ビットコイン(BTC)の価格・チャート|今後の将来性や買い方を解説

ニュース 基礎情報 関連記事
07/15 (水)
沈静化するビットコイン、相関係数では仮想通貨セクターの「連動性」が顕著に
ビットコインと最も相関係数の高い仮想通貨は、先行指標とされやすいイーサリアムで0.85。相関の低い銘柄は、最近高騰したチェインリンクや世界最大手の取引所が発行するバイナンスコインが挙がった。DeFi銘柄など、セクター単位の連動性が散見される。
CoinPost
07/15 (水)
暗号化データへのアクセス協力を企業に義務づける米法案──仮想通貨業界から懸念の声
米国の連邦議会で暗号化データへのアクセス支援を企業に義務づける暗号解読関連法案が審議される中、仮想通貨のひとつの特徴でもある「プライバシー」にも影響が及ぶ可能性が指摘されている。現任司法長官も「ビットコインを含む仮想通貨は対応できない」と懸念を表明している。
CoinPost
07/15 (水)
仮想通貨取引所ログインに新たなセキュリティの仕組み──USBセキュリティキーを導入
米仮想通貨取引所GeminiがYubiKeyと提携、ハードウェアセキュリティキーによる取引所アプリへのログインを実現した。ユーザーはGeminiへのログイン時に、強力なセキュリティ保護を受けられるようになる。
CoinPost
07/15 (水)
個人退職口座のビットコイン、保管セキュリティは機関投資家レベルに フィデリティが提供へ
キングダムトラストが個人退職口座サービスにおいて、「Fidelity Digital Assets」のコールドストレージでビットコインの保有が可能になったことを発表。秘密鍵を自身で管理することなく、ビットコインを安全に保有することができる。
CoinPost
07/15 (水)
2020年、世界のアルト市場は過熱の様相 ビットコイン半減期の裏で
イーサリアムブロックチェーン上で発行されるERC20トークンの総時価総額が初めて、仮想通貨イーサリアムの時価総額を上回った。世界でアルト市場がバブルさながらの過熱の様相を呈している。
CoinPost
07/15 (水)
過去最高難易度のビットコイン、ハッシュレートは反落せず
仮想通貨ビットコインネットワークの大幅な難化調整から36時間が経過した時点で、警戒されたマイニングハッシュレートへの影響は確認されていない。
CoinPost
07/15 (水)
米PayPalの仮想通貨事業参入、本当だった 欧州委員会に書面提出
公開された欧州委員会に提出された文書で、PayPalが仮想通貨業界に携わっていることが明らかになった。6月にはPayPalが仮想通貨売買サービスを提供する計画や、仮想通貨・ブロックチェーンに関連する求人を出したことが報じられていた。
CoinPost
07/15 (水)
仮想通貨取引所バイナンス、欧州でVisa決済カードをローンチへ
世界大手仮想通貨取引所バイナンスが、英国を含めた欧州で、自社独自のVisaデビットカード「Binance Card」をローンチすることを発表。利用対象銘柄を含めたカードの特徴を説明している。
CoinPost
07/14 (火)
米大手金融フィデリティ、ビットコイン採掘企業の株式を10%超保有へ
米大手資産運用企業フィデリティが、カナダのビットコインマイニング企業Hut8の株式保有率を10%以上に高めていたことがわかった。先月行われたHut8の資金調達ラウンドで最大の投資家となっていた。
CoinPost
07/14 (火)
ビットコイン採掘速度が最高値更新、仮想通貨市場に好影響をもたらす4つの理由
仮想通貨市場では、ビットコインの採掘速度(ハッシュレート)が、過去最高の1.47億TH/sを記録。相場に好影響をもたらす4つの理由について海外アナリストが解説した。
CoinPost