ビットコインSV(BSV)|投資情報・リアルタイム価格チャート

BSV/JPY チャート

24H7D30D180DMAX

BSV 基礎情報

Bitcoin SV(ビットコインSV)は、ビットコインキャッシュからハードフォークして誕生した仮想通貨です。SVはSatoshi Visionの略で、ビットコインを考案したSatoshi Nakamotoの理想を現実のものにすることを目指しています。

BSV関連ニュース

04/13 (火)
仮想通貨特許同盟COPAがクレイグ・ライト氏を提訴、ビットコイン「ホワイトペーパー」著作権巡り
仮想通貨オープン特許同盟(COPA)は、仮想通貨ビットコインのホワイトペーパーの著作権を巡って、その権利を主張するクレイグ・ライト氏に対し、訴訟を提起したと発表した。
01/22 (金)
自称サトシ・ナカモト、ビットコインホワイトペーパーの掲載取り下げを要請
仮想通貨ビットコインの作成者を自称するCraig Wright氏がBTCホワイトペーパーの著作権を主張、掲載を取り下げるよう複数ウェブサイトに要請したことが判明した。
09/27 (日)
盗まれた仮想通貨、ハッカーが一部売却へ
Kucoinのハッキング事件から1日、各仮想通貨(暗号資産)事業者が協力して、流出資金を取り戻す動きを続けている。一方で、出来高が増加した分散型取引所を利用して、一部の資産を売却する動きも確認されており、業界を網を掻い潜ろうとするハッカーの動きも見られている。
08/19 (水)
米ナスダック上場企業Riot、8千台のビットコイン採掘機器を新規購入
米国のナスダック上場仮想通貨マイニング企業Riot Blockchainが新たに8000台のS19マシンを購入すると発表した。すべての配送は来年の4月に完了する見込みだ。
07/03 (金)
業界標準の仮想通貨決済プロセス企業Simplex、ビットコインSV(BSV)の対応発表
EU規制に準ずる仮想通貨決済プロセス企業SimplexがビットコインSVに対応することを発表。BSV対応の多くの取引所で利用可能に。
07/01 (水)
約200万のイギリス成人が仮想通貨を保有=FCA調査
イギリスの金融行動監視機構(FCA)の最新調査によると、3.86%の成人人口が仮想通貨を所有。最も知られている銘柄も明らかに。
06/17 (水)
バイナンス、ビットコインSV最大のマイニングプールに
バイナンスのマイニングプールが、ビットコインSV最大のプールになっていることが、マイニングステータスデータ(Coin.dance)で明らかになった。
05/26 (火)
クレイグ・ライト所有のビットコインアドレスに指摘、真相は
マイニングで獲得したビットコイン(BTC)の所有権を巡る裁判で、被告のクレイグ・ライトが自身のものだと主張するアドレスが、クレイグを批判するために利用されたことが複数メディアから報じられ、仮想通貨業界で大きな話題になっている。
05/21 (木)
自称サトシ・ナカモト、11年越しのビットコイン送金を否定
2009年以来11年越しに移動されたビットコイン50BTCを巡り、アドレスを保有するとみられるクレイグ・ライトが送金を否定した。110万BTCの所有権を巡る裁判にも、少なからず影響を与える可能性が指摘される。
05/20 (水)
ビットコイン半減期で採掘事業の撤退事例 株式公開企業が破産申請へ
ビットコイン半減期に伴い、事業撤退するマイニング企業が出てきた。トロントに拠点を置くHyperBlock Inc.(株式公開企業)が、米モンタナ州ミズーラで行う大規模な仮想通貨マイニング施設を閉鎖し、破産手続きを開始することを発表した。
05/19 (火)
ビットコイン、今後注目したい「3つのポイント」 半減期後初の難易度調整は明日
5月12日に採掘報酬の半減タイミングを迎えた仮想通貨ビットコインは、明日にも難易度調整タイミングを迎える。半減期後初めての難易度調整で、-4.19%と易化する見通しだ。
04/28 (火)
中国地方政府、ビットコイン採掘を電力で支援か 半減期後も中華系仮想通貨企業有利に
中国四川省に位置する雅安市では、地元政府は過剰な電力を消費するために、ブロックチェーン企業に協力を要請した。同地域で業務を行なっている仮想通貨採掘企業も恩恵を受けられる可能性がある。
04/26 (日)
新ビットコイン先物、リップル社Youtube提訴、日本政府10万円給付|1週間仮想通貨注目ニュース
今週(4月20~25日)は、EOSの中華系ウォレットが閉鎖し55億円相当の持ち逃げ疑惑や、リップル社がYoutubeを提訴、バイナンスはビットコインマイニング事業を開始した。一週間の重要仮想通貨ニュースをまとめて振り返っていく。
04/20 (月)
半減期後の仮想通貨ビットコインSV、SBI Cryptoが採掘シェア急拡大 
半減期を終え報酬が減額された仮想通貨ビットコインSVのマイニング(採掘)において、SBIホールディングスの完全子会社SBI Cryptoが急速にシェアを伸ばし始めたことが明らかとなった。
04/16 (木)
仮想通貨ビットコイン、半減期でも「高騰が期待できない理由」
半減期まで1か月をきった仮想通貨ビットコイン。過去2回の半減期後には歴史的な高騰を記録したが、過度な楽観は禁物だ。半減期後、短期的に価格上昇に期待できない可能性を複数の視点から考察する。
04/16 (木)
ビットコインハッシュレート急回復 仮想通貨急落前水準に
仮想通貨ビットコインのハッシュレートが急回復、過去最高水準に届きそうな勢いだ。価格が上昇しない中、なぜハッシュレートが上がっているのか、3つの理由を解説する。
04/14 (火)
半減期後のビットコインキャッシュとBSV、ブロック生成遅延もハッシュレートは回復基調
仮想通貨データ企業Coinmetricsは、ビットコインキャッシュ(BCH)とBSVの半減期およびマイナー撤退の事例について、ネットワークへの影響を分析した。採掘速度は緩やかな回復基調にあるが、2020年平均の5割程度に留まる。
04/10 (金)
仮想通貨市場急落、ビットコインキャッシュ・SVの「半減期」が影響
10日の仮想通貨市場は全面安。ビットコインは75万円を下回り、一時前日比6%安まで下げ幅を拡大した。BCHとBSVの半減期を迎えた仮想通貨市場、時価総額上位の半減期銘柄のハッシュレートの乱れに市場の警戒感が高まっている。
04/10 (金)
仮想通貨ビットコインSV、ポーランド国立農業支援センターが利用へ
Coingeekの報道によると、ポーランドの国立農業支援センターが農産物サプライチェーンを改善するため、ビットコインSV(BSV)のブロックチェーンを利用することがわかった。
04/10 (金)
ビットコインSVの半減期実行ブロック SBI傘下の仮想通貨企業が採掘に成功
仮想通貨ビットコインSV半減期の実行ブロックをマイニングしたマイナーが、SBI傘下の「SBI Crypto」であることがわかった。