中国政府、メタバース関連の詐欺に注意喚起

メタバースは容認も、詐欺行為を警戒

中国の銀行保険監督管理委員会は18日、メタバース(仮想空間)関連事業の詐欺行為に対する注意喚起を発表した。

暗号資産(仮想通貨)などを利用したゲームなどを禁止する一方で、仮想通貨を使用しないメタバースプロジェクトに関しては事実上容認している格好だ。

同委員会は一部の悪徳業者がメタバースを装って、「違法な資金調達や詐欺などの違法犯罪行為が疑われる事態」が最近多く発生していると指摘。一般市民に対して「危険防止意識と識別能力を高める」よう警戒を呼びかけた。

  • 偽のメタバースプロジェクト
  • ゲーム制作やAI(人工知能)、VR(仮想現実)といった言葉を巧みに使い、実際に存在しないプロジェクトに対して投資をさせ、資金を奪い取る悪徳業者がいると注意した。

  • 過度な誇張表現
  • 実際に「ゲームで遊びながらお金が稼げる」「短期間で、大きな収益が期待できる」といった誇張した表現で、仮想通貨の交換やゲーム機の購入させる詐欺プロジェクトに関する報告があったと説明。内容が不透明なゲームでは資金を持ち逃げされる危険性もあると指摘した。

  • 市場操作
  • メタバース内の土地購入などを引き合いに出して、運営側が、買い貯めなどの行為によって意図的に価格を吊り上げる事例があると報告。違法的な手段で投資家の投機的な買いを誘う可能性があるとして、注意を呼びかけた。

  • 仮想通貨の偽造
  • 発行した仮想通貨をメタバース用の通貨を偽造し、投資家に売りつける悪徳業者がいると指摘した。

中国政府は、仮想通貨を使わないNFTやメタバースは禁止していない。今回の注意喚起は、あくまで詐欺被害を抑えるために市民に向けてなされたもので、規制に則り正しく開発を進めているプロジェクトに関しては現時点では容認されている模様だ。

中国のブロックチェーン規制

中国は、2013年から仮想通貨に対して、取引やICO(イニシャル・コイン・オファリング)の禁止など、多くの禁止措置をとってきた。2021年5月には金融リスクの回避や、デジタル人民元の推進などの観点から、ビットコインのマイニングおよび取引の取り締まりを発表。そして同年9月には、仮想通貨の取引とマイニングを全面禁止に踏み切った背景がある。

関連:中国中央銀行、仮想通貨マイニングと取引規制について新たな取り締まりを命じる

しかし、NFT(非代替性トークン)やメタバースに対しては関心を寄せており、メタバース関連の業界団体「元宇宙産業委員会」の設立や、NFTインフラとして機能する「BSN分散型デジタル証明(BSN-DDC)」のリリースを計画するなど、仮想通貨を使用しないNFTやメタバースは禁止されていない。

関連:中国の政府関連ブロックチェーンサービス、NFTインフラ立ち上げを計画

そのため、中国ではメタバース事業への商標出願が増加しており、中国大手テック企業のアリババグループやテンセントホールディングスも申請している状況だ。

今回の注意喚起は、メタバース事業を装った悪質な資金調達に対するもので、中国政府側はこれらの詐欺行為に厳しい姿勢を示しており、メタバース関連商標の多くを却下している模様だ。

関連:中国政府、メタバース関連商標の多くを却下

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します