『汚れたビットコインを資金洗浄』FBI機密文書漏洩で発覚した手口とは

FBI機密文書がビットコイン交換方法に言及

先月、大量に漏洩した米連邦捜査局(FBI)の機密文書の中に、「汚れた」ビットコインをいかに資金洗浄するかについて詳細に解説している文書が発見された。

犯罪者は中米パナマの仮想通貨両替サービスを利用し、ビットコイン(BTC)をプライバシーコインのモネロ(XMR)と交換する手法を使っていたようだ。

漏洩した24年分の大量なデータ

人種差別への抗議行動が続くアメリカで、奴隷制廃止記念日である6月19日、米国の警察や連邦捜査局(FBI)の機密情報が大量に漏洩した。

このデータファイルは「BlueLeaks」と呼ばれ、ウィキリークスと並び称される団体、「Distributed Denial of Secrets」(DDoS、”分散型秘密拒否”)が公開したもの。

世界的ハッカー集団「アノニマス」が200以上の警察及び公安情報管理組織などからハッキングした24年分のデータだという。

ダークネットを利用する犯罪者の資金洗浄の詳細が書かれたFBIのレポートは、269ギガバイトという、BlueLeaksの巨大なデータファイルの中で発見されたものだ。

なお、一般へのデータ配布用として使われていた団体「DDoS」のサーバーは、昨日7月7日、ドイツ当局によって押収されている。

仮想通貨両替サービスを利用した資金洗浄

レポートでは、ダークネット市場(DNM)の犯罪者が法執行機関の追跡から逃れるため、パナマの仮想通貨両替サービス「MorphToken」を利用して、不正に手に入れたビットコインをモネロに交換する可能性が高いと指摘している。 

FBIは、ダークネットのサイト及びフォーラムからの情報収集、ブロックチェーン上の取引データの独自分析、またMorphTokenのAPIを利用した監視に基づいてこの判断に達したということだ。

「Apollon」及び「Cryptonia」という名称の二つのDNMが指摘されているが、今年1月の時点でFBIはApollon関連で11BTCをMorphTokenに送り、モネロに交換した容疑者を特定しているという。

また、昨年5月から9月の間にCryptoniaで行われたビットコイン取引の手数料を分析したところ、MorphTokenに関連するアドレスに送付され、その全てがモネロに交換されていたことが、MorphTokenのAPIの照会から明らかになった。

さらに、同年11月、麻薬取引で生じた収益をMorphTokenへ送金したDNMの販売人4人を特定したという。MorphTokenでは5つの仮想通貨とビットコインの交換が可能だが、FBIが特定したほぼ全てのビットコインは、モネロに交換されていたとのことだ。

パナマとモネロ:マネロン最強の組み合わせか

中米パナマの名前を広く知らしめたのは、史上最大のリークと呼ばれる「パナマ文書」事件。パナマの法律事務所「モサック・フォンセカ」から流出した総数1150万件を超える租税回避行為に関する機密文書には、各国の首脳関係者や要人、有名企業や著名人が含まれていた。

タックス・ヘイブンであるパナマは金融機関の機密や個人の匿名性を保護することでも知られており、仮想通貨や取引所に対する規制も実施していないという。FBIはMorphTokenのような取引所では顧客確認対策が十分でないと懸念を表明している。

一方、プライベートコインとして知られるモネロ(XMR)は、サイバーセキュリティ企業マカフィーの創業者、ジョン・マカフィーによれば、ダークネットの99%の取引で受け入れられ、ビットコインに勝ると豪語される仮想通貨だ。

リング署名、ステルスアドレス、秘匿トランザクションという三つの技術によって、高い匿名性が築かれている。

FBIのレポートでは、法執行機関が仮想通貨の追跡に成功する事例が増えるにつれ、犯罪者はモネロのような匿名性の高い仮想通貨を利用する可能性が高くなるだろうと述べている。

出典: FBI WASH INGTON FIELD OFFICE


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します