米政府、1000億円相当のビットコインを押収

シルクロード関連のビットコインを押収

米政府が、ダークウェブ「シルクロード」に関係するアドレスが所有する10億ドル相当(約1000億円)のビットコイン(BTC)を押収したことが分かった。

米政府はすでにアドレスの所有者を特定しており、BTCの押収に同意させている。BTCがハードフォークして新通貨が生まれたことによって入手した同量のビットコインキャッシュ(BCH)、ビットコインSV(BSV)、ビットコインゴールド(BTG)も押収され、米政府の歴史上、最も大規模な仮想通貨の押収となった。

対象のBTCは、今週移動したことが確認されている。BTC保有量のランキングで4位だった大口アドレスから、6万9369BTCが移動した大口送金だ。送金記録によれば、このアドレスからの出金は5年半以上行われていなかったという。

当時、送金先アドレスは「unknown」で不明となっていたが、ブロックチェーン分析企業のCipherTraceによって、送金元がシルクロード関連のアドレスであることが判明していた。

関連:1000億円相当のビットコインが移動

裁判所の文書によると、このアドレス所有者はハッカーのもので、シルクロードをハッキングすることによってBTCを盗んでいた。シルクロードの創設者Ross Ulbricht氏は過去にハッカーを特定し、盗まれたBTCを返還するように求めていたが、ハッカーは返すことも、BTCを使うこともしなかったという。

ブロックチェーン分析企業Chainalysisらの捜査によって、今回の巨額規模の不正取得資金の押収に繋がった。

今回のニュースについて、マーケットへの影響は以下の記事で解説しています。

ビットコイン高騰で160万円上回る──1000億円のBTC押収はどう読む?
ビットコインが7日、急騰。米ドル建でも心理的節目に当たる15,000ドル台を記録後も続伸し、日本円建160万円台に乗った。過去最高値も視野に入る勢いだ。

シルクロードについて

薬物の売買などが行われていたダークウェブ「シルクロード」は、2011年に開設され、2013年に当局によって閉鎖された。創設者Ulbricht氏はすでに逮捕されている。

BTCはシルクロードにおける売買の決済に利用されており、過去に押収された分は米連邦保安官局によってオークションにかけられている。

2014年にはシルクロードから押収した計3万BTCを、シリコンバレーの著名投資家Tim Draperが買い取った。買取金額は1900万ドル(約20億円)だったため、現在まで保有していれば474億円超になっている計算だ。

また、今年4月には終身刑で服役中のUlbricht氏が、ブログでBTCの相場を予想したことも話題になっている。

関連:ビットコイン、次の大幅下落が「買いの好機」=シルクロード元運営者

参考:UNITED STATES DISTRICT COURT


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します