FRBの金融引き締め加速示唆で相場軟調、仮想通貨市場はトロンとモネロに投資家の関心

仮想通貨市況

21日のニューヨーク株式市場は、NYダウが前日比368.03ドル(1.05%)安、ナスダック指数が前日比278.41ドル(2.07%)安と下落した。金融引き締めの加速懸念が背景にある。

FRB(米連邦準備制度)のパウエル議長は21日、討論会で「0.5%」の大幅利上げを選択肢として検討する考えを明らかにした。FRBはインフレ抑制のための物価の安定を主眼に置いている。パウエル議長は、景気後退を起こさずにコントロールすることは現状困難であるとの認識を示し、「経済は物価の安定なしには機能しない」と強調した。

一方、ロシアによるウクライナ軍事侵攻に伴う各国の経済制裁がインフレにもたらす影響に関しては、「欧州と比べると米経済への影響は少ない」との考えを示した。

ナスダック指数との相関を強める暗号資産(仮想通貨)市場も厳しい情勢にある。 ビットコイン(BTC)は昨日43,000ドルを付けるも、米国時間に株指数が下げ続けると連動するようにして下落。一時1BTC=40,000ドルを割り込んだ。

米株指数の影響を受け、暗号資産(仮想通貨)市場ではビットコイン価格が前日比-2.66%の521万円(40,543ドル)と下落した。

BTC/USD日足

アルトコイン市場の動向

ビットコイン(BTC)が軟調に推移する中、アルトコイン市場では引き続き個別銘柄の物色も散見される。

トロン(TRX)

22日にかけて、トロン(TRX)が前日比15%以上急騰した。

背景には、創業者のJustin Sunが、トロン基盤の分散型アルゴリズム型ステーブルコイン「USDD」について、5月5日を目処にローンチすることを発表したことがある。

USDDは、TerraUSD(UST)やFrax Finance(FRAX)のようなアルゴリズム型ステーブルコインだ。米ドルへの価値のペッグを維持するため、トロンのネイティブトークンであるTRXを用いる。

コイン需給量をアルゴリズムにて調整することにより価格を維持するタイプで、ブロックチェーンのステーブルコインを管理するのは、「Tron DAO」と呼ばれる分散型自律組織(DAO)。USDDの流動性担保として、100億ドル相当の高流動性資産で準備金を提供するとされる。

詳細:ジャスティン・サン氏、トロンのステーブルコインUSDDの計画を発表

テラ(LUNA)DeFi(分散型金融)エコシステムは拡大の一途を辿る。

過去12ヶ月間で、Terraに固定されたトータルバリューロック(TVL)の価値は3億ドルから300億ドル近くまで伸長し、DeFi領域ではイーサリアム(ETH)に次ぐ2番手まで成長を遂げた。

そのエコシステムの中核には、分散型アルゴリズムによるステーブルコイン「TerraUSD(UST)」がある。鋳造と燃焼のメカニズムを通して機能し、LUNAをバーン(燃やす)ことでUSTを作成できる。

USTの価格は、常に1ドルにペッグされているため、USTが1ドルを超える場合は、LUNAを燃やしてUSTを1ドルで造幣し売却することで差益によるアービトラージ(裁定取引)需要が生じ、価格維持に貢献している。

テラの非営利組織であるLuna Foundation Guard(LFG)は、TerraUSD(UST)の価格安定の担保として、42,530BTC(17億3,300万ドル相当)のビットコイン(BTC)を大量保有。最大100億ドルまでの買い増しを表明している。運用資産を追跡する「LFG_Reserve」によれば、準備金にはBTCやLUNAのほか、USDC、USDTといったステーブルコインも含まれる。

関連:テラ開発企業Terraform Labs、LFGに1,100億円相当のLUNAを寄贈

モネロ(XMR)

Coinmarketcap(CMC)時価総額ランキング29位のモネロ(XMR)が、前週比+17.2%、前月比+42.3%と高い。

7月16日頃(ブロック高2,668,888)には、ハードフォークを伴うアップグレードを控えるが、基本プロトコルを改善するために作られるものであるためチェーン分岐はなく、新しいコインは生成されない。

過去に掲載したマーケットレポート一覧はこちら

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します