米カリフォルニア州の元議員ら、ビットコイン法定通貨化を提案へ

ビットコイン法定通貨化法案を起草中

米国カリフォルニア州の元州議会議員らは20日、同州でビットコイン(BTC)を法定通貨にする法案を考案しているところだと明かした。

法案を起草しているのは、カリフォルニア州議会の元多数派リーダーで、現在政治関連の顧問業を行っているイアン・C・カルデロン氏ら。カルデロン氏は、暗号資産(仮想通貨)ビットコインの専門家デニス・ポーター氏と共に、超党派のビットコイン法定通貨化法を考案中だという。

詳細については言及しておらず、また追って知らせると述べた。

ポーター氏は、「ビットコインの採用は、雇用、経済開発、投資をもたらす」とツイート。米国でビットコイン法定通貨化を希望する声を選挙結果に反映するよう呼びかける「Make Bitcoin Legal Tender US(米国でビットコインを法定通貨へ)」というプロジェクトも紹介している。

このプロジェクトはホームページで次のように背景を説明した。

今、アメリカ人にとっては、貨幣価値の減少によって生じるインフレから資産を保護できるような形態のお金を持つことが重要だ。

米国政府は、ビットコインを法定通貨として認めていない。このため、平均的な米国人は、ビットコインを、キャピタルゲイン税を徴収されることなく、日常的な取引手段として使用することができない状況だ。今こそ、米国が、ビットコインを法定通貨として採用する時である。

以前より、ビットコインによる日常的な決済のハードルとしては、珈琲1杯のような少額取引にも課税されることが挙げられてきた。税務報告作業が煩雑になることもあって、そうした少額取引が抑制されるという見解だ。

米国の下院議員らは3日、約2万円以下の個人決済について、免税とする超党派法案を再提出している。

関連米下院議員ら、仮想通貨の少額決済を免税にする法案再提出

カルデロン氏らは、こうした決済面での利便性向上に加えて、インフレ対策も、ビットコイン法定通貨化を希望する背景として挙げた格好だ。

一般的に米国内で仮想通貨法案を積極的に行っている州政府は共和党優勢にある傾向だが、カリフォルニア州は民主党派であることで定評があり、経済的および影響力的にも今後の動向に注目が集まる。

アリゾナ州で法案提出の事例も

米国では、アリゾナ州上院で1月下旬、ビットコインを州の法定通貨にする法案が提出された事例がある。また、米テキサス州知事に立候補しているDon Huffines氏も、ビットコインを州内で法定通貨とすることを政策として掲げていた。

関連米アリゾナ州、ビットコイン法定通貨化の法案を提出

ただ、米国の憲法では、州が独自の法定通貨を定めることは認められていないため、どの程度、実現可能性があるのかは不明だ。しかし、エルサルバドルがビットコインを法定通貨に採用することを決定してから、他の国や地域でも、こうしたアイデアを検討する事例が増えている。

関連:南太平洋トンガ王国議員、今秋ビットコイン法案を提出へ

一方で、エルサルバドルのビットコイン導入は「経済の安定性に重大な影響を及ぼしかねない」と懸念する米国議員らも存在。先週16日には、米経済への潜在的リスクも含め、その影響を調査するための法案を提出したばかりだ。

関連米議員、エルサルバドル・ビットコイン法のリスク調査を提案

エルサルバドルのビットコイン法とは

エルサルバドルのブケレ大統領が推進した法案。ビットコインを米ドルとともに国の法定通貨として認め、国内の決済利用を念頭に定めたもの。2021年6月9日に議会によって可決された。ビットコインが国の法定通貨として正式に認められる初事例となった。

▶️仮想通貨用語集

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します