Monero [モネロ] XMR

XMR/JPY チャート

24H7D30D180DMAX
09/25 (金)
仮想通貨ユーザー、世界で1億人突破=ケンブリッジ大学調査
ビットコインなどの仮想通貨を保有しているユーザーが世界で1億を突破していることがわかった。取引所による法定通貨のサポートで日本円へのサポート増加も顕著だった。
09/16 (水)
米大手法律事務所「匿名性通貨(プライバシーコイン)と法的遵守は両立する」
米大手法律事務所パーキンス・コイエが、プライバシー通貨に関するレポートを発表。仮想通貨(暗号資産)モネロやダッシュなどの銘柄を取り扱う場合でも、マネーロンダリング対策の規制を遵守することは可能だと論じている。
08/13 (木)
ロシア規制当局、仮想通貨取引の監視ツールを開発
ロシア連邦金融監視サービス(FMS)が人工知能を活用して、仮想通貨取引を追跡するツールを開発している。ツールの特徴や対象銘柄が明らかになった。
08/04 (火)
「規制準拠でモネロ(XMR)を再上場できる手引書」 開発団体が作成を計画
秘匿性が高い仮想通貨モネロ(XMR)を規制に準拠させる拡張ツールが計画されていることが分かった。モネロの開発を主導するTari Labsが、仮想通貨取引所が規制に準拠しながらXMRを上場することができる手引書をホワイトペーパーの形で発行する準備を進めていることを明かした。
07/25 (土)
コインベースCEO、仮想通貨モネロを上場しない理由語る
コインベースCEOは、ポッドキャスト「What Bitcoin Did」に出演。同取引所が匿名通貨モネロ(XMR)を上場しない理由について語った。
07/16 (木)
Twitter不正投稿の首謀者、ビットコインブロックチェーンで「メッセージ」を発信
ツイッターの多くの著名人・大手企業アカウントがビットコイン詐欺のために乗っ取られた出来事において、攻撃者と思われる人物が、複数のビットコイントランザクションを通してとあるメッセージを送信。
07/10 (金)
韓国の国会議員、仮想通貨取引所の規制案に関するセミナーを開催
韓国の国会議員が仮想通貨取引所のライセンス制を定める法案についてセミナーを開催。法案が仮想通貨業界にもたらす影響を議論する。
07/08 (水)
『汚れたビットコインを資金洗浄』FBI機密文書漏洩で発覚した手口とは
先月、大量に漏洩した米FBIの機密文書の中に、不正取得したビットコインをいかに資金洗浄するかについて詳細に説明されている文書があることが判明。犯罪者はパナマの仮想通貨両替サービスを利用し、プライバシーコインのモネロと交換する手法を使っていたという。

07/03 (金)
米内国歳入庁(IRS)、匿名仮想通貨の捜査体制強化へ
米国内国歳入庁(IRS)が、プライバシー性の高い仮想通貨技術について捜査体制を強化する方針で準備を進めていることが分かった。IRSの犯罪捜査部門が行う試験プログラムに関連して情報提供を呼び掛けている。
06/22 (月)
仮想通貨の個別銘柄、日本と世界で関心度に大きな温度差─ビットコイン・イーサリアム・XRP(リップル)の現在
国別の関心度データを分析したBlockchaincenter.netの「Cryptocurrency World Map」を元に、世界の仮想通貨関心度を読み解く。ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、XRP(リップル)の関心度は、国別に異なる?
05/18 (月)
スーパーコンピューターにハッキング相次ぐ 狙いは仮想通貨マイニング
先週月曜日以降、ヨーロッパ研究機関が有するスーパーコンピュータへのハッキングが相次いだ。ハッカー集団は何を狙っていたのか専門家が分析した。
05/16 (土)
米大手法律事務所に仮想通貨の身代金要求、トランプ大統領やレディーガガの個人情報を暴露と脅迫
芸能界を顧客とする米弁護士事務所をハッカーグループが攻撃し、ドナルド・トランプ米大統領やレディーガガなど著名人の情報を暴露するとして4200万ドルの身代金を要求している。
05/05 (火)
米金融業界の裏側を描く「ビリオンズ」に仮想通貨ビットコインが登場
世界金融危機など米金融業界の舞台裏を描いた人気ドラマ「ビリオンズ」の最新作にビットコインが登場した。仮想通貨は、アニメ「シンプソンズ」でも紹介されるなど、エンタメ作品の中で存在感を増している。
04/22 (水)
仮想通貨の映画が興行収入1位に 背景にコロナ危機
仮想通貨に関するドキュメンタリーが、米国の映画興行収入で束の間トップに躍り出た。背景には新型コロナウイルスの影響でほとんどの映画館が閉鎖したことが関係している。
04/11 (土)
「プライバシー銘柄が仮想通貨市場の鍵となる」コインベースCEOが独自見解を披露
米大手仮想通貨取引所コインベースのCEO Armstrongは、プライバシー通貨が金融の世界を革新させる可能性があると語り、今後需要が高まると見解を披露した。
04/11 (土)
台湾HTCのスマホで仮想通貨モネロをマイニング、採算の取れる形で
台湾の大手電子機器メーカーHTCが、ブロックチェーンを搭載した同社のスマートフォンで、仮想通貨モネロのマイニングが可能になることを発表。サービス開始時期やマイニング方法が明らかになった。
04/09 (木)
分散型仮想通貨取引所Bisq、25万ドル相当のビットコイン・モネロが不正流出
匿名P2P取引所Bisqで、25万ドル相当の仮想通貨が不正流出したことが判明した。ソフトウェアの脆弱性が利用された。
11/26 (火)
200万件以上のホテル予約、20銘柄以上の仮想通貨決済が可能に Booking.comとTravalaが提携
仮想通貨で宿泊料金を支払うことができる旅行プラットフォームTravalaは、大手Booking.comと提携、230か国以上の宿泊先で仮想通貨決済により予約が可能に。ホテルの数で世界最大のオンライン旅行代理店へ。
10/10 (木)
韓国OKEx、財団の要請を受け「DashとZEC」の上場廃止再審査
仮想通貨取引所OKEx Koreaは、上場廃止予定だった5つの匿名性通貨のうち、DashとZECの上場廃止を保留した。財団側による「判断基準に不備がある」との指摘内容を受けた変更となる。
09/21 (土)
韓国最大手Upbit、匿名仮想通貨6種の上場廃止を正式決定
韓国の最大手取引所Upbitは、新たに匿名通貨と判断した6通貨の上場を廃止する。マネーロンダリングに関する金融活動作業部会(FATF)の「トラベル・ルール」の要件に満たしていないと判断した。