターネットへのアクセスシェアすることで今後ROAMトークンに変換できるポイントを稼ぐことができる。
CoinPost
04/01 (月)
米資産運用会社モルガン・クリークCEO、ビットコイン年内2000万円超えを予想
米資産運用会社モルガン・クリークの創設者兼CEOがCNBCの「Fast Money」に出演。メトカーフの法則を用いて仮想通貨ビットコインの今後の価格を年内15万ドル超えと予測した。
CoinPost
03/31 (日)
週刊仮想通貨ニュース(+アジア特集)|ビットコインの21Sharesによる半減期分析やJPモルガンによる相場分析に高い関心
今週は、21Sharesによるビットコイン半減期分析、JPモルガンによるビットコイン相場分析、米投資会社ケリスデール・キャピタルによるマイクロストラテジーの株価分析に関する記事が最も関心を集めた。
CoinPost