カナダデモ鎮圧、警察が特定の仮想通貨ウォレットの取引停止を要請

緊急事態法に基づき仮想通貨取引も抑制

カナダの王立騎馬警察(RCMP)は、暗号資産(仮想通貨)取引所に、トラックデモに関連するビットコイン(BTC)などのウォレットとの取引を停止するよう通知した。地元メディアThe Globe and Mailなどが報道した。

カナダ王立騎馬警察(RCMP)とは

カナダ連邦政府の国家警察。自動車が発明される前の時代から存在しており、かつては馬により巡回していたため「騎馬警察」の名前が残っている。

▶️仮想通貨用語集

RCMPのこの通知は、カナダ政府が14日に発動した緊急事態法に基づいている。

背景

背景として、カナダ政府が、米国との国境を越えるトラック運転手にワクチン接種を義務化したことに対して、抗議活動が行われていることがある。トラック運転手らが、道路を占拠したり、国境を封鎖するデモが長期化していることから、カナダ政府は緊急事態法の発動に踏み切った。

トルドー首相は、デモによる封鎖は「カナダ経済への打撃となり、公共の安全を損なう」「違法で危険な行動の継続を容認しない」と宣言している。

緊急事態法発動は、デモ車両の撤去など、より広い権限を警察などに与える。また、経済的にデモ活動を支援するネット上の募金などについても追跡しやすくなるという。

この取り締まりの一環として、RCMPは、仮想通貨取引所などに対し、抗議行動に関連するアカウントの取引を停止するよう指示する書簡を送付した格好だ。

金融機関に広く書簡を送付

書簡には、30以上のウォレットアドレスが掲載されており、これらのアドレスに関する取引を停止し、「取引に関するいかなる情報も、カナダRCMP長官に直ちに開示すること」と記している。

これらのアドレスは抗議活動への寄付などに関わるとされており、ほとんどがビットコイン(BTC)アドレスだが、イーサリアム(ETH)エイダ(ADA)、ライトコイン(LTC)のアドレスも少数存在した。

RCMPは、仮想通貨企業だけではなく、その他の従来型金融機関にも、似たような指示を出している。

カナダ銀行協会(CBA)によると、RCMPは銀行にも書簡を送り、道路封鎖活動に関与している個人の口座凍結や、金融サービス停止を求める圧力をかけているという。

こうした指示は、証券ディーラー、決済業者、クラウドファンディング・プラットフォームなど、金融セクターの広い範囲を対象としている。

仮想通貨コミュニティの声

トロントの仮想通貨取引所Bitbuyの法的遵守責任者Torstein Braaten氏は、デモが犯罪的な行為に結びついているかは分からないとしつつ、次のようにコメントした。

アドレスがもし、犯罪行為に関連する可能性があるとされた場合、非常に懸念する。私たちが犯罪に関与することは受け入れられない。

一方で、RCMPの措置は強引であるとの意見もあった。

ブロックチェーンを研究するクイーンズ大学のErica Pimentel教授は、今回の仮想通貨取引所への措置は、銀行口座を凍結するのと同等のものだが、人々の口座を凍結するのは行き過ぎた行為だと述べている。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します