CoinPostで今最も読まれています

EUイノベーションハブ報告書、匿名銘柄や仮想通貨ミキサーで犯罪捜査が困難に ゼロ知識証明とレイヤー2ソリューションの普及にも懸念

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

初の暗号化レポート

欧州連合(EU)域内安全保障イノベーションハブ(以下、EUイノベーションハブと表記)は、初の暗号化レポートを公開。暗号資産(仮想通貨)に関するセクションでは、犯罪収益のマネロンに仮想通貨が広く使用されていると指摘し、ゼロ知識証明とレイヤー2ソリューションが普及すると、資金の追跡がより困難になると懸念を表明した。

EUイノベーションハブは、欧州刑事警察機構(ユーロポール)や欧州司法機構(ユーロジャスト)をはじめとする欧州連合の機関と加盟国のメンバーが参加するイニシアチブ。最新のイノベーションに関する情報と効果的なソリューションを提供するイノベーションラボを統合する共同ネットワークだ。

レポートは、犯罪捜査・訴追を可能にしつつ、市民のプライバシーや権利を保護するためのバランスの取れた解決策を見出すため、暗号技術を使用する様々なテクノロジーについて検証している。

マイニングと犯罪

レポートはまず、様々な形態のマイニングが異なる犯罪者を惹きつけていると指摘した。

その一つの例が、マイニングファームの利用で、犯罪の収益をマイニング機器購入に当てたり、資金が合法的に獲得されたように見せかけるという手法がある。またマイニングによる利益がもたらされることもある。

他者のコンピューターの帯域幅や処理能力を悪用するボットネットマイニング・クリプトジャッキングは、5年以上に渡り観測されているという。

さらにプールマイニングへの参加を呼びかける出資金詐欺も横行しており、数億ユーロの被害が発生した。

ブロックチェーンの可視化を阻害

レポートは仮想通貨の取引やデータの大部分はブロックチェーンで公開されている一方で、(匿名性を持つ)プライバシーコインと呼ばれる一部の仮想通貨ではそのような可視性が隠されていると指摘。例としてモネロ(XMR)、Zキャッシュ(ZEC)、グリン(GRIN)、ダッシュ(DASH)を取り上げた。

また、プライベートなトランザクションを可能にするものとして、ライトコイン(LTC)でオプション機能として実装されているMimblewimbleに言及。

Mimblewimbleはマルチ署名モデルを使用し、複数の入力と出力をブロックにまとめることで、すべての取引当事者の集約を可能にするため、トランザクションの合計のみを検証すれば良くなる。そのため、個々のアドレスと金額が紐づけられなくなる。

さらに、ゼロ知識証明とレイヤー2ソリューションにより、トランザクションデータの一部を公開することなく、取引実行が可能になる。ゼロ知識証明によって情報を公開せずに、検証が可能になるためだ。(Zキャッシュで使用)

そのほかに、ゼロ知識証明を利用しているのが、仮想通貨ミキサーの「トルネードキャッシュ」で、ユーザーは元の預金額を明かすことなく、ミキサーから資金を引き出すことが可能となっている。

レイヤー2ソリューション

レポートでは「レイヤー2」ソリューションの、最もよく知られた例として、ビットコインのライトニングネットワークに言及。「二者間のマルチ署名支払いチャンネル」が作成されることで、すべての取引ではなく、チャネルの開始と終了のみがブロードキャストされ、速度の向上と支払い手数料の削減につながる。

レイヤー2(L2)

レイヤー2とは、「2層目」のブロックチェーンのこと。全ての取引履歴をメインチェーンに書き込むと負荷が大きくなり、処理速度の低下やネットワーク手数料の高騰につながる。そこで、取引履歴の一部をオフチェーンやサイドチェーンに記載するようにすることでメインチェーンへの負荷軽減や処理速度向上を期待することができる。

▶️仮想通貨用語集

法執行機関への影響

法執行機関はほとんどの場合、パブリックブロックチェーンのアドレスを調査するが、上記のような「仮想通貨取引の可視性を不明瞭にすることを目的とした傾向」について批判している。

ミキサーやプライバシーコインは長年にわたり追跡を困難にしてきた。しかし、比較的新しく開発されたMimblewimbleやゼロ知識証明は、仮想通貨のアドレス、残高、取引の可視性を不透明にすることもできる。

また、ライトニングネットワークなどのレイヤー2ソリューションも「犯罪者に悪用される可能性がある」と警告した。

さらにビットコイン改善提案(BIP)3830で、ニーモニックコードによる秘密鍵に加え追加のパスワードが使えるようになったことにより、法執行機関によるウォレットへの合法的なアクセスを困難にする可能性があると指摘した。

新たな規制の発効

欧州では今年段階的に、仮想通貨に関する包括的な規制案「MiCA」が施行される。12月30日にはすべてが発効し、仮想通貨サービスプロバイダーによるプライバシーコインの取り扱いが規制の対象となるため、取引所はプライバシーコインの上場廃止を促されている状況だ。

仮想通貨ミキサーについては、世界の法執行機関から圧力を受けており、トルネードキャッシュの開発者であるアレクセイ・ペルツェフ氏は、今年5月、オランダの裁判所から、12億ドル相当の違法な資金洗浄を助長したとして、懲役5年4ヶ月の刑を言い渡された。

