MoonstakeがIOSTステーキングに参戦、エコシステム拡⼤のためのマーケティング戦略パートナーシップを締結

本稿は企業が広報のために発信するプレスリリースです。CoinPostの執筆記事ではありません。

資産総額は約9億ドル、世界トップ10に⼊るステーキングサービスMoonstakeとエコシステムを発展させる

ステーキングネットワークサービスを開発・提供するMoonstakeは、IOSTブロックチェーンエコシステムのノードパートナーとして正式に参加します。この提携によりMoonstakeはIOSTの開発チームと協⼒し、MoonstakeウォレットでのIOSTステーキング(投票)機能を実現します。

Moonstakeは、アジア最⼤のステーキングネットワークを構築することを⽬指し、2020年からステーキング事業を開始しました。Moonstakeは2000以上の暗号通貨に対応したウェブウォレットとモバイルウォレット(iOS / Android)の両⽅で、最もユーザーフレンドリーなウォレットを開発してきました。

2020年8⽉に開始された本格的な運⽤を経て、Moonstakeのステークス資産総額は現在9億ドルを超え、Moonstakeのプラットフォームはわずか1年で世界トップ10に⼊る規模のステークスサービスプロバイダーとなりました。Moonstakeのステーキングコミュニティは、Cosmos、IRIS、Ontology、Harmony、Tezos、Cardano、Qtum、Polkadot、Quras、Centrality、Orbs、そして近々登場するIOSTを含む、市場で需要の⾼いProof-of-Stakeコインからステーキング報酬を簡単に得ることができます。

ノードパートナーコミュニティによる、より分散化されたエコシステムの構築

IOSTプロトコルが継続的に発展するためには、分散型ネットワークを⽀え続けるノードコミュニティの協⼒と貢献が重要になります。ノードコミュニティにエコシステムネットワークのオブリゲーションを任せることは、より分散化されたエコシステムの構築に寄与します。

このMoonstakeとのパートナーシップのプロモーションに必要な資源の提供を、IOSTノードパートナーのひとつ、AIYAA(*1) から受けます。今回の戦略パートナーシップの実現は、ノードコミュニティによるエコシステムのオブリゲーションの⼀歩となります。

(*1)https://www.iostabc.com/account/aiyaa_net?activetab=0&listtab=0&page=1&rowsPerPage=20

熟練した開発チームと世界中の強固な企業とのパートナーシップを促進する

このMoonstakeとIOSTのコラボレーションは、IOSTの保有者にMoonstakeウォレットで満⾜のいくステーキング体験をもたらすことを約束します。

Moonstake創業者 手塚満氏は次のようにコメントしています。

“Moonstakeは、実⽤性のある主要なブロックチェーンプラットフォームIOSTと提携し、Moonstakeウォレット上でIOSPRESS RELEASE報道関係各位 IOSTTのステーキングに参加できることに興奮しています。IOSTステーキングの需要は、最近のIOSTネットワークでの多くの戦略的成果を受けて市場で増加しており、この要望の多い機能を私たちのユーザーに提供することを嬉しく思います。

Moonstakeはまた、IOSTの⾰新的な専⾨性と分散型技術の様々な分野でより深いコラボレーションの機会を得ることを楽しみにしています。”

IOST共同創業者兼CTO Terrence Wang のコメント。

“わたしたちは最新のトレンドをIOSTネットワーク上ですばやく開発できる特徴を活かして、常に⾰新的なプロジェクトとの提携を模索してきました。Moonstakeがローンチからわずか1年で達成した市場での地位に⾮常に驚いています。

MoonstakeウォレットでのIOSTステーキングの開始によって、わたしたちのコミュニティが望んでいるIOSTネットワークでのサービスが増えること、またMoonstakeチームとの更なるコラボレーションの機会を楽しみにしています。”

MoonstakeウォレットのIOSTコイン対応は、2021年5⽉下旬頃を予定しています。

問い合わせ

  • IOSTでの開発/提携に関して: jp [アット] iost.io
  • *暗号資産の投資に関する個⼈からの問い合わせはお控えください。

Moonstakeについて

Moonstakeは、世界のブロックチェーン市場で⾼まる需要を満たすために、ステーキングプールプロトコルを開発するために設⽴されました。Moonstakeは、ステーキングプールプロトコルを開発し、パートナーとの協業や企業へのビジネスサービスを提供し、ステークス資産総額は9億⽶ドルを超えています。

ステーキングの導⼊を促進するために、Emurgo、Ontology、NEO、⽇本最⼤のブロックチェーンハブであるBinarystar、シンガポールの上場企業であるOIO Holdings Limited(SGX: OIO)とのパートナーシップを発表しています。

URL:https://moonstake.io/ja/

IOSTブロックチェーン、IOST財団について

次世代コンセンサスアルゴリズム"Proof of Believability(PoB)"に基づく超⾼速の分散型ブロックチェーンネットワークです。分散型経済のセキュリティとスケーラビリティのニーズを満たすオンラインサービスの基盤となるアーキテクチャを⽬指しています。

ディプロイ後の修正機能を備えた、JavaScpritをサポートする、スマートコントラクトと限りなく低い開発コストは、エンタープライズソリューションとして受け⼊れられます。

URL:https://iost.io


IOSTのプレスリリース⼀覧

https://prtimes.jp/main/html/searchrlp/company_id/41312

本稿は企業が広報のために発信するプレスリリースです。CoinPostの執筆記事ではありません。
サービスのご利用・お問い合わせに関しては、直接サービス提供会社へご連絡ください。CoinPostは本稿で言及されたあらゆる内容について、またそれを参考・利用したことにより生じたいかなる損害や損失において、直接的・間接的な責任を負わないものとします。ユーザーの皆さまが本稿に関連した行動をとる際には、必ず事前にご自身で調査を行い、ご自身の責任において行動されるようお願いいたします。
▶️本日の速報をチェック!