FTXトークン(FTT)|投資情報・リアルタイム価格チャート

ニュース 基礎情報
06/28 (火)
「仮想通貨市場は今後どうなる?」Consensus2022で複数の有識者に聞いた
金融市場の大幅下落で「仮想通貨の冬」との指摘もあるなか、仮想通貨・ブロックチェーン業界の展望について、Consensus2022に参加した業界有識者にインタビューを実施した。
CoinPost
06/28 (火)
FTT DAO、FTXサム氏の支持者から約10億円調達
仮想通貨取引所FTXのプラットフォームトークンFTTを中心とするコミュニティ「FTT DAO」はFTXのサムCEOの支持者から700万ドルを調達した。
CoinPost
06/27 (月)
FTX、次のIEO予定を発表
仮想通貨取引所大手FTXは26日、新たなIEO(トークン販売)予定を発表した。
CoinPost
06/26 (日)
週刊仮想通貨ニュース|ソラナラボ発表のWeb3スマホに注目集まる、仮想通貨事業者に相次ぐ出金要請など
今週は、ソラナブロックチェーンを開発するソラナラボが発表したWeb3スマホ「Saga」に関するニュースが多く読まれた。そのほか、仮想通貨事業者に相次ぐ出金要請に関する記事など、一週間分の情報をお届けする。
CoinPost
06/25 (土)
仮想通貨取引所FTX、BlockFiの株式取得か=WSJ
FTXは、仮想通貨金融サービス企業BlockFiの株式取得に向けて協議していることが分かった。複数の情報筋の話としてWall Street Journalが報じている。
CoinPost
06/22 (水)
仮想通貨取引所FTX、約340億円をBlockFiに融資
仮想通貨取引所FTXは、約340億円をBlockFiに融資することが分かった。両社が事業で協業する可能性も示唆している。
CoinPost
06/21 (火)
FTXサムCEO、仮想通貨下落の要因と企業救済について発言
仮想通貨取引所FTXのサムCEOは、現在の仮想通貨市況について発言。価格下落の要因や経営困難に直面する企業の救済について語った。
CoinPost
06/18 (土)
FTX、カナダの仮想通貨取引所を買収
仮想通貨取引所大手FTXはカナダ市場に参入するために仮想通貨取引所「Bitvo」を買収する。
CoinPost
06/05 (日)
週刊仮想通貨ニュース|岸田首相の仮想通貨税制に対する姿勢に注目集まる、STEPNが「PR/マーケティングチーム」を発足など
今週は、仮想通貨税制に対する岸田首相の姿勢を報じたニュースが最も多く読まれた。そのほか、「Move to Earn」の分散型ゲームアプリSTEPNに関する記事など、一週間分の情報をお届けする。
CoinPost
06/03 (金)
大手仮想通貨取引所FTX、日本で「FTX JP」本格ローンチ
大手仮想通貨取引所FTXは国内版「FTX JP」のローンチを正式に発表した。新規ユーザーの登録は既に開始しており、今後はLiquid by FTXとプラットフォームを統合していく。
CoinPost

FTXトークン(FTT)の概要

FTXとは、サム・バンクマン・フリード氏がCEO(最高経営責任者)を務める、バハマに拠点を置く仮想通貨取引所だ。

主に仮想通貨のデリバティブを中心に、株トークンやNFTプラットフォーム、決済サービスFTX Payなどの関連サービスも提供。デリバティブ取引の出来高はバイナンスに次ぐ規模となっている。ビットコイン(BTC)価格のボラティリティやマイニングにおけるハッシュレートも商品化している。

また、積極的なプロモーションでも知られており、米プロ野球リーグMLBとの長期的パートナーシップや、米プロバスケットボールリーグNBAチームのホームアリーナ命名権、米プロeスポーツ組織「TSM」の命名権を獲得したことなども話題となった。また、米NFL(ナショナル・フットボール・リーグ)を代表するトム・ブレイディ選手と、妻のジゼル・ブンチェン氏がFTX Trading Ltd.の株主となったことも発表されていた。

FTTトークン

FTX取引所の独自トークンである「FTT」は、FTXでの取引手数料の削減、先物取引の証拠金などとして利用できるユーティリティートークンだ。

FTX取引所では多くの金融商品の取り扱いや、「レバレッジトークン」と呼ばれる特殊なトークン取引でき、高いレバレッジをかけた取引ができることが特徴となっている。またFTTを保有することで、手数料の割引を受けられたり、FTTのステーキングやトークンバーン(焼却)をしたりすることも可能だ。

FTTをステークすることによる手数料割引、またガバナンストークンとしてボーナスがつくなどの特典も準備されている。

その他

FTXを運営する企業FTX Trading Ltd.は、21年7月には業界最高の調達金額である約1,000億円(9億ドル)を調達したことがわかっており、企業価値は約2兆円(180億ドル)に達すると試算されている。

FTXは、分散型取引所(DEX)である「Serum」をローンチしており、Solana(ソラナ)ブロックチェーンを活用した、高速処理を実現するノンカストディアルなDEXとして運営されている。

日本進出

FTXは22年2月、日本国内の取引所Liquid by Quoine(リキッドバイコイン)の親会社Liquid Groupの買収を発表。買収したLiquid by Quoineを通じて、日本ユーザーへの商品・サービス提供を行う。