エルサルバドルに触発された中南米諸国、政治家が続々とビットコイン支持を示唆

中南米諸国、続々と仮想通貨支持を示唆

週末にかけ、国家として世界で初めてビットコイン(BTC)を法定通貨とみなす意向を示した中米の小国エルサルバドル。発表後、中南米諸国の政治家らが、続々と暗号資産(仮想通貨)の支持を表明している。

6月8日昼時点では、中南米地域からは以下の国々の政治家が仮想通貨支持をSNS上で示した。

  • アルゼンチン
  • ブラジル
  • パナマ
  • パラグアイ
  • エルサルバドル
  • コロンビア
  • メキシコ
  • エクアドル

エルサルバドル

エルサルバドル共和国のブケレ大統領は先週末、米マイアミ市で開催されたビットコインカンファレンスにゲスト出演。金融包摂などの観点からビットコインを法定通貨として認める法案の提出に言及した。

実現すれば世界初の事例となることで大きな注目を集めている。ブケレ大統領はその後、自身のツイッタープロフィールを支持派を意味するレーザー・アイ加工を施した。

また、ブケレ大統領の発表後、エルサルバドルの政治家も多数、SNS上のアイコンでビットコイン支持を表明している。

最新:エルサルバドル大統領が法案を正式に提出

ブケレ大統領は9日、議会へその関連法案を正式に提出したことをSNSで伝えた。(元文章はスペイン語であり、グーグル翻訳で内容を確認できる)

パラグアイ

エルサルバドルに続き、仮想通貨導入を示唆したのは南米パラグアイ共和国の議員。Carlitos Rejala議員もレーザー・アイ加工を行った上、「新たな世代とともに前進していく必要がある」とコメント。ツイッターハッシュタグで「bitcoin」と「paypal」と記し、重要プロジェクトの発表を示唆した。

Rejala議員から示唆された米送金大手のPayPal社は、20年11月から仮想通貨売買サービスを提供するなど、最先端技術に前向きな姿勢が目立つ。

仮想通貨に関するポッドキャストを配信する界隈の有識者であるアンソニー・ポンプリアーノ氏は以下のように分析した。

マイクロストラテジーが上場企業におけるドミノ効果の発端となったように、エルサルバドルの事例も、他国を触発するカタリスト(きっかけ)となるだろう。

パナマ

日本時間8日未明には、中米と南米の狭間に位置するパナマ共和国のGabriel Silva議員が、議会で仮想通貨関連法案を提出すると投稿。エルサルバドルのブケレ大統領の投稿を引用リツイートしつつ、以下のように述べた。

極めて重要な動きであり、パナマも取り残されてはならない。

(パナマが)真のテクノロジーと起業家のためのハブとなるためには、仮想通貨を支持する必要がある。我々も、議会に提出するための法案を準備している。

ブラジル

さらにブラジル連邦共和国の政治家であるFábio Ostermann氏も、自身のアイコンをレーザー・アイ加工。ビットコイン価格が10万ドル(約1,100万円)に到達するまで加工を続けることを意味する「#LaserEyesTill100k」というツイッターハッシュタグも添えた。

アルゼンチン

その後アルゼンチン共和国の政治家であるFrancisco Sánchez氏もレーザー・アイ加工をアイコンに加え、ビットコイン支持派であることを示唆。「信じられないことだが、これが現実だ」と言及した。

追記:コロンビアとメキシコも

上記5つの国以外にも、コロンビア、メキシコ、およびエクアドルの一部のラテンアメリカ政治家たちもビットコイン(仮想通貨)を支持する姿勢を示している。

重要な論点を動画解説

エルサルバドルによるビットコインの法定通貨法案提出に関連し、特に重要な論点や世界各国で発生し得る議論について、国内大手仮想通貨取引所bitFlyer創設者の加納裕三氏が詳しく解説した。

著者:Noah Sakamaki

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します