米FBI、仮想通貨犯罪に対する取締体制を強化

仮想通貨関連犯罪の取り締まり体制の強化へ

米連邦捜査局(FBI)は17日、仮想通貨関連の犯罪の取り締まりに特化した特別ユニット(Virtual Asset Exploitation Unit:以下、VAEU)の設立を発表。また、米司法省は、国家暗号資産(仮想通貨)執行チーム(NCET)の初代ディレクターとしてデジタル資産犯罪エキスパートを任命した。

関連米バイデン政権、仮想通貨規制に関する政策方針を来週公開か

FBIは、仮想通貨関連の犯罪を取り締まるための特別ユニットVAEUの設立を発表した。

これは、2022年2月に米司法省が、2016年に起きた仮想通貨取引所Bitfinexのハッキング事件に関係する人物を起訴し、5,000億円以上の価値があるビットコイン(BTC)を差し押さえたことを受けて発足された。

関連:Bitfinexの暗号資産ハッキング事件、容疑者夫妻の保釈判断分かれる

司法長官代理のLisa Monaco氏は、VAEUを「法執行機関の暗号通貨(仮想通貨)に関する専門家を集結させることで、ブロックチェーン分析、仮想資産の押収方法、FBIの他部署への訓練を提供することができる」と述べている。

同ユニットは、Monaco氏が2021年10月に発表したNCETの活動に参加する予定で、マネーロンダリング、サイバー犯罪、没収、規制政策の専門知識を持つ検察官と連携して、仮想通貨を悪用した犯罪者を追及することを目指している。

関連:米司法省、仮想通貨専門チームを設立 犯罪利用防止へ対策を強化

また、同氏は、内部の法執行機関同士による連携の強化だけでなく、外部との連携も強化して犯罪の撲滅に挑む姿勢を見せており、国際仮想通貨イニシアチブ(主導機関)の創設も発表した。

このイニシアチブでは、企業や法執行機関との国際的な連携がなされ、より共同的で国際的な法執行活動を目指す模様だ。

Monaco氏は、「今後、検察官、捜査官、アナリストは、サイバー犯罪者に情報を与え、告発や逮捕の可能性を損なってしまう可能性がある場合でも、サイバー脅威に対して破壊的行動をとるかどうかを、サイバー捜査の各段階において評価することになる」と述べ、多少の危険を冒してでも、サイバー脅威を阻止する姿勢を示した。

関連:米司法省、仮想通貨専門の弁護士を募集 マネロン・金融犯罪対策で

NECT 初代ディレクターが決定

NCETは、初代ディレクターとして、Eun Young Choi氏の任命を発表した。

Choi氏は、司法省で約10年経験を積むベテラン検事で、ディレクターとして任命される以前は、司法長官代理の上級顧問として活躍していた。

また、上級顧問を務める以前には、サイバー犯罪コーディネーターとしてサイバー犯罪や、詐欺、マネーロンダリング(資金洗浄)といった不正行為を対象に捜査・起訴に注力しており、仮想通貨を始めとするデジタル資産犯罪のエキスパートとして評価されている。

具体的な実績としては、JPモルガン・チェースやその他金融企業12社を襲ったハッキング組織の捜査や、無認可で行われた仮想通貨取引所Coin.mxの運営に対する取り締まり、「パナマ文書」事件の捜査で主任検察官を務めた実績がある。

NCETは、最新技術による犯罪に対処するためのチームで、司法省の取り組みの中心的な役割を果たす予定。同氏はその中で「サイバーと暗号資産における優れたリーダー」としての活躍を期待されている模様だ。

関連:『汚れたビットコインを資金洗浄』FBI機密文書漏洩で発覚した手口とは

関連200兆円超、巨額の資金洗浄を可能にした世界主要銀行と機能しない防止システム=FinCEN漏洩文書

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します