CoinPostで今最も読まれています

軟調相場もビットコインハッシュレートと難易度は過去最高値に、大口アドレスの傾向は CoinPost週次データレポート Vol.43

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

2月の仮想通貨動向

2月第3週の暗号資産(仮想通貨)市場。先週に続き、緊迫した状況が続くウクライナ情勢に影響される形で金融市場全体の乱高下に揺さぶられた。前週末にかけて心理的節目の4万ドルを下回り、厳しい情勢が続いている。

出典:Tradingview

イーサリアム(ETH)も同様に大幅下落した。17日には、有料会員向けにツイッターのETH投げ銭機能の追加を発表。BTCに続いて2銘柄目。

出典:Tradingview

関連:ツイッター、イーサリアム投げ銭機能を公開

時価総額TOP20の騰落率

時価総額上位銘柄の週間騰落率は以下の通り。(20日時点:ステーブルコイン除く)

参照:CoinMarketCap

関連:2015〜2020年、仮想通貨「時価総額TOP20」の顔ぶれと変化

ビットコインのオンチェーン・データ

ビットコイン(BTC)関連の注目のオンチェーンデータは以下の通り。

ディフィカルティ

ビットコインネットワークは17日、難易度調整を完了。+4.78%のプラス調整となり、ディフィカルティは過去最高値を更新した。

出典:btc.com

関連:マイニングにおけるDifficulty(採掘難易度)とは|ハッシュレートとの相関性について解説

ハッシュレート

また、ビットコインネットワークのハッシュレート(採掘速度)も過去最高水準を更新。30日間の平均値は21年5月のピークから16.8%の増加を記録した。

Glassnodeは、「ハッシュレートは日毎の数値の変動が激しいため、30日間の平均値を算出することで長期動向を見やすくしている」と説明している。

オンチェーンアナリストのWill Clemente氏は21年5月に中国政府が仮想通貨禁止令を発令してから、順調に回復していると分析。ビットコインネットワークの堅牢性はこれまでに無いほど安全だとコメントした。

大口投資家のHODL状況

ブロックチェーン分析サイトSantimentによれば、10万BTC以上を保有する超大型アドレスの保有するビットコイン量は昨年2月から40万BTC増加した。同供給量は21年6月のピーク時には69万BTCに到達していた。

また、オンチェーンアナリストのAli Martinez氏は、100BTCから10万BTCを保有するアドレスが2月以降、横ばいの推移を続けていると指摘。大口投資家は現在の価格帯での購入を避けている模様であるとして、さらなる下落を想定している可能性があると考察した。

なお、Glassnodeが提供するHODL Waveマップによれば、1年以上HODLされているビットコインの供給量は全体の60%に達したことが確認された。

出典:Unchained Capital

仮想通貨投資ファンドAtlana Digital Currency FundのAlistair Milne CIOは19日、過去に2度(2016年前半と2020年中旬)、同数値は60%を超えたことがあると指摘。いずれも下落傾向が継続した時期だったという。

HODL Waveとは

ビットコインの未使用取引アウトプット(UTXO)データを基に、ビットコインのHODL(長期保有)状況を数値化した指標。ビットコイン供給量の内、どれほどのBTCがどれほどの期間HODLされているかを異なる色で表す。

▶️仮想通貨用語集

カナダのビットコインETF

オンチェーンアナリストのJan Wüstenfeld氏はカナダのPurpose Bitcoin ETFは18日、昨年2月の取引初日以来、最多となる資金流入を記録したと指摘。1日で1,20BTC分のETFが購入されたという。

Glassnodeによれば、カナダのビットコインETFは62,628BTC保有しており、これはビットコインの流通量の0.3%に匹敵する。

カナダでは、トラック運転手らが政府のコロナ政策を批判する為に、米国との国境を封鎖するデモが続いており、先週カナダ政府は緊急事態法を発令したばかり。これにより、政府側はデモ参加者への銀行送金の差し押さえも可能となっており、政府の検閲を避ける手段としてビットコインに注目が集まっている。

関連:カナダデモ鎮圧、警察が特定の仮想通貨ウォレットの取引停止を要請

日間アクティブアドレス低水準

ビットコインネットワークの日間アクティブエンティティー(ボット含む)は27万を記録。これまでBTC市場が高騰していた時期と比べると、新規利用者の需要は低下している反面、長期的なネットワーク効果は引き続き増加しているとGlassnodeは分析した。

イーサリアムのオンチェーン・データ

イーサリアム(ETH)関連の注目のオンチェーンデータは以下の通り。

ETH2.0 ステーキング額

ステーキング額:948万ETH(前週比+9万ETH)

beaconcha.in

関連:仮想通貨ステーキングとは|初心者でもわかる「報酬」の仕組み

ガス代

IntoTheBlockは17日、イーサリアムのガス代は過去3週間で低水準に達していると指摘。ガス代の低下が続く。

週間バーン量

イーサリアムネットワークの週間バーン(焼却)量は前週比で46,885ETH増加。通算バーン量は187万ETHに達した。

参照:Watchtheburn

大口ETHアドレスの保有状況

また、Santimentによれば、10万ETH以上を保有する大口アドレス群は昨年10月以降、累計154万ETHを買い増ししていると指摘。ETH価格が下落する中、一部の大口投資家は買い増しを続けていることが確認されている。

デベロッパーの参加者数

仮想通貨分析企業Coin98 Analyticsによれば、イーサリアムネットワークの開発者はブロックチェーンプロジェクトで2位の開発者が携わっていると指摘。1位はソラナ(SOL)だった。

  • ソラナ
  • イーサリアム
  • カルダノ
  • ポルカドット
  • コスモス
  • テラ
  • アバランチ
  • ポリゴン
  • ファントム

DeFi(分散型金融)

DeFiプラットフォームのTVLは21日時点で1,944億ドル(22.3兆円)だった。

出典:DeFi Llama

TVL(Total Value Locked)は、DeFiプロトコルへ預入れされた仮想通貨資産の総ロック額を指す。

NFT

22年2月のNFT月間取引量は早くも40億円を突破。先月以前までは、過去最高だった21年8月の取引量を超えている。

前回の週次レポートはこちら:BTCのアクティブアドレス10週間ぶり高水準に、ETHガス代は21年7月以来の低水準

重要ファンダ情報などのクリプト指標カレンダーは、CoinPostアプリ(iOS)、TAOTAOアプリ(iOS/Android版)で好評配信中。

関連:クリプト指標導入「CoinPostアプリ」の使い方をトレーダー目線で解説|寄稿:Bit仙人

コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
12/06 火曜日
10:00
米リップル社とSEC、裁判所に最終書類を提出
米リップル社とSECは、仮想通貨XRPの有価証券問題を巡る裁判で、略式判決の動議書に対する回答を提出。約2年継続した裁判は、最終局面に入ったとみられる。
09:32
ツイッター、独自仮想通貨発行か
米ツイッター社は、独自通貨Twitter Coinを開発している可能性が浮上。仮想通貨に対応した投げ銭機能で使用されるとみられ、ツイッターコインは仮想通貨である可能性がある。
09:30
レンディングのNexo、米市場から撤退
仮想通貨融資企業Nexoは、米国から数か月をかけて段階的に撤退すると発表した。米国の州および連邦規制当局との対話に行き詰まったことを理由としている。
12/05 月曜日
16:50
bitFlyer、ZPG取り扱い開始へ
国内仮想通貨取引所bitFlyerが金(ゴールド)価格との連動を目指すジパングコイン(ZPG)の取り扱いを開始すると発表。基盤技術としてbitFlyer Blockchainのmiyabiを採用している。
14:30
TEAMZ WEB 3.0 SUMMITが開催決定
TEAMZは11月29日、日本最大級となるWeb3カンファレンス「TEAMZ WEB 3.0 SUMMIT 2023」の開催日を発表。来年4月6日(水)〜7日(木)の2日間の日程で東京・虎ノ門ヒルズで開催される。
14:20
ETH時価総額、BTCを追い抜けるのか丨動画解説
なぜ有識者はイーサリアムの時価総額がビットコインを抜かせると考えるのか?大型アップグレード「マージ」で変化した重要点など、市場の売り圧力についてWeb3企業HashHubの平野CEOが解説。
13:15
運営停止中のAAX、業務再開は困難か
運営停止中の仮想通貨取引所 Atom Asset Exchangeが、FTX破綻後の次なる犠牲となるのか憶測が広まっている。11月末に辞任したコミュニケーション担当責任者は、同取引所が通常業務を再開するよりも、「法的手続きに移行する」可能性の方が高いと指摘した。
12:54
みずほやSBI、Datachainと相互運用性に関する技術連携を開始
株式会社Datachainはみずほリサーチ&テクノロジーズ株式会社とSBI R3 Japan株式会社とのクロスチェーン技術における技術連携の開始を発表。相互運用性のユースケースを検討していく。
12:25
ドル指数続落で仮想通貨にも追い風、好材料のAVAXなど上昇
暗号資産(仮想通貨)ではドル指数(DXY)の続落を受けビットコインやイーサリアムが反発。アルトコイン相場では好材料の出たアバランチ(AVAX)やアプトス(APT)が上昇した。
12:00
ギャラクシーデジタル、セルシウス傘下企業を買収
米大手仮想通貨投資企業ギャラクシーデジタルは、カストディ企業GK8を買収すると発表した。破産申請したセルシウスの事業売却に伴うオークションで落札した形だ。
11:20
博報堂、Web3合弁会社を設立
広告大手の博報堂は仮想通貨アスターネットワーク(ASTR)の開発を手がけるStake TechnologiesとのWeb3合弁会社「博報堂キースリー」を設立。国内でのWeb3ハッカソンの企画や運営を強化していく。
10:12
ジェネシス、ジェミナイに1,000億円超の債務=報道
仮想通貨仲介事業者ジェネシスとその親会社DCGは、仮想通貨取引所ジェミナイに約1,200億円の債務を負っている。ジェミナイは資金回収について両社と交渉中だと伝えられる。
12/04 日曜日
12:00
「老後2000万円」問題とは、日本政府が投資をすすめる理由
「老後に2000万円が不足する」というフレーズを目にして、自分の将来や退職後の資金不足に漠然とした危機感を抱いている方が増えています。そこで、「老後2000万円問題」から現状の金融の問題を紐解き、ひいては投資の必要性についても詳しく検討していきましょう。
11:30
BTC中期レンジ下限の1.76万ドル周辺に注目|bitbankアナリスト寄稿
国内大手取引所bitbankのアナリストが、底堅く推移した今週のビットコインチャートを図解し今後の展望を読み解く。ビットコイン・オンチェーンデータも掲載。
11:00
週刊ニュース|バイナンスの日本進出に注目集まる
今週は、仮想通貨取引所バイナンスの日本進出に関するニュースが最も多く読まれた。このほか、バイナンスの通貨ペア廃止や、BlockFiの破産申請など、一週間分の情報をお届けする。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2022/10/14 ~ 2022/12/31
東京 東京都渋谷区宇田川町
2022/12/06 13:30 ~ 15:00
その他 京都市下京区中堂寺南町/オンライン
重要指標
一覧
新着指標
一覧