ウクライナ情勢緊迫化で金融市場が動揺、ビットコインも大幅下落

仮想通貨市況と世界情勢

17日の米NY市場では、ダウが前日比622ドル24セント(1.8%)安となり、今年最大の下げ幅を記録した。

米バイデン大統領が「数日以内にロシアがウクライナに軍事侵攻する可能性がある。」と警鐘を鳴らしたことが背景にある。「ロシアに動きがあれば、断固として対応する用意がある」と牽制する一方、「外交努力を続ける」と言及。緊張緩和に向けた余地は残されているとの見方を示した。

紛争地のドネツク、ルガンスクで銃撃や砲撃などが相次いだとのロシアメディアによる報道があったことも市場の動揺を招いた。これについて米国務省は「軍事行動の口実のための偽情報」と主張するなど、激しい情報戦が繰り広げられている。

北京2022冬季オリンピックの閉幕式とロシアとベラルーシの合同軍事演習終了の重なる20日が目前に迫る中、ロシアの動向を訝る声も少なくない。主要7か国で構成される「G7」は、ウクライナ情勢について協議するため、来週にも緊急首脳会合を開催する方向で調整するとしている。

関連:ウクライナ、仮想通貨取引を合法化

地政学リスクでボラティリティ(価格変動性)高まる金融市場では、安全資産とされる金(ゴールド)価格が資金の逃避先として上昇している。2022年3月から政策金利引き上げが有力視される影響もあり、金価格は8ヶ月ぶりの高値となる1,900ドル台に達した。

XAU/USD週足

金や原油市場が上昇する一方、暗号資産(仮想通貨)市場は米株指数と相関しやすく、株などと同様のリスク資産とみられる向きが強い。17日時点で44,000ドル台を推移していたBTC価格は、マーケットのリスク回避姿勢が強まると一時40,100ドルまで急落した。

18日11時点では、前日比-7.4%の470万円(40,888ドル)。

BTC/USD日足

オンチェーンデータ分析

データ分析企業CryptoQuantののmaartunn氏は、イーサリアム(ETH)のExchange Netflow(14D SMA)が急上昇していることを指摘した。

maartunn

maartunn

取引所のネットフローは流入量(インフロー)と流出量(アウトフロー)の差分を示すもので、平均値は、イン/アウトフローの合計をイン/アウトフローのトランザクション数で割ったもの。

Exchange Netflowのデータによれば、過去数日間で+350,000ETHが流入超過となった。昨今では、米金融当局による金融引き締め示唆に加え、ウクライナ情勢緊迫化に伴う地合い悪化の影響で、金融市場全体で売りが先行している。

米国の暗号資産(仮想通貨)規制

米バイデン政権は来週中に、暗号資産(仮想通貨)に関する規制・監督の政策方針を公開する可能性がある。

関連省庁に向け、仮想通貨やCBDC(中央銀行デジタル通貨)を精査。デジタル資産規制における政府全体の戦略を立てるためのものだ。

詳細:米バイデン政権、仮想通貨規制に関する政策方針を来週公開か

関連:「NFTを国の成長戦略に」自民党デジタル社会推進本部・平将明議員インタビュー

過去に掲載したマーケットレポート一覧はこちら

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します