ビットコイン(BTC)|投資情報・リアルタイム価格チャート

03/18 (水)
強気派キャピタリストTim Draper「ビットコインは最終的に成功を収める」
コロナウイルス拡大の影響で世界の株価が暴落する中、米著名投資家Tim Draper氏はビットコインに対する強気姿勢を崩していない。ビットコインは最終的に成功を収めると見解を展開した。
03/18 (水)
株式など金融市場の取引時間短縮の可能性に「待った」米CME声明文
米財務長官のSteven Mnuchinが言及した、株やデリバティブ取引所の取引時間を短縮する可能性に、米CMEが待ったをかけた。リスクが高まる可能性や、緊急対応について声明を発表した。
03/18 (水)
ビットコインの歴史的急落に「前兆」 仮想通貨投資家動向分析=CoinMetrics
歴史的な急落となったビットコイン市場について、13日に3800ドル台の安値まで下落した「2回目の急落」にトランザクションから見る前兆があったことがわかった。仮想通貨分析企業CoinMetricsが暴落前後のトランザクション推移を報告した。
03/18 (水)
ビットコイン高騰受け仮想通貨市場は全面高 NYダウの急反発を好感
仮想通貨市場は18日、大幅反発。ビットコインは一時60万円まで値を戻し、前日比10%高で推移。アルト市場も全面高の様相だ。
03/18 (水)
「仮想通貨の暴落をチャンスに」決済企業が個人投資家買い増しの実態明かす
法定通貨インフラを提供するSimplex社は先週の価格の暴落時に際し個人投資家が仮想通貨を多く購入している実態を明かした。人気の銘柄や地域別の割合も説明している。
03/18 (水)
大手仮想通貨レンディングBlockFi、ビットコインとイーサリアムの利率を大幅に引き上げ
大手仮想通貨レンディングサービスBlockFiは、4月1日よりビットコインイーサリアムのレンディング金利を引き上げる予定だ。伝統金利が0に近づく一方で、BlockFiは需要を見いだす。
03/18 (水)
Google Payで仮想通貨決済 コインベースのVisaカードが対応
米大手仮想通貨取引所コインベースの「Coinbase Card」が、Google Payで利用できるようになった。徐々に利用可能な国や銘柄も増やし、サービスの充実を図っている。
03/17 (火)
Opera、Apple Pay経由で仮想通貨ビットコインとイーサリアム購入可能に
WebブラウザOperaが決済会社Wyreと提携、自社のブラウザで仮想通貨ビットコイン(BTC)とイーサリアム(ETH)の直接購入を可能にする機能を追加した。米国ユーザーが対象となる。
03/17 (火)
ビットコイン暴落時のBitMEXサイバー攻撃 仮想通貨損失補償も含めた公式声明を発表
仮想通貨取引所BItMEXが、2度のDDoS攻撃について公式声明を発表した。仮想通貨のビットコイン損失補償や、攻撃の経緯、今後の対応について説明された。
03/17 (火)
「ビットコインが安全資産でないと断ずるのは早計」米仮想通貨銀行CEO
ビットコインが安全資産との論調は影を潜めるなか、米国初の仮想通貨銀行AvantiのCEOは、「安全資産でないと判断するのは早計」と指摘。大手仮想通貨ファンドマネージャーPompのポッドキャストに出演、独自の見解を示した。
03/17 (火)
米コインベース法務責任者が米国規制当局に移籍 仮想通貨の潮目変わるか
ビットコイン懐疑派の米国財務長官が、仮想通貨取引所コインベースの最高法務責任者を、政府の銀行規制当局の幹部に任命したことが分かった。米国財務省で仮想通貨に対する動きが変化する可能性もある。
03/17 (火)
仮想通貨の発行や流通を禁止か ロシア中銀による新法案で=現地メディア
ロシア中央銀行は現在調整中の法案で、仮想通貨の発行や流通が禁止する方針である可能性が浮上した。ロシア連邦中央銀行の法務部長アレクセイ・グズノフ氏が現地メディアの取材で明らかにした。
03/17 (火)
ビットコインと株式で過去最高の「相関係数」 仮想通貨の割安域はどこに?
リスク回避姿勢を強めた株や為替市場の影響は、仮想通貨ビットコインなど金融市場全般にも波及。為替市場やダウ先物にも影響を及ぼす「指数売り」との相関が強まりつつあるビットコイン市場の傾向は17日も継続した。
03/17 (火)
速報 仮想通貨をスタバで 「Bakktキャッシュ」が統合
ICEの仮想通貨子会社Bakktが提供する決済手段が、スターバックスのアプリに統合された。ビットコイン(BTC)のデリバティブ取引を経て、待望の第二フェーズ「決済」が始動する。
03/17 (火)
Bitfinex、2.8億ドル仮想通貨のヘッジファンドを上場 機関投資家マネーの流入に期待
仮想通貨取引所Bitfinexが初めて、仮想通貨のヘッジファンドを上場。同社の技術責任者が規模や詳細、今後の計画について語った。
03/16 (月)
仮想通貨ビットコイン市場暴落「5つの要因」激動の相場を時系列で振り返る
リーマンショック以来の金融市場全面安に伴う投資家のリスク回避姿勢は仮想通貨市場にも波及した。前週比一時-50%を記録したビットコイン相場では、何が起きていたのか。
03/16 (月)
ビットコイン採掘市場に「黄信号」か、仮想通貨時価総額は1540億ドルに半減
13日の世界的金融市場の歴史的な暴落に伴い、ビットコイン価格は急落。ハッシュレート減少で、BTC半減期を見越した仮想通貨マイナーも強気姿勢から一転、採算割れに伴う各種懸念が広がっている。
03/16 (月)
速報 中国のビットコイン価格にプレミアム発生 世界の仮想通貨市場と+6%乖離
中国で、ビットコイン(BTC)の買いが優勢か。 仮想通貨市場のマーケット価格で、中国のOTC取引市場にプレミアムが発生していることが確認された。
03/16 (月)
PoW仮想通貨の懸念「51%攻撃」への反撃に成功 ビットコインゴールドで
ビットコインゴールド(BTG)ブロックチェーンで51%攻撃に対する反撃が観測、ハッカーによる二重支払いの無効化に成功したと、米MITのデジタル通貨イニシアチブ(DCI)の研究者が報告した。
03/16 (月)
「ビットコイン半減期」が一転 仮想通貨市場の懸念材料になる可能性
コロナショックから波及したビットコイン価格の急落で仮想通貨マイナーの収益が大幅悪化。5月の半減期でさらなる収益悪化も懸念される。撤退業者が増加すれば負のスパイラルに陥る可能性も。