米グレースケール、仮想通貨Theta Tokenの投資信託を新規計画か

Thetaの投資信託組成

米大手仮想通貨投資企業グレースケールが、新たにアルトコインTheta Token(THETA)の投資信託の提供計画を立てていることがわかった。米国務省の公式サイトにて、登録情報が確認された。

出典:米国務省HP

グレースケールのアルトコイン投資信託の新規計画は、ここ2週間で相次いで明らかになっている。

これまで、ポルカドット(DOT)、カルダノ(ADA)、EOS、AAVE、モネロ(XMR)、コスモス(ATOM)、LINK(Chainlink)、XTZ(Tezos)、BAT(Basic Attention Token)、MANA(Decentraland )、FIL(Filecoin)、LPT(Livepeer)の12銘柄が、グレースケールの法定管財人を担当するDelaware Trust Companyによって新たに組成された。

一方、組成書類が規制当局に提出されたが、グレースケール側は正式発表していない。先日、Sonnenshein CEOは新規組成について、「投資信託の留保に関する書類を提出することがあるが、必ずしもプロダクトの提供を意味するわけではない」と説明、不確定情報だとしている。

グレースケールの運用する、ビットコインやイーサリアムを含む投資信託の合計資産規模は、2.7兆円に及ぶ。

著者:菊谷ルイス
参考:Delaware Trust Company

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します