南太平洋トンガ王国議員、今秋ビットコイン法案を提出へ

ビットコインを法定通貨に

昨秋、暗号資産(仮想通貨)ビットコイン(BTC)を法定通貨に認めたエルサルバドルに続き、南太平洋のトンガ王国でも同様の法案を準備する動きが続いていることがわかった。

ビットコイン推進派として知られるFusitu’a貴族代表議員が12日、法整備の暫定的な予定をSNS上で明らかにした。

  1. 9月/10月に法案を議会に提出→可決
  2. 国王の裁可待ち
  3. 1ヶ月以内に裁可→国王が法案に署名
  4. 2~3週間以内に政府が施行日を発表。その後、ビットコインが法定通貨に

これまでも、Fusitu’a貴族代表議員はエルサルバドルに追随する格好で、ビットコインを法定通貨に定める法整備を進めていることを示唆していた。今回初めて、具体的なタイムラインが明かされた。

法案は早ければ、今年の11月〜12月頃に施行できると同議員は予測。ビットコインやレイヤー2プロトコルのライトニングネットワークに関する国民の認知度向上が課題になると述べた。

ライトニングネットワークとは

ブロックチェーンの外で取引を行うオフチェーン取引を提供するレイヤー2プロトコル。低コストで高速なマイクロペイメントをビットコイン・ネットワーク上で可能にする。

▶️仮想通貨用語集

なお、トンガで提出されるビットコイン法案もエルサルバドルのビットコイン法をモデルにしているという。

ほぼ同じ内容

ビットコイン採択の理由とは

トンガは南太平洋の島嶼国。人口は約10万人、面積も東京都の約3分の1で、エルサルバドル同様に国家GDPの4割近くが海外送金から成り立っている。

同議員は21年6月にエルサルバドルのナジブ・ブケレ大統領がビットコインを法定通貨と認める法案(ビットコイン法)を初めて発表した際にも支持する意見を挙げていた。

ビットコインの法案は本国への送金を容易にする。雇用創出と金融包摂につながるだろう。

トンガ?

関連: 南太平洋のトンガ王国、貴族議員がビットコイン支持を表明

ビットコイン法とは

正式名称はLey Bitcoin。米ドルと並行する形で、ビットコインを法定通貨として認め、市民がビットコインを全ての決済シーンで利用できることを定める。

エルサルバドルのブケレ大統領が推進した法案で、2021年9月より施行。ビットコインが国の法定通貨として正式に認められる初の事例となった。

▶️仮想通貨用語集

21年6月に米マイアミで開催された大型カンファレンス「Bitcoin 2021」にて、エルサルバドル共和国のナジブ・ブケレ大統領は急遽ビデオ出演。

ビットコイン決済企業Strikeのジャック・マーラーズCEOとともに同国では、GDPの50%以上が海外送金に依存せざるを得ない状況や、銀行口座を持たないアンバンクト層が国民の7割を超えるなど既存の金融システムが機能していないと発言。

ビットコインを法定通貨と定めることで、海外送金の手数料コスト削減、雇用創出、国民の金融包摂につながると提唱していた。

関連:【全文】ビットコインの法定通貨化、エルサルバドル大統領のスピーチ

エルサルバドルに続く動き

なお、ブケレ大統領自身も2022年初頭には、さらに2ヵ国が2022年にビットコインを法定通貨に定める動きが強まると展望。

21年6月には多数の南米国家でも、複数の政治家がSNSアイコンにビットコイン支持を示す「レーザー・アイ」加工を加えた経緯もある。

関連:エルサルバドル大統領、2022年のビットコインについて6つの予想

関連:エルサルバドルに触発された中南米諸国、政治家が続々とビットコイン支持を示唆

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します