米国連邦検察は4月、ビットコインミキサー「Samourai Wallet」の創設者キオン・ロドリゲス氏とウイリアム・ヒル氏を、「違法なダークウェブ市場から1億ドル以上のマネロン取引を促進した」として、マネーロンダリング共謀の罪で起訴した。

関連「SECは仮想通貨業界を破滅させようとしている」コインベース、明確な規制整備を改めて要請

関連Web3の社会実装と社会受容を推進へ──経産省、実証事業者の公募を開始

『早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
17:28
「トランプ陣営の仮想通貨支持は選挙戦略に過ぎない」アーサー・ヘイズ氏は懐疑的な見方示す
仮想通貨取引所BitMEXの創業者で前CEOのアーサー・ヘイズ氏は、仮想通貨コミュニティに対し、強力に仮想通貨支持を打ち出すトランプ陣営の戦略を盲信しないように注意を喚起した。
12:47
仮想通貨企業へのVCの投資意欲、4~6月も改善傾向=ギャラクシーデジタル
ギャラクシーデジタルは2024年第2四半期における仮想通貨企業への投資市場を分析。Web3やビットコインL2が活発だと報告した。
12:46
トランプ前大統領、予定通りビットコイン・カンファレンスに出席意向
ドナルド・トランプ前大統領の暗殺未遂事件が全米を揺るがしたが、「ビットコイン2024」はトランプ氏のイベント登壇予定に変更はないことを報告した。
09:00
deBridgeのエアドロップ機会 ポイ活で仮想通貨DBRを獲得する方法
「deBridge」の特徴や使い方を詳しく解説。仮想通貨DBRトークンのエアドロップ情報も紹介。ポイント活動でのエアドロップが期待されています。
07/14 日曜日
15:00
AI・DePIN銘柄RNDRとIOの買い方 DEX使用
2024年の生成AIモデルやエヌビディアの躍進により、Render Networkとio.netが注目される。暗号資産(仮想通貨)RNDRとIOの特徴、将来性、買い方について解説。
11:30
ビットコイン値固め、ドイツのBTC売り圧解消なら相場にプラス|bitbankアナリスト寄稿
bitbankアナリストが、マウントゴックス(Mt.Gox)懸念などで900万円割れまで暴落した今週の暗号資産(仮想通貨)ビットコイン相場を分析。来週以降は、アク抜けからの復調までもう少しの辛抱か
11:00
週刊仮想通貨ニュース|Bitwise幹部によるBTC価格予想に高い関心
今週は、Bitwise幹部によるビットコイン価格予想、JPモルガンのアナリストによるビットコイン相場分析、米共和党による仮想通貨支持発表に関するニュースが最も関心を集めた。
10:00
今週の仮想通貨市場 個別銘柄の注目材料まとめ|ビットコイン売り圧・BONK焼却・バイナンスの上場廃止など
今週は米6月CPIが相場へ影響を及ぼしたほか、ドイツ政府のビットコイン売りでの異変や、ソラナに関連する重要なアップデートなど複数の仮想通貨銘柄情報も注目されている。
07/13 土曜日
14:00
直木賞作品『宝島』映画へ小口投資可能、Securitize Japanがセキュリティトークンを発行へ
Securitize Japan株式会社は、直木賞受賞作『宝島』の実写映画に関するセキュリティトークンを発行すると発表した。
13:00
MakerDAOのRWAトークン化コンテスト ブラックロックなどが応募を計画
MakerDAOのDeFiプロトコルSparkは、現実資産(RWA)トークン化コンテストを発表。ブラックロック、スーパーステート、オンドなどが応募を計画している。
12:00
米デリバティブ大手CME、仮想通貨XRPとICPの指数を提供へ
米大手デリバティブ取引所CMEは11日、仮想通貨XRPとICPのリアルタイム指数および参考基準レートを新たに提供する予定を発表した。両銘柄の価格はニュースを受け値上がりしてい流。
10:30
米SEC、ビットコインL2・仮想通貨「Stacks」への調査を終了 法的措置行わず
米SECはビットコインのL2プロジェクトStacks(STX)への調査を終了。証券性をめぐり法的措置を行う予定はないことを意味する。
09:55
ソラナ基盤のDePIN「グラス」、クローズドベータ版の最終段階へ
ソラナ基盤のDePINプロジェクト「グラス」は13日、クローズドベータ版の最終エポックを日曜日に始まると発表した。より大規模なネットワーク構築へ向けて普及を進めている模様だ。
08:00
コインベース、今後の仮想通貨相場を分析
24年3Qの仮想通貨市場は価格変動が大きくなる可能性があると分析したレポートをコインベースが公開。その根拠を説明している。
07:20
米ジェネシスもビットコイン売りか、弁済のため1200億円相当を取引所へ入金
破綻した仮想通貨融資企業ジェネシス・トレーディングにリンクするウォレットから、コインベースに12,600 ビットコインを送金していたことが判明した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2024/07/17 09:00 ~ 18:30
東京 東京ミッドタウン八重洲
2024/07/18 ~ 2024/07/19
東京 国立新美術館
2024/07/22 18:00 ~ 21:00
東京 銀座 日東コーナー 1948
重要指標
一覧
新着指標
一覧