「米政府、ダークウェブ関連の巨額BTC押収」記事に関心、イーサリアムは2.0へ前進|週間仮想通貨ニュース

今週のニュース

今週は、米政府がダークウェブ「シルクロード」に関連する1000億円相当のBTCを押収との記事に注目が集まった。かつて存在していたシルクロードでは、ビットコインが決済に使われ、黎明期の普及を支えた。

仮想通貨市場では、ビットコインが高騰し日本円で160万円を突破、2017年末のかけて起きたバブル相場以来となる価格帯に突入した。

このほか、香港の証券取引委員会(SFC)が、管轄内で仮想通貨取引所を運営する全ての企業に対し、規制を義務付ける方針を示した。 また、イーサリアムでは、イーサリアム2.0に向けてデポジットコントラクトへの入金が可能となった。


目次
  1. 今週のニュースランキング
  2. 相場ニュース|今週の市場の動きは
  3. 仮想通貨・ブロックチェーン業界ニュース

今週のニュースランキング

1位:米政府、1000億円相当のビットコインを押収

米政府が、ダークウェブ「シルクロード」に関係するアドレスが所有する10億ドル相当(約1000億円)のビットコイン(BTC)を押収したことが分かった。(記事はこちら

2位:「ビットコインを誤解していた」米ブルームバーグ金融ジャーナリストの論調に変化

「ブルームバーグ」の金融ジャーナリストTracy Alloway氏は、BTCについては考え方に変化があり、過去に「誤解があった」とし、今は強気だとした。(記事はこちら

3位:ビットコイン、150万円到達

ビットコインは5日、bitFlyerで日本円建150万円(14,380ドル)に到達した。 (記事はこちら

相場ニュース|今週の市場の動きは

ビットコイン高騰で160万円上回る──1000億円のBTC押収はどう読む?

仮想通貨市場では、ビットコインが7日にかけて急騰、米ドル建の心理的節目に当たる15,000ドル到達後も続伸し、日本円建では160万円台に乗った。 (記事はこちら

ビットコインバブルの再来か、3年ぶり水準まで高騰

ビットコイン(BTC)価格は、前日比+11.65%の164.5万円(15,890ドル)と高騰した。一方、最高値付近まで回復しているのはビットコインのみで、主要アルトコインは、依然として上場来高値を下回る価格帯を推移する。(記事はこちら

ビットコイン反騰で一時14000ドル回復、大統領選の仮想通貨「予測市場」が活況に

世界的な注目を集める米大統領選挙に関連し、イーサリアム基盤の予測市場であるポリマーケット(Polymarket)の取引高は3日時点で400万ドルを超えた。(記事はこちら

仮想通貨・ブロックチェーン業界ニュース

ビットコイン難易度、大幅易化──過去2番目のマイナス調整幅に

ビットコインネットワークは3日に、最新の難易度調整を前回比- 16.05%で完了した。マイナス調整幅としては、11年10月31日に調整した-18.03%に次ぐ過去2番目の規模となっている。(記事はこちら

アメリカの株式市場は「失われた10年」に向かうか=ブルームバーグ

金融・経済情報メディア大手のブルームバーグが、「ミレニアル世代へのアドバイス」と題して、米国の株式市場は、これまでのような右肩上がりの時代ではなくなるという考察を展開した。(記事はこちら

香港SFC、すべての仮想通貨取引所を規制へ

香港の証券取引委員会(SFC)が、管轄内で仮想通貨取引所を運営する全ての企業に対し、規制を義務付けることがわかった。 (記事はこちら

ヴィタリック、イーサリアム2.0関連で3,200ETHを入金

イーサリアムの共同創設者Vitalik Buterin氏が昨日実装されたイーサリアム2.0のデポジットコントラクトに3,200ETHを入金したことがEtherScanのデータから判明した。 (記事はこちら


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